月別アーカイブ: 2017年7月

アロエの焼酎漬けを塗ったら抜けてしまった眉毛が再生

焼酎漬けにしたアロエの葉肉を眉毛に塗ってみた

私の主人はシーリング工事の仕事をしています。仕事でトルエンなどの化学薬品を扱うことも多いのですが、そのせいでしょうか、左の眉毛だけが抜けてしまい、しばらく片方の眉がない状態でした。

男の人が、眉墨で描くのもなんだかおかしいし、だからといって、眉毛が片方ないのもおかしいので、どうしたらいいのかしら、と考えたときに、思いついたのがアロエでした。

わが家では、5年ほど前からアロエベラを焼酎漬けにして、常備しています。主人は、アロエ焼酎を漬けたあとの葉をとり出して、眉毛が抜けてしまった部分に、すり込むように塗っていました。それをしばらくつづけていたら、少しずつですが、主人の眉毛が生えてきたのです。

アロエはほんとうに何にでも効くんだな、と驚きました。ふだん、主人はアロエの焼酎漬けを、晩酌のときに飲んでいます。

作り方は、アロエベラの葉のトゲを包丁でとり、2センチくらいに切って、25度の焼酎に漬けるだけです。数週間漬けておくと、焼酎がきれいな赤色になります。アロエの量によって、赤くなる場合とならない場合があるのですが、赤いほうがおいしそうだと主人は込んでいます。

化粧水やのどスプレーとLてもアロエが大活躍

私はいつも、アロエベラの葉を、1度に10kgくらいとり寄せています。お友だちの分もいっしょに焼酎漬けにして、分けてあげています。

アロエの焼酎漬はりは、少しもむだなく、幅広く使えるんですよ。私はいつも、焼酎漬けを化粧瓶に詰めかえて、化粧水がわりに使っています。

カット綿にしみ込ませて、顔や手をふくと、古い角質がよくとれます。ふいたあとは、まるで一皮むけたように、肌がすっきりします。以前はシミが多かったのですが、最近は人から「肌がきれいね」といわれます。これもアロエのおかげでしょう。ここ何年も化粧水を買わずに過ごしています。

また、霧吹きのスプレーを購入して喉スプレーとしても使っています。冬に乾燥してのどが痛むときや、カゼのひき始めに効果があります。長時間車に乗るときは、必ず持っていくようにしています。

焼酎からとり出したアロエは、ゼリーの部分を手足にすり込んだり、洗濯用ネットに入れてお風呂に浮かべます。最後は植物の肥料として土にかえします。こうすれば、むだな部分がまったくなく、100% 有効利用。アロエはわが家の必需品なのです。

無添加無農薬アロエ原液100%(キダチアロエピュア100)

アロエの育毛トニックで抜け毛が止まり、生え際から黒い産毛が生えてきた

太くて多かった髪が40代で白髪の猫毛に

洗髪のあと、頭をアロエ育毛トニックでマッサージするようになってからもう1年半になります。これまで病気には緑がなく健康に過ごしてきた私ですが、髪だけは若いときからの悩みのたねでした。

子供のころは、いまの髪とは正反対でした。母が「おまえの髪は切ると飛び散ってしかたがない」と散髪のたびにこぼしていたほど髪の量が多く、太くてごわごわした髪質でした。

でも、そんな髪質は案外早く白髪になってしまうのかもしれません。お寺に嫁ぎましたので不慣れで苦労したせいもあるのでしょうが、40代の半ばから白髪が目立つようになり、ずっと染めています。髪質もいつしか猫毛になり、毛もどんどん抜けて地肌が見えるようになってきました。頭のてっぺんから少し後ろに下がったあたりが特にひどく、そこだけ地肌が光って見えるんです。

今は、嫁がお寺のほうをやっているので私も楽になり、月2回ほど仏教の勉強会を開いています。そんなおりにアロエの育毛トニックのこtことを耳にしました。

アロエ育毛トニックで頭皮をもみほぐす

髪を洗ったあと、水分をふきとり、ドライヤーで生乾きにしてからアロエ酒の育毛トニックを地肌にすり込むようにつけ、2~3分ほど指で頭皮を全体的によくマッサージします。

夏なら、そのまま自然乾燥させます。髪にアロエの成分がついているせいでしょうか、髪がこわばりますが、完全に乾いてから手でさばけば、こわばりがなくなり、サラサラ髪になるので大丈夫。寒い季節は、ドライヤーで乾かします。

効果をまず実感したのは、目に見えて抜け毛が減ったこと。髪の毛もふえたみたいで、合わせ鏡で見ると、光っていた地肌が目立たなくなってきましたし、ひたいの生えぎわからは黒くて細い毛がちょろちょろと生えてきました。この産毛のような黒い毛は、まだ1~2センチとかわいいのですが、これからに期待が持てるといいなと思っています。

  1. 焼酎1.8リットルに対してアロエは大きめの葉を10枚くらい用意。
  2. 葉を洗って水気を切ってから2センチ幅くらいの輪切りにする。
  3. 瓶に刻んだアロエを入れ、上から焼酎を注ぐ。
  4. このまま1ヶ月くらいおく。黄だいだい色になるのでガーゼでこしてアロエを取り除く。

無添加のアロエの原液なら直接、頭皮に擦り込んでも大丈夫です。

アロエ育毛トニックで白髪が減り若返った

生えぎわの白髪が元の髪の色に戻った

私は、頭のてっぺんの右側と額の生えぎわに白髪が多くて、気になっていました。10年ほど前から髪を染めていますが、染めて2~3週間過ぎると、伸びた白髪はどうしてもくっきり目立ってしまいます。

それが悩みのたねでしたが、4年前から使っているアロエトニックのおかげで、白髪が減ったのですよ。効果は3ヶ月ほどであらわれました。

私の髪は、もともと茶色がかっているんですが、白髪だった部分が少しずつ元の茶色い髪に戻り始めたのです。アロエトニックの作り方はいたってシンプルです。

キダチアロエの葉を10枚ほど用意します。よく洗って土やほこりを落とし、5センチくらいに刻んでから、ミキサーに1分から1分半ほどかけます。

アロエのほかには、何も入れません。これを布などでこして、しぼった液が「アロエ育毛トニック」というわけです。あとは、このアロエ育毛トニックをいらなくなった化粧品などのボトルに入れて、冷蔵庫に保存します。

葉の大きさにもよりますが、10枚で3 00cc前後のアロエトニックができます。私は10 日前後で使い切っています。アロエをこす袋は、裁縫の余り布でつくったものですが、ストッキングでもOKだと思います。

毎日朝晩の2回、気になる頭頂部と生えぎわに、アロエ育毛トニックをボトルから直接振りかけ、マッサージします。マッサージといっても手で地肌を押しっけるようにすり込むだけという簡単なもので、所要時間は1~2分です。この手軽さも長くつづける秘訣です。
私の髪の毛は、頭のてっぺんで分かれてしまうクセがあるので、アロエ育毛トニックでぬらしたあと、地肌をおおうように髪形をととのえて、ピンで2ヶ所押えます。

そのまま自然乾燥させると、パリッとして張りとつやが出るんです。アロエ育毛トニックは、整髪料としても優秀というわけです。

アロエのエキスは肌荒れにも効果大

アロエをしぼった液は、アロエ育毛トニックとして使うほかに、薬局で売っているオリーブ油や市販のクリームにまぜて、手や顔に塗っています

1週間くらいなら悪くなりません。ホワイトリカーで漬けたアロエ酒とアロエのはちみつ漬けをまぜて、ドクダミ茶か水で薄めたものをコップ1杯、毎朝食前に飲んでいます。

アロエ酒は砂糖を加えていませんから、顔に塗ってもべ夕つかず、化粧水としても使えるのです。おかげで、白髪だけでなく、顔にできたシミも薄くなりました。足腰も丈夫で、20年来フォークダンスをつづけていますし、海外旅行やデパートめぐりなど、いたって活動的な日々を送っています。

  1. アロエの葉10枚は水洗いし、たわしなどでこすって泥やほこりを落とします。水分おwふきとり、5ミリくりあに幅に刻みます。
  2. 1分から1分半アロエが十分に細かくなるまでミキサーにかけます。
  3. きめのこまかい布でこし、よくしぼります。不要になったストッキングで代用してもいでしょう。
  4. 容器に移し、冷蔵庫で保存します。この容器1瓶でおよそ10日分。

無添加無農薬アロエ原液100%(キダチアロエピュア100)

アロエで育毛 元気な髪に

焼酎に漬けて作るアロエトニックを白髪予防や育毛に

いまでも大事にしていますが、私がこの家に嫁いだときから義母が育てていたアロエがあります。その当時は胃がムカムカしたときなどに使っていました。

テレビで「アロエを焼酎に漬けたエキスが髪の毛にいい」というような内容の番組をやっていたのです。ちょうどそのころ、何人かの友だちが白髪で悩み始めていましたから、私もいまのうちに予防しておこうと思ったのです。これがアロエ育毛トニックを作るきっかけでした。作り方は簡単です。

基本的な分量はアロエ500グラムにレモン5個、35度の焼酎1.8リットル。作り方の手順は、

  1. アロエの枝を折って水洗いし、汚れを落とします。
  2. アロエは1枚ずつトゲを取り除き、5ミリぐらいの幅で刻みます。
  3. レモンは皮むき5~10ミリぐらいの厚さの輪切りにします。
  4. 広口瓶を用意し、その中に2と3を入れて焼酎を注ぎ3週間漬ければ完成。

でき上がったら布で作った袋に中身ごとあけ、アロエ育毛トニックだけとり出します。袋にあけたアロエとレモンは、袋ごとお風呂へ入れ入浴剤にしますが、肌がツルツルになって気持ちいいですよ。

使い方もいたって簡単です。洗髪後、頭全体にアロエトニックを振りかけ、頭を指の腹でたたくようにしてマッサージするだけです。マッサージもほんの2~3分程度でOKです。

洗髪はごくふつうに、市販のシャンプーとリンスを使っています。お風呂あがりだと頭のてっぺんまであたたかくなっているからより効果的に感じます。
あとは毎朝、髪の毛のブラッシングをするときにアロエ育毛トニックをスプレーして軽くマッサージしています。
おかげで白髪も生えてきませんし、髪の毛が元気を取り戻したような気がします。年をとってくると、だんだん髪の毛もやせて細くなりますが、アロエ育毛トニックをつけてから髪の毛にコシとつやが戻ってきたように思います。

入院中の義母の頭にもすりこんだ

もう亡くなって1年になるのですが、義母が入院中、アロエの葉を持っていって、頭に直接すり込んであげたことがあります。
入院していると白髪を染めたりできないでしょう。

鏡を見ては気にしていたのです。しばらくこれをつづけました。すると白髪がだんだん黒くなっていったんです。義母はそれは喜んでいました。

その義母が大事にしていたアロエの大きな鉢植えがあります。20年ものです。お米のとぎ汁をよくやっていました。だから丈夫なんでしょうか。その鉢のほかにも十数鉢アロエがあります。

アロエ育毛トニックのほかにも、アロエ酢を作って毎朝飲んでいますし、寝る前にはアロエ化粧水を手や顔に塗っています。それぞれ、髪、胃腸、肌に効くのでやめられません。

無添加無農薬アロエ原液100%(キダチアロエピュア100)