玉ねぎの皮茶で持病の高血圧が5日で好転、足のふらつきも改善した

不安定だった血圧が安定

高血圧と糖尿病は、私にとって10年来、ずっと悩みの種です。まじめに薬を飲んでも、どちらも改善の様子なしでした。
薬は、血糖値は低血糖になり、血圧の方も下がりすぎて困っていました。

血圧は常時、上160~170mmHGで(下は80mmHGくらいです)、」高くて200mmHG超に上昇します。高血圧のせいか、薬の副作用のせいか、足元がよくふらつくし、目の前が真っ暗になって失神したこともあります。それ以来とても不安で困りました

それに加えて、血糖値が一時期は300mg/dlまで悪化して、たまらず病院を変えるなど必死に対処してきました。

高血圧と糖尿病がいっペんによくなると聞いて、玉ねぎの皮茶に望みを託したのは昨年6月のこと。マグカップに入れた玉ねぎの皮茶を朝1杯、夕方1杯飲んで、最初に実感したのは血圧の好転でした。

飲み始めてから5日で徐々に下がって、ついに、130mmHG前後に落ち着くように。血圧は日によって上がり下がりをするものですが、それでも以前のように急上昇することはもうありません。

おかげで、足のふらつきもほぼなくなって安心しています。以前はそれで転倒して、頭を打ったこともあったのです。

糖尿病については、最近の血糖値は128mg/dlでまずまず合格点。ヘモグロビンA1Cは6.8で、もう少し下がれば医師からOKサインをもらえるでしょう。

糖尿病特有ののどの渇きやや疲れやすさなど、自覚症状はまったくないし、今後も玉ねぎの皮茶のお世話になって、健康な体をすっかり取り戻せるよう努めてまいります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください