糖尿病より怖い動脈硬化

動脈硬化は全身の病気です。心臓の冠動脈が詰まれば心筋梗塞、脳の動脈が詰まれば脳梗塞、下肢の動脈が詰まれば下肢動脈閉塞症になります。そのうちのどこに症状が出るかは、誰にもわかりません。

しかしここに、興味深いデータがあります ...

糖尿病より怖い動脈硬化

もう1つ、脳卒中で大事なことがあります。同じ脳卒中といっても、ここ50~60年で脳卒中の中身が様変わりしたことです。脳卒中には、大きく3つのタイプがあります。

脳梗塞、脳出血、くも膜下出血です。脳梗塞はさらに、ドロドロのコ ...

糖尿病より怖い動脈硬化

動脈硬化が進行したその先にある代表的な病気が、心筋梗塞と脳卒中です。しかし、この2つの病気には、その起こり方に違いがあります。病気には、その病気を起こしやすくする危険因子があり、それをリスクといいます。

動脈硬化の場合なら ...

糖尿病より怖い動脈硬化

LDLコレステロールが増えると、血管の中がどんどん汚れていきます。ここで血管の掃除屋さんのHDLコレステロールが十分多ければ血管の中はきれいなままですが、LDLコレステロールが多い人はHDLコレステロールが少ないことが多いのです。

糖尿病より怖い動脈硬化

動脈硬化のさまざまな計り方をご紹介しましたが、ご自分の体を評価するとき、とにかく1つでも多くの指標を使ってほしいと思います。それぞれの指標は、それぞれの側面をとらえています。

たとえば、「血圧が高いので血管は硬くなっている ...

糖尿病より怖い動脈硬化

頚動脈エコーでは、コレステロールの層の厚さだけでなく、プラークの有無もわかります。通常、40歳くらいの人で、稔頚動脈にプラークを見ることはほとんどありません。しかし、糖尿病や境界型糖尿病に限っては、比較的若い頃からこのプラークがしばし ...

糖尿病より怖い動脈硬化

血管にはこれまで食べたものが反映されるところで、頚動脈エコーで映し出されるコレステロールの層は、何を意味しているのでしょぅか。特別な病気になると、コレステロール層も厚くなるのでしょうか。

たしかに、糖尿病や境界型糖尿病、脂 ...

糖尿病より怖い動脈硬化

血管が硬い、血管の内腔が狭い、血管が詰まる、血管がボロポロ、血管が破れやすい…どれも動脈硬化を表す言葉です。これらを整理すると、「血管の形状を表す」言葉と、「血管の性質を表す」言葉に分けることができます。

つまり動脈硬化に ...

糖尿病より怖い動脈硬化

血圧と塩分(ナトリウム)の関係が具体的になったのは、この50年くらいの研究成果です。なかでも興味深いのは、塩分摂取量が少ない民族では、年齢を経ても血圧が上がらないことです。有名なのは、南米ギアナ高地に住むヤノマミ族。

彼ら ...

糖尿病より怖い動脈硬化

動脈硬化とは

「動脈硬化」という言葉は、いまではとても耳に馴れた、なじみ深い言葉の1つです。動脈という、心臓から全身に酸素を送る血管が硬くなったり、厚くなったりして血のめぐりが悪くなったり、血管が詰まった状態を総称して、「動脈硬化」とい ...