玉ねぎの皮茶を朝、1杯飲んだら180mmHGの血圧が120mmHG台に

血圧の薬を使わずにここまで下がった

昨年の冬に急に手足がしびれて、めまいと頭痛が続くようになりました。病院へ行くと上が180mmHG、下が105mmHGで高血圧症と診断。降圧剤が処方され、このままずっと飲み続けなければならないのか… と暗い気持ちになりました。

私の家系はみな血圧が高めです。私も以前から上が150mmHGぐらいありました。とはいえ、あまり薬に頼りたくない気持ちもあり、案の定、やがて降圧剤も飲まなくなってしまいました。降圧剤を飲むと目がぐるぐる回るので怖くなってしまいました。

血圧は高いままですし、このままでいいのかと不安になっていたころ、玉ねぎの皮茶を知り、毎朝1杯ずつ飲むことにしたのです。

実は、玉ねぎでは一度挫折したことがあります。以前、病院で食事について相談したところ、「玉ねぎを食べるといい。残った皮は捨てずに煎じて飲むとなおいい」とすすめられ、やってみたのです。しかし、玉ねぎを毎日食卓に乗せるのはなかなか至難の業。皮を集めるのも大変です。その点、玉ねぎの皮茶は、玉ねぎ特有の臭みはなく、ホッとするおいしさ。

これで血圧が下がれば幸せ…そんなふうに思っていました。そして驚いたことに、玉ねぎの皮茶を飲みはじめて、わずか数日で血圧が下がりはじめたのです。180mmHGが160mmHG台、そして140mmmHG台とどんどん下がり、今では120mmHG台に安定。もちろん、手足のしびれやめまい、頭痛もなくなりました。春の健康診断でも、「特に心配はないですね。数値はどれも良好です」といわれて大喜びしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください