健康ゆすりで股関節痛が和らぎ息子とバスケットボールができた

2019-01-11

私は、東京在住の会社員です。年齢は今年45になります。骨の形態異常が原因で突然の股関節痛に襲われた私が、健康ゆすりと出会い、股関節の痛みがとても楽になった私自身の体験です。

骨の形態異常による股関節に激痛が走った

私の右脚股関節に突然の痛みが出たのは、去年の春のことでした。職場で仕事中に椅子から立ち上がろうとしたとき、右の股関節にズキンとした強烈な痛みが走りました。脚をひねる方向によって痛みの強さに違いはありましたが、ひどいときには、涙が出そうなほどの激痛を感じました。

それからこの痛みは次第に悪化していったのですが、仕事の通勤時間が特に大変な思いをしていました。私は電車通勤をしているので、電車が大きく揺れて体制が崩れることがよくあります。すると、右の股関節に激痛が走ったのですが、当時は、体を動かせないほど混雑した電車の中では、そのままガマンして立ち続けるしかありませんでした。

そんな日が続いて脂汗を流すほどの股関節の痛みにさすがに不安を感じ、私は、病院で診察を受けました。そして、検査の結果、私の脚の骨には形態異常があることがわかったのです。先生の話しでは、普通、股関節というのは受け皿となる骨の中に大腿骨が収まっているそうですが、私の場合は、形態異常によって、ふたつがこすれ合ってしまうことから痛みが出る、というものでした。若い頃からこすれ合っていたけれども痛みを感じにくく、加齢によって痛みが生じてきたようです。

先生に指導してもらった姿勢をとるようにしながら、ほかにどのような回復方法があるのか調べていたとき、健康ゆらしというマシンを知りました。貧乏ゆすりをするような動きをジグリングといって、その運動が股関節によいそうで、健康ゆらしは、それを補助してくれる医療マシンなのです。

はじめは速度をゆっくりに設定し、夜寝る前に20分使用しました。時間があるときには、朝の出勤前にも10分ほど使用していました。つづけていると、徐々に股関節周辺の硬さがとれ、ほぐれていくように感じました。そして一ヶ月後には、仕事中の痛みが軽くなったのです。以前悩んでいた立ち上がるときの激痛が和らいだし、通勤電車の揺れも気にならなくなりました。

健康ゆすりのすごさを改めて実感

しかし、私は、健康ゆすりで股関節の調子が良くなったおかげで、「痛みが治まったからもういいかな」と思うようになり、マシンを使う回数も減って、押し入れに片付けてしまったのです。すると、健康ゆすりを使わなくなって3週間ほど経った頃でしょうか、右股関節にズキンと痛みを感じ、嫌な感覚がよみがえりました。

私はあわてて押し入れから健康ゆすりを引っ張りだして、再び使用を開始しました。使い始めてから2~3日後には、以前のように関節周辺がほぐれる感じがして、激しい痛みが起こらないようになったので、本当に安心しました。改めて、健康ゆすりの効果を実感し、これからも続けていこうと思いました。

現在では、息子が夢中になっているバスケットボールを一緒にできるようになり、休日を楽しんでいます。

股関節痛を改善した健康ゆらしはこちら。