タマネギの皮のポリフェノール・ケルセチンがたっぷり「たまねぎの皮茶」の効果

糖尿病や高血圧を薬を使わずに改善するために、飛び抜けた効能ありと話題の健康食材が普段は、捨てているたまねぎの皮にあったと言われたら驚きますね。そのたまねぎの皮に含まれるケルセチンが効果絶大です。

インスリンの若返り効果もアップ

糖尿病や高血圧を自力で改善するために、飛び抜けた効能ありと話題の健康食材。誰もがごく身近にある野菜・玉ねぎです。特に注目されるのは、玉ねぎに含まれるポリフェノール(色素や渋みの成分)の一種・ケルセチン。その主な作用は以下のとおりで、血糖値・血圧の安定にてきめんといえるのです。

効能(1) ケルセチンは、インスリンの効き目を向上

ケルセチンには、インスリンというホルモンの効き目を高める作用があります。すい臓から分泌されるインスリンは、血液中のブドウ糖(血糖)を筋肉や肝臓に運んで、血糖値を下げるように働きます。

ケルセチンの作用でこのインスリンの働きが向上すれば、高血糖はすみやかに改善。継続して摂取することで、長期間( 1~2ヶ月)の血糖値のレベルを示すヘモグロビンA1CCも、正常値へと下がっていきます。ケルセチンのこうした作用は、アメリカの国立衛生研究所において、糖尿病患者を対象とした長期間の試験で実証されました。

効能(2)ケルセチンは血管年齢を若返らせる

広島大学病院によれば、ケルセチンを含む玉ねぎエキスを1ヶ月摂取することで、実験参加者の血管内皮(血管の内側)の機能が回復。血管内皮機能とは、いうなれば血管のしなやかさ・若さを知るための目安です。この新報告によれば、血管年齢が10~20歳も若返った例が確認されたそうです。

効能(3)ケルセチンは血栓を抑えて血液サラサラ

ケルセチンには血栓(血液の固まり)を抑えて、血流をサラサラに回復させる作用もあります。それによって高血圧や動脈硬化の改善を促すうえ、脳挿塞や心筋梗塞など、血管の詰まりが招く重病も防止してくれるのです。

効能(3)ケルセチンは脂肪を減らして肥満解消

意外なメリットとして、ケルセチンはダイエットに役立つという報告もあります。食事からの脂肪の吸収を抑えたり、蓄えられた脂肪の燃焼を活性化させるのです。

皮に豊富なケルセチ摂取にはお茶がベスト

高血糖や高血圧を返上するうえで、貴重な効能を持つケルセチンですが、難点がないわけではありません。黄色い色素であるケルセチンは、玉ねぎの実よりも、表面をおおう薄茶色の皮に多く含まれています。

そのため、ケルセチンを効率よく摂るには、玉ねぎの皮を煮て、その汁を飲む方法が一番適しているのですが、やはり手間がかかるもの。実際のところ大変でしょう。そこでぜひ飲用をおすすめしたい健康茶が、その名もズバリ、「玉ねぎの皮茶」です。

玉ねぎの皮を主成分としているこのお茶は、300~500ml飲むことで、玉ねぎ1個分のケルセチンを補給することができます。
1日に飲む量はこれで十分ですが、体内に吸収されたケルセチンは、9時間以内にその量が半減するといわれます。そのため、玉ねぎの皮茶は1日に2~3回に分けて飲むことで、血糖値や血圧改善の効能が持続するでしょう。

参考までに、玉ねぎのケルセチンはお湯の熱では壊れません。お茶の味そのものもまろやかで、緑茶や紅茶がわりに愛飲しやすいのです。

1ヶ月継続して飲んで6割の人に効果が得られた

玉ねぎの皮茶を飲むと、糖尿病や高血圧がどれくらいの期間で改善していくか。ここでは全国の愛飲者200名程度の声からご紹介します。

一目瞭然でわかるのは、玉ねぎの皮茶の速効力です。飲み始めてから成果を実感する(血糖値や血圧の改善)までの期間は、「1ヶ月以内」と「1ヶ月」が全体の60%を占めました。検査データについても、めざましく好転したことが報告されています。

血糖値400mg/dで糖尿病が深刻な事態に進行していた人も、165mg/dlへと大幅に下げることができました。
ヘモグロビンA1Cでは、10.6が6.8に下がった例もあり、これは糖尿病の本格快復を裏づけるデータといえます。

血圧については、最大で70mmHG単位低下した例があり、これは血圧200mmHGの人が130mmHGに下降したということです。

なお、玉ねぎの皮茶にはその効能を強化するサポート成分として、4つの食材が配合されています。それが杜仲葉、ショウガ、ウコン、ハトムギで、これらもまた、血管・血液のトラブルを改善するすぐれた食材です。

ウコン
特有成分のクルクミンが肝臓機能を高めて血液を浄化。血管を丈夫にする作用もある。
ウコンの効能、効果の詳細についてはこちら
杜仲葉
血液・血管の若返り成分・ゲニポシド酸を含むことで血圧や脂肪酸を改善。
ショウガ
ジンゲロールなどの辛み成分が血流活性。血液中の老廃物を排出を促し、免疫力も強化。
ショウガのレビューはこちら。
はとむぎ
ギャバという成分が血圧を下げるほか、中性脂肪の増加を抑えて血流をスムーズに。
はとむぎの効能はこちら

玉ねぎの皮茶の効能を確実にするうえで、理想的な組み合わせといえるでしょう。糖尿病や高血圧と縁を切りたい、薬の服用と通院を減らしたい・止めたい。そうした望みを無理なくかなえるうえで、玉ねぎの皮茶はぜひ飲用がすすめられます。

玉ねぎの皮茶を実際に飲んだ人の感想

飲んでみて改善した、症状が軽くなったなどの玉ねぎの皮茶を使った実際の声です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください