昔の骨折が原因で股関節症になったのが健康ゆすりで痛みが改善

2019-01-11

私は、九州在住の50歳です。15歳の時に骨折した後遺症で左右の脚の長さが変わってしまい、股関節の痛みでとてもつらい日々を送っていましたが、健康ゆらしで改善できた私の実際の体験談です。

骨折の後遺症が原因で股関節症に!健康ゆすりで痛みが改善

私は現在、医療機器メーカーの営業マンとして全国各地を飛びまわり、元気に働いています。しかし、股関節の激しい痛みのせいで、一時は普通に歩くことさえつらく感じていたことがあります。若い頃からスポーツで体を鍛えていたこともあり、体力には自信がありますが、3年前の冬、突然、左の股関節の激痛に襲われたのです。その時は、あまりの痛さに、しばらく動くことができませんでした。

実は15歳の時に、友達とサッカーをしていて転倒し、左脚のスネを骨折したことがあります。その後遺症で、左脚の長さが右脚よりも1.5センチくらい短くなってしまいました。脚の長さが変わったため歩き方がおかしくなり、整形外科にかかると、当時の先生からは「左右の脚の長さが違うために股関節に負担がかかりやすくなっていて、将来的には変形性股関節症になる可能性がある」と言われていました。

それから二十代の頃は、特に股関節に異常を感じることなく過ごしてきましたが、三十代の半ばくらいになると、疲れがたまった時などには左脚を引きずって歩くようになりました。脚の状態は徐々に悪くなり、四十歳を過ぎた頃には、昔に骨折した部分や左ひざの内側に痛がゆいような違和感を覚えるようになったのです。今思えば、もしかしたら、それが変形性股関節症の前兆だったのかもしれません。

心配だったので後日整形外科を受診したところ、初期の変形性股関節症と診断され、進行すると手術が必要になると言われました。

会社の同僚にこの事を相談したところ、健康ゆすりという機器を教えてもらい、股関節症の予防や改善が期待できることを知りました。思い切って購入することを決め、使い始めたのです。

左股関節の激痛に襲われた3年前のあの日の夜は、速度をゆっくりに設定して20分くらい使ってみました。はじめのうちはあまり効果を感じることができなかったので、さらに20分ほど使ってみると、痛みはかなり楽になりました。

普段は健康ゆすりの速度を遅めに設定し、10分1セットとして、帰宅後、夕食後、入浴後に1セットずつ、1日に合計で30分使っています。

1ヶ月くらい健康ゆすりを使い続けたら、歩くときのつらかった痛みがなくなって、仕事にも精力的に取り組めるようになりました。

私の股関節症の痛みがよくなった「健康ゆすり」はこちら。