入院が必要なほどの糖尿病がハナビラタケで4ヶ月で正常値に

仕事が忙しくて入院どころでなかった

私は、42歳でC型肝炎を発症しました。そのため、定期的に病院で血液検査を受けていました。そして5年前の2月に食後血糖値が390mg/dlでで糖尿病と診断されました。、ヘモグロビンA1Cも9.8%もありました。

医師からはその場で入院をすすめられました。若いころから脂っこい物を大量に食べ、ビールを大ビンで毎日5~6本も飲む生活を送っていました。

こうした暴飲暴食が、糖尿病の原因でしょう。しかし、仕事が忙しく悠長に入院している時間の余裕はありません。そこで思いついたのが、ハナビラタケを利用することでした。

ハナビラタケで友人が血糖値を下げたことを思い出し、自分もやってみようと思いました。また、ハナビラタケには肝機能も改善する働きがあるということなので、一石二鳥を期待したのです」病院に1ヶ月ほど入院を待ってもらいその間になんとか正常値まで改善できるように考えました。

早速、ハナビラタケのサプリ取り寄せ、毎日3回飲むようにしました。生のハナビラタケを料理に使って食べたり、ハナビラタケのサプリをとったりしたところ、3週間程度すると、体のだるさが消えたことに気がつきました。

私がハナビラタケをとりだしてから3週間後、病院で血液検査を行いました。すると、私の場合は食後血糖値が159mg/dlと、200mg/dl以上も下がっていたのです。

この時点ではヘモグロビンA1Cは9.0%と高いままでしたが、この調子なら、ハナビラタケをとりつづければ、そのうち下がるだろうと確信しました。

結果は、私が思ったとおり。ハナビラタケをとりだして2ヶ月後には食後血糖値が137mg/dl、ヘモグロビンA1Cは6.3%に下がり、4ヶ月後にはヘモグロビンA1Cが5.6% にまで下がったのです。

主治医もが2ヶ月で正常化したことに驚いていました。現在でもこの値を維持しています。また、肝機能検査値のγ-GTPも20~50で安定しています。

ハナビラタケをとっているおかげで健康に関する不安がなくなりました。

私が飲んだハナビラタケは、「ハナビラタケBIOバイオ」でβグルカンを多く含むハナビラタケを原料ととして作られています。
株式会社ミナヘルスのハナビラタケを使用しています。
※ハナビラタケ抽出物(特許第4183326号)特許原料です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください