アロエをすりおろし、パックをして肌荒れを解消

祖母が教えてくれたアロエの使い方

小さいころおてんばだった私は、好きな乗馬などで、よく傷を作っては帰ってきました。そういうときは、祖母にアロエをすりおろしてガーゼに塗ったものをあててもらっていました。

ですからアロエは傷を治し、打ち身などには消炎作用があることは体で知っています。祖母自身も胃のぐあいが悪いときに、緑の皮をむいて身の部分だけをミネラルウォーターで飲んでいました。

いまも実家には大きなアロエの鉢があります。そして私の知識のファイルにも、アロエについては祖母から口伝えで教わった「おばあちゃんの知恵」がしっかりあります。

すり傷、切り傷、やけどにアロエがよく効くことはだれもが知っているかもしれませんが、ニキビにもいいんですよ。私はアロエの皮をむき、湿布と同じように肌にあてるようにしました。こうすると赤みがひき、ツルツルになります。

友人は無糖ヨーグルトとアロエをミキサーでまぜたものでパックをするといいます。これは肌がすごく荒れているときによく効くそうです。ほかにもアロエの利用法はいろいろ。

こまかく切ったアロエをごま油と塩でナムルにして食べるというのも珍しいでしょう。アロエをすりおろすのは時間もかかってたいへんなので、ミキサーやフードプロセッサーを使って作ると便利なんですよ。

シンプルケアが肌には一番効果がある

ところで私の肌の手入れ法はとても簡単なんですよ。私はシンプルケアがモットーです。その基本は洗顔です。メークをクレンジングでしっかり落としたら、温水で洗顔をします。

次は冷たい水でもう一度洗います。それで化粧水をつけて終わり。ぬるま湯と冷水の2回洗いがポイントです。それに日やけしないように午前1時から午後3時の日ざしが強い時間はあまり外出しないようにしています。

毎朝ヨーグルト(無糖)を食べること、ミネラルウォーターしか飲まないのは肌のためというより、健康のためです。家族といっしょに住んでいたときのように、おばあちゃんがアロエを持ってきてくれたりしませんから、自分で守らなければね。

アロエの集中パック

  1. 小じわのきになる目元、しみやそばかすが目立つほおなど気にある部分に、洗顔後アロエゼリー状の部分を貼り、10~20分おく。
  2. 口元や鼻の下のシワがきになるときは、アロエのゼリー状の部分を筋肉の流れる方向に沿って何枚かに分けて貼る。
  3. パック後は、指先を揃えて気になる部分を小刻みに100たたく気功パッティングを。肌に弾力がついて張りが出てくる。
  4. 両手の指先を揃えて、手のひらをくぼませて「気」をためる。この状態でも顔をまんべんなく100回たたき、細胞を活性化させる。

アロエが手に入りにくい人は、アロエの無添加の原液はこちらです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.