塩分の過剰な摂取がなぜ血圧を上げてしまうのか?

血圧と塩分(ナトリウム)の関係が具体的になったのは、この50年くらいの研究成果です。なかでも興味深いのは、塩分摂取量が少ない民族では、年齢を経ても血圧が上がらないことです。有名なのは、南米ギアナ高地に住むヤノマミ族。

彼らは調理に塩分を使わないため、血圧が高い人はほとんどおらず、上の血圧が100mmHG、下の血圧が60mmHGくらいしかいません。

逆に塩分摂取が多い民族は、年齢とともに血圧が上がることがわかっています。なぜ、塩分をとりすぎると血圧が上がるのでしょうか。簡単に説明すると人間の体には、ナトリウム濃度をつねに一定に保とうとする働きがあります。

ところが、塩分をとりすぎたり、腎臓でのナトリウムの排泄機能が低下すると、体内にナトリウムがたまってきます。塩分が多いものを食べると、水が飲みたくなります。それと同じように、体内にナトリウムがたまると、それを薄めようとして水分が集まってきます。そのために血液をはじめとする体液の量が増えて、血液であれば、それを押し出すときに血管に強い圧力がかかってしまうのです。

動脈硬化の最も簡便な指標として血圧を見るとき、塩分は動脈硬化を進行させる物質であることがはっきりわかります。

塩分は摂りすぎないように努力しなければいけませんが、過剰に摂取してしまった場合はどうしたらいいのでしょうか?
それはカリウムを摂ることです。カリウムは塩分を排泄します。
食塩を排泄するカリウムが豊富「りんご」
カリウムは、果物、生の野菜などに多く含まれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください