米ぬか脳活性食の脳への使用感、実際の効果など

米ぬかエキス、正式には米ぬかアラピノキシラン誘導体を実際に使った使用感など。脳への効果、効能などを紹介しています。活性酸素を抑制する米ぬかエキスが脳への病気に高い効果があります。
たとえば、高齢者が暗い表情になっている場合、いきなり精神科を受診するのは、いちがいによいとは言えない場合があります。

それは、お年寄りの場合うつ状態は、うつよりも認知症の可能性が高いからです。認知症なのにうつと誤診されて抗うつ剤を処方されると、ますます症状が悪化してしまうおそれがあるからです。

うつと認知症の治療は、異なります。抗うつ剤は、ほんもののうつの患者さんが飲めば興奮系薬剤として作用するので、元気が出てきます。ところが、認知症の方が飲むと、逆に抑制系薬剤として作用するので、ますます元気がなくなってしまいます。

リンク

米ぬか食品は脳だけでなくガンなどへの効果も多数報告されております。免疫力を高めてガンを撃退する作用があります。
米ぬか食品(バイオブラン) | ガン患者に評判の健康食品

米ぬか活性食でレビー小体型認知症が軽減

遠距離介護を続けているうちに、起床できなくなる

介護で無理をしてはいけない!というのはよく聞きますが、母の世話をするのは私の生きがいです。また母の介護ができるようになって、米ぬか脳活性食にはほんとうに感謝しています。

母の具合が悪くなったのは15年ほど前からです。検査の結果、15年前にレビー小体型認知症と診断されていました。レビー小体型認知症について詳しくはこちら。

「母は認知症専門医の治療を受けましたが症状はどんどん進行し、寝たきりになってしまいました。
食事もとれなくなったため、家族だけで介護するのは難しくなり、実家近くの有料老人ホームに入所することになりました。

母はほとんど言葉を発することができない状態でした。そこで、専門医から「認知症の症状改善に役立つ食品ですよ」とすすめられた、米ぬか脳活性食を飲ませてみることにしたんです。

ガーデンアンゼリカが少ないタイプの米ぬか脳活性食を、朝・晩の食後に1包ずつ、1日計2包を母に飲ませはじめました。すると、1ヶ月で話せる言葉の数が増えたといいます。

「母の口から「ありがとう」という感謝の言葉が出てきたときは、「ああ、お母さんの介護をしてきてよかった」と心底思いました。

母の具合が少しでも悪くなると何日も不眠不休で世話をし、その間、何も食べないで過ごすことも少なくありません。介護疲れで私のほうがまいってしまうのではないかと心配しました。

しかし、案の定、朝起きられなくなり、母の往診日に行くことができなくなりました。「気分が沈んで、うつっぽい状態になってしまったんです。

往診の朝になると「行かなくては」 と頭ではわかっていても体が動きませんでした。

自分のうつ状態をなんとかしたいと悩みました。昔から西洋薬を飲むとアレルギーが出る体質で苦労したので、薬をほとんど飲んだことがありません。まして、抗うつ剤を飲んで、症状が悪化したのを目の当たりにしていたので、「あんな恐ろしい薬は飲みたくない、病院にも行きたくない」と考ていました。

そのとき、母のレビー小体型認知症の症状を改善した米ぬか脳活性食が手もとにあることを思い出し、飲んでみようと思ったんです。
ガーデンアンゼリカが少ないタイプの米ぬか脳活性食を朝・晩の食後に1包ずつ飲みはじめました。すると、1週間ほどで体調がよくなり、朝もきちんと起きられるようになったんです。

朝、起きられるようになってからは毎朝1包に減らして、米ぬか脳活性食を飲みつづけています。その後、その後、すっかり元気になり、往診の際にはしっかり顔を出すことができるようになりました。

米ぬか脳活性食「バイオブラン」はこちら。

薬不要(米ぬか脳活性食)でうつが治まった

「米ぬか脳活性食を飲みだして調子がよくなるにつれ、病院で処方される薬の量は減り8ヶ月後には薬が必要なくなりました。

主人の両親は、2年前に相次いで他界しました。これからは自分の生活を楽しもうと思っていたのですが、気分がなんとなく落ち込んでしまい、家事もおっくうになってしまいました。

3ヶ月後、食事もとれなくなり、病院を受診しました。検査を受けましたが、体のどこにも悪いところは見つからず、うつと診断され、抗うつ剤が処方されました。

初めて病院を訪れたとき、担当の医師から「治るまで2年以上かかるでしょう。2年たっても治らないときは、こんなもんだと思って生きてください」といわれたのです。ショックでした。

もう私は、1人では何もできないのではないか、と考えるようになってしまいました。さらに私の不安に追い打ちをかけるように、抗うつ剤の効果はいっこうに見られませんでした。

薬の量はどんどん増加。不安感が治まらないため、抗不安薬も加えられ、睡眠薬も追加されました。睡眠薬が出されたころは、朝起きるのがつらく、昼間はほとんど横になって過ごしていました。

逆に、夜はなかなか眠れず、1人でぼんやりと過ごすような状態でした。

主人さんは、インターネットを使っての不調の原因について懸命に調べてくれました。そこで目に留まったのが、副腎疲労(アドレナル・ファティーグ) でした。

症状を思い浮かべながら副腎疲労の自己チェックをした結果、私は副腎疲労の状態だと確信しました。

副腎は腎臓の上にあって、ぶんびつさまざまなホルモンを分泌しており、体がストレスに対処して生き延びるために必要な臓器。

検査の結果、抗ストレスホルモンが分泌されていない状態だと判明。主人のご両親が他界されたのをきっかけに、燃え尽きた状態になってしまったのではないか、とのことでした。

検査データを示しながら、副腎の疲労が原因で精神的に落ち込むようになったのだと説明してくださいました。私は、気力や根性が足りなくて家事をがんばれなくなっていたとばかり思っていたので、先生の説明に救われました。うれしくて、涙が止まらなかったです。

副腎疲労の治療のため、医師にすすめられた米ぬか脳活性食を飲むことにしました。病院で処方されている薬も飲みながら、ガーデンアンゼリカが少ないタイプを朝・晩の食後に1包ずつ、1日計2包飲みはじめました。

すると、1ヶ月後には調子がよくなり、その後は治療に前向きに取り組み薬も不要になっりました6六ヶ月後には夫婦で国内旅行に出かけ、なんと、8ヶ月後には海外旅行にも行ってきました。

米ぬか脳活性食「バイオブラン」はこちら。

米ぬか脳活性食は働き盛りの低下した集中力・気力が1ヶ月で回復

震災のストレスで爆発寸前

川崎は被災地ではありませんが、3月11日の東日本大震災では大きな揺れの影響がありました。震災の後、不安を訴える方が急増しました。震災による精神的な疲労はかなり大きいものだったと思われます。

風邪気味の方が、「不安のため眠れない」「心臓の鼓動が気になってしかたがないので、心臓の病気ではないだろうか」「めまいに悩まされている」と訴える方が多くいます。

利益や効率が重視されるいまの日本では、「疲れている」「ストレスを感じている」「落ち込んでいる」と、弱音を率直に口にすることがためらわれる風潮があります。

そんなぎりぎりの状況の中で仕事や家事をがんばっていた人たちが、今回の震災でさらなる「震災ストレス」に見舞われ、心身の不調が起こっているようです。

さまざまな不調は、実は副腎の疲労(アドレナル・ファティーグ) で起こっているものが多いと考えられます。生命や健康を維持するために、副腎(副腎髄質、副腎皮質)からはさまざまなホルモンが分泌されています。

副腎髄質からはアドレナリンやノルアドレナリンといった抗ストレスホルモンが分泌され、心拍数や血圧を上げることで体をストレスに対抗できる状態にします。副腎皮質から分泌されるコルチゾールは、血圧や血糖を上昇させる抗ストレスホルモンです。

ホルモンの原料には限りがあります。抗ストレスホルモンだけがどんどん分泌されると、性ホルモン(男性ホルモンや女性ホルモン) など、ほかのホルモンに使用されるはずの原料まで抗ストレスホルモンに使われるようになhソます。

すると、ほかのホルモンははとんど分泌されなくなるのです。やがて、副腎は疲れ果ててしまい、副腎からは抗ストレスホルモンさえ、ほとんど分泌されなくなってしまいます。

ホルモンの分泌が減ると、心身にさまざまな不調が起こってきます。この状態が、副腎の疲労アドレナル・ファティーグなのです。副腎が疲れてしまうと、体が重くなり、なんとなく体調がすっきりしない感覚に悩まされます。そのため、コーヒーやチョコレートなどのカフェインの摂取で興奮状態を作り、なんとかストレスに対抗して生活している人は珍しくありません。

腎の機能が低下すると、アレルギー疾患の発症、関節の炎症、免疫力の低下、女性は月経前症候群や更年期障害に悩まされるようになります。

副腎の疲労は精神状態にも影響し、不安、恐怖、うつ状態などを引き起こします。また、集中力や記憶力が低下し、イライラするようになります。不眠症を引き起こしたりもするのです。

ストレス対処カを高め副腎の疲労を一掃

震災後に心身の不調を訴えてきた方たちも、副腎が相当疲労しているものと思われます。副腎の疲労で不安やうつ状態が表れたときは、ストレスにしっかりと対処することで改善できる場合が少なくありません。ストレスへの対処能力を高めてくれる食品が、米ぬか脳活性食です。

集中力や記憶力、気力の低下を訴えるビジネスマンや女性社員の方が少なくありません。このような方たちに、ガーデンアンゼリカが少ないタイプの米ぬか脳活性食を1日1包、朝に服用するようにすすめると、2~3ヶ月のうちに改善する人が多いのです。

副腎が疲労している方の体では、たくさんの抗ストレスホルモンが分泌されることでサイトカインも増えるため、脳の神経細胞は炎症を起こしてオーバーヒート(過熱)状態になります。

また、過剰な抗ストレスホルモンは記憶をつかさどかいばる脳の海馬の神経細胞を減少させ、認知症の原因にもなることがわかっています。

米ぬか脳活性食には強い抗酸化作用(活性酸素を抑える働き)があり、脳の炎症を抑えます。また、海馬など記憶にかかわる部位に働きかけ、神経細胞の減少を抑えます。そのため、ストレスへの対処がうまくできるようになり、結果として副腎の状態も調整されて副腎の疲労が軽減されるのです。

米ぬか脳活性食「バイオブラン」はこちら。

米ぬか脳活性食は末期の認知症にも有効で暴言・幻覚や徘徊・被害妄想にも有効

米ぬか脳活性食は認知症の周辺症状を改善し家族の負担までも減らす

認知症の場合、表面的に診察しただけでは、症状を正確に把握することはできません。たまたま調子のいい日もあったりもしますし、偶然その時はおかしな症状がでないことも多々あるのです。

認知症の種類によっては、初期ではもの忘れがほとんど見られない患者さんや、症状を取り繕うのが上手な方もいるからです。認知症の患者さんの症状を正確に把握するには、症状を「中核症状」と「周辺症状」に分けて観察することが大切です。

中核症状とは、認知症が原因で脳機能が低下することによって直接的に起こる記憶障害、失見当(自分のいる場所・時間・状況などを認識する能力の障害)、判断力低下などを指します。

抽象的な思考ができなくなることや、人格が変化することも、中核症状の現れです。周辺症状は、中核症状によって二次的に引き起こされる症状は、暴力、暴言、徘徊、妄想、幻覚、無気力、無関心、うつ状態などです。これらは、一緒に生活しているご家族にとっては大変つらく、苦しいものとなります。

中核症状と周辺症状を区別して考えると、治療や介護の道すじもわかりやすくなります。

例えば、アルツハイマー病でもの忘れが激しくなっても、周囲とトラブルをまったく起こさない方もいます。こうなると問題が表面化せずに症状が悪化してしまうケースもあります。
この場合は、中核症状は進行していても、周辺症状はほとんど問題ないという状態です。

逆に、中核症状はあまり進行しておらず、もの忘れもそれほどひどくなくても、ピック病のように暴力や暴言、妄想といった周辺症状が激しい方もいます。認知症の治療は、中核症状だけを改善すればいいわけではなく、中核症状と周辺症状のどちらもよく観察して、日常生活を送るうえで問題になっている症状の改善をめざして治療することが必要です。

実際に、本人は中核症状に苦しめられていますが、介護している人を苦しめているのは周辺症状。中核症状の改善も大事ですが、それ以上に周辺症状を改善して介護する家族の方にらくになっていただくことが必要です。

周辺症状を改善するうえで、もう1つ大切なのが、周辺症状には「陽性症状」と「陰性症状」があり、この2つをしっかりと区別することです。

暴力、暴言、徘徊、独り言、妄想、幻覚、過食、不眠など、興奮状態で起こる症状が陽性症状です。それに対し、無気力、無関心、無言、うつ状態など、内向きにこもってしまうのが陰性症状です。認知症の症状を改善する薬には、陰性症状を改善する興奮系と、陽性症状を改善する抑制系があります。

これを逆に使ってしまうと、症状はより悪化してしまいます。米ぬか脳活性食は、中核症状と周辺症状のどちらも改善が期待できます。
進行すると中核症状を劇的に改善することは難しいのですが、初期の状態であれば軽減、改善できる場合が少なくありません。また、中核症状は放置すれば進行していくのが一般的ですが、米ぬか脳活性食を飲んでいると、状態が維持されて進行が抑えられる方も多くいらっしゃいます。
周辺症状は、初期でも進行した状態でも、米ぬか脳活性食でかなり改善できます。

人格が変化する症状が出ます。万引き、暴力、暴言などの問題行動を起こしてしまうこともあります。米ぬか脳活性食は、ピック病の患者さんも、穏やかにするのです。2011年3月11日の東日本大震災は、認知症の方と家族に大きな困難と悪影響を与えています。

避難所生活など、環境の激変に対応できずに不安が強くなり、体調をくずして中核症状が悪化している患者さんが増えていることは想像に難くありません。

介護する家族の方も、介護以外にやらなくてはならない問題が山積みのため、介護ができなくなっています。避難所生活が落ち着けるはずもなく、徘徊や昼夜逆転などの周辺症状の悪化で、避難所にいること自体が難しくなるケースもあったそうです。

こうした状態を改善するためにすぐ実行できる有効な手段の1つとして、米ぬか脳活性食の摂取をおすすめします。

米ぬか脳活性食「バイオブラン」はこちら。

米ぬか脳活性食は認知症の改善率7割で発症・進行を抑え薬が効きにくい人にも有効

高齢者のうつの状態は認知症の可能性が高く抗うつ剤は逆に元気がなくなってしまう

複雑な現代社会においては、うつにかかってしまう方も非常に増加しています。一般的に、うつの方には、精神科の治療が有効です。しかし、高齢者が暗い表情になっている場合、いきなり精神科を受診するのは、いちがいによいとは言えない場合があります。

それは、高齢者のうつ状態は、うつよりも認知症の可能性が高いからです。まずは、認知症治療に定評のある老年科か神経内科を受診したほうがいいでしょう。
たとえ、診断結果がうつだとしても、老年科か神経内科で認知症でないと診断されてから精神科を受診すればいいのです。

認知症なのにうつと誤診されて抗うつ剤を処方されると、ますます症状が悪化してしまうおそれがあるからです。うつと認知症の治療は、異なります。抗うつ剤は、ほんもののうつの患者さんが飲めば興奮系薬剤として作用するので、元気が出てきます。ところが、認知症の方が飲むと、逆に抑制系薬剤として作用するので、ますます元気がなくなってしまいます。

もし、抗うつ剤を飲みつづけていても症状が改善せず、薬の量や種類がどんどん増やされていくようなときは、認知症の治療に定評のある医師に相談するほうが賢明でしょう。
ただし、抗うつ剤を急に中止すると禁断症状が出て危険なので、ゆっくりと減量していくことが必要です。最低限の知識として頭に入れておきましょう。

うつと間違えられやすい高齢者の認知症の改善に有効なのが、米ぬか脳活性食です。主成分は米ぬかに含まれるフェルラ酸というポリフェノールの一種と、ガーデンアンゼリカの根の抽出物です。アルツハイマー病の脳では、アミロイドβという悪玉たんばく質が凝固して老人斑ができ、神経細胞が死滅していきます。

これに対し、強い抗酸化カを持つフェルラ酸はアミロイドβの凝集を防ぐ働きがあります。また、ガーデンアンゼリカには神経細胞の新生を促す働きがあります。フェルラ酸とガーデンアンゼリカの相乗作用で、米ぬか脳活性食はアルツハイマー病をはじめとする認知症にすばらしい改善効果をもたらします。

米ぬか脳活性食は認知症治療薬と併用で良好な結果が得られる場合が多い

米ぬか脳活性食の使用によるアルツハイマー病の方の改善率は約70%です。

アルツハイマー病ではアリセプトという治療薬が日本では一般に用いられ、一定の効果を上げてきました。米ぬか脳活性食は、アリセプトと併用しても問題はなく、むしろ良好な結果が得られる場合が少なくありません。病院の薬と併用しても全く問題ありません。

最近では、日本でもレミニールやメマリーといった認知症治療薬が、新たに使えるようになりましたが、このような薬とも併用が可能です。

また、アリセプトは平均10ヶ月で効果が薄れてきます。アリセプトが効かなくなった患者さんに米ぬか脳活性食をとってもらい、アルツハイマー病が再び改善しだした例もあります。認知症を加齢のせいだと諦めている場合は、米ぬか脳活性食を是非試していただきたいと思います。実際に米ぬか脳活性食を飲んで症状が軽減、改善した私たちの体験談は以下にあります。

米ぬか脳活性食は、アルツハイマー病だけでなく、レビー小体型認知症や脳血管性認知症、ピック病などの認知症にも効果を表します。米ぬか脳活性食には、2つの主成分のうちのガーデンアンゼリカが多いタイプと少ないタイプがあります。初めからガーデンアンゼリカが多いタイプを使うと、患者さんが興奮してしまうことがあるので、まずはガーデンアンゼリカが少ないタイプから使うといいでしょう。

米ぬかエキス

バイオブラン(米ぬかアラビノキシラン誘導体)と月見草油(ガンマーリノレン酸含有)を主成分とした「レンチンプラスガンマー」

バイオブラン(米ぬかアラビノキシラン)とは

米ぬかから取り出した水溶性食物繊維であるヘミセルロースBに、大和薬品独自のシイタケ菌(DAIWA-A95菌)から得た酵素を作用させ、体内に取り込みやすいように工夫された機能性食品素材です。
酵素分解前のヘミセルロースB(アラビノキシラン)とは異なる構造を持つことで、積極的な健康維持に役立つように調整されています。
通常、食物繊維は消化されず、ほとんどが腸で吸収されることなく排出されますが、バイオブランに含まれるアラビノキシラン誘導体は低分子のため、小腸で一部吸収されるという特性があります。

バイオブランは、15年以上にわたりエビデンス(科学的な根拠)を蓄積。これまで39報の関連論文が発表されており、アジア・アメリカ・ヨーロッパ諸国など世界49カ国に販売実績があります。