月別アーカイブ: 2016年3月

純炭粉末 きよら

最近では、糖尿病を防ぐことは大切ですが、さらに糖尿病になってしまっている人には糖尿病の合併症を防ぐにはAGEを減らすことが大事だということがわかってきました。
糖尿病の合併症についての詳細はこちらです。糖尿病は糖尿病の症状そのものよりも合併症の症状がとても怖いことがよくわかります。
では、合併症を防ぐためにどういうったことをすればいいのでしょうか?
糖尿病というと血糖やヘモグロビンA1Cをできるだけ低く維持することがとても大切です。それは、病院でも耳にたこができるくらい説明を受けたはずです。そして、大好きなおまんじゅうやお菓子類を我慢してストレスはたまるのに…血糖値は下がらない…そんな経験をしているかもしれません。

このなかなか下がらない血糖値、やヘモグロビンA1C、活性酸素や病気、そして糖尿病の合併症の原因にもなっている元凶物質は「AGE」です。終末糖化産物と呼ばれる物質です。この物質はどこにあるのでしょうか?

AGEが産生されるメカニズムは、主に2つあります。まずは、食後に血糖値が上昇することで体内に発生するケース。さらに、飲食物にAGEがもともと含まれていて、それが腸から吸収され、体内に蓄積していくケースです。
驚くべきことに、加熱調理した食品には、必ずといっていいほどAGEが含まれています。目には見えないので実感がありませんが。

そうした飲食物由来のAGEが腸から吸収されると、体内でRAGEという受容体を呼び起こします。この受容体は、血液中に存在する無数のAGESを捕えます。なかには、非常に毒性の強いものもあり、それが体内の健康な細胞組織を傷つけるのです。

最近では、飲食物に含まれるAGEが腸から吸収されて血液中に入り込み、直接的に肌や髪、血管や臓器に悪影響を与える可能性があることも解明されてきました。

さて、このように危険なAGEを、強力に除去できる新素材が注目を集めています。古くから体によいとされている炭。その炭を食品にも使用されている高純度結晶セルロースから作ることに成功。
純炭粉末 きよら」は安全かつ特殊な炭を原材料にしており、従来の木炭や竹炭製品に比べて長期間安心して利用できる健康食品。
「食べる純炭 きよら」は、高純度結晶セルロースから作られた「ダイエタリーカーボン純炭」(純炭粉末)が主原料の炭加工食品です。

きよらの原材料である「ダイエタリーカーボン純炭」(純炭粉末)は、竹炭などの木材由来の炭にくらべて、「カリウム」「リン」などをほとんど含有していません。クレアチニン値の上昇など腎臓の機能に不安のある方や、摂取量が制限されている方でも安心して摂取することが可能です。

純炭は、粒子の細かい穴に入り混んだ物質を善悪問わずに吸着排出します。純炭粉末 きよらは、選択制の高い吸着能力を発揮し、比較的悪玉と考えられる物質のみを吸着します。

優れた吸着作用以外に見逃せないのが腸内正常化です。腸内細菌には、善玉菌と悪玉菌がありますが、善玉菌は酸性環境を、悪玉菌はアルカリ性環境を好みます。

腸内のアルカリ性物質の主体は悪玉菌の産生するアンモニアであり、酸性物質の主体は、善玉菌が産生する乳酸や酪酸なたんさどの短鎖脂肪酸です。

食べる純炭 きよらは、アンモニアを吸着する力が強いため、腸内環境が酸性に傾き、悪玉菌の繁殖がおさえられます。

こうして、腸内環境が整えば、免疫力の向上が期待できます。実際、食べる純炭 きよらの摂取により、食物アレルギーやアトピー、花粉症、ぜんそくといったアレルギー症状が改善したという声も多数届いています。
実際に食べる純炭 きよらを使用した方々の口コミはこちらです。血圧や血糖値が下がったり、便秘が改善、腎機能や肝機能が改善したなどの生の声です。

純炭粉末 きよらは、尿毒素の除去力が強力で糖化物質「AGE」の吸着効果は薬以上