玉ねぎの皮茶で230mmHGの檄高の血圧が120mmHGに正常化、ヘモグロビンA1Cも下がって体重もぐんと下がった

玉ねぎの皮茶ありがとう

私は50歳後半で新しい仕事を始めましたが、ストレスのせいか3ヶ月後後の検診で高血圧と糖尿病が判明しました。ずっとやりたかった仕事だったのに、私が想像していたよりストレスが大きい仕事だったのです。

当時、血圧は高いときで230mmHGを超え、ヘモグロビンAICは9.5にまでなっていました。いつか脳梗塞を起こすのではないかと心配していました。頭がずきんずきんと痛むことが多く、なんとかしないと…と不安に思っていました。

そんなことで仕事を辞めて体調改善に努めましたが、薬を飲んでも血圧は下がらず、逆にコレステロール値が270mg/dlにまで上昇してしまったのです。降圧剤は、ひとつはとても効いたのですが、今度、低血圧でめまいがひどく、その他の薬では全く下がりませんでした。一番多いときでは、4種類の降圧剤を飲みました。

そんなとき、友人にすすめられて飲み始めたのが玉ねぎの皮茶です。友人は、玉ねぎの皮茶のおかげで170mmHGの血圧が120mmHGにまですぐ下がった、ということを聞いていたのでこの玉ねぎのお茶に期待していました。
私の場合も、このお茶を飲んでしばらくすると、血圧が150mmHGにスッと下がりましたが、その後一年は数値が変わらず、ずっと横ばい状態でした。

そのため、思い切って玉ねぎの皮茶をこれまでの二倍の潰さにして1日3~4回飲むようにしたところ、血圧が120mmHGにまで下がり、ヘモグロビンAICも6.5に大幅改善。

さらに、驚いたことに、体重も65kg→59kgに下がり、久しぶりに50kg台の体重を満喫しています。

体の動きがぐんと軽くなりました。私の場合、最初はケチケチと薄めにして飲んでいたので効果が現れづらかったのでしょう。即効性を期待するなら、玉ねぎの皮茶は濃く煮出して飲むのがコツではないか、と感じています。回数も最初は多めに飲んだ方が効果的かもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください