玉ねぎの皮茶を飲んだ翌日に血圧が下がり、今では120台

頭痛、動悸肩と首のこりなどの症状も消失

血圧が高いことを除けば特に大病もせず、まぁ80代の今まで元気に働いてきました。自分でも健康には自信がありました。年をとってくると、この血圧のことが気になって仕方ありません。
今後もまだばりばり仕事を続けたい私は、血圧が高いという事実が気になっていました。

酒もタバコもたしなみ、運動はやらないので、いつか怖い目に会うかもと家内と話していたのです。そんなとき、たまたま出会った漢方の先生に、玉ねぎの皮を煮出して飲むとよいと敦えられました。飲んでみると不思議と血圧が下がり、喜んでおりましたが、なかなか玉ねぎの皮を集めることができず、それっきりになっていました。

すると最近、また血圧が上がって、同時に頭痛と首・肩のこりがひどくなって不快な思いをしていたところ、玉ねぎの皮茶を知りました。あの漢方の先生の話を思い出し、よし、これなら続けられそうだと、毎日1杯飲むことを決めました。

そのころ、普段の血圧は170mmHG台ほどでしたが、玉ねぎの皮茶を飲んだ翌日には、スパッと142mmHGにまで下降。数日後には、130mmHG台程度にまで下がったのです。

現在では、血圧は平均して120~125mmに下がって安定しています。頭痛や首・肩のこりはもちろん、動悸や胸のちょっとした痛み、立ちくらみもすっかりなくなりました。

玉ねぎの皮茶を友人にも紹介したところ、同様に喜んでくれているようで何よりです。私の感覚では、飲めば飲むほど効いてくるようです。このお茶のおかげでまだまだ現役で働き、長生きもできそうで大感謝です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください