糖尿病を治す漢方薬 威徳(白虎加人参湯加減方)の使用感と口コミ

糖尿病を治す漢方薬」を実際に使った使用感や口コミです。漢方薬名は「白虎加人参湯加減方(びゃっこかにんじんとうかげんほう)」と言います。白虎加人参湯という漢方薬に、生薬を加減して作られたものです。
白虎加人参湯は、石膏(含水硫酸カルシウム鉱石)、知母(ユリ科ハナスゲの根茎)、人参(オタネニンジンの根)、粳米(玄米)、炙甘草(マメ科などの根やストロン)で構成されています。
ここから粳米をのぞき、山薬(ヤマイモ科ヤマイモの根茎)、一位(イチイ科イチイの果肉)、沢瀉(オモダカ科サジオモダカの塊茎)、猪苓(サルノコシカケ科チョレイマイタケの菌核)、山樝子(バラ科サンザシの果実)、黒豆(マメ科ダイズの種子)を加えたものが白虎加人参湯加減方(商品名:威徳(イトク)です。

膵炎の再発、糖尿病を「糖尿病を治す漢方薬」で回避、便秘なども解消

血糖値は一度も上がらずに正常値をキープ

55歳のとき、のたうち回るほどの激しい胃痛を、頻繁に起こすようになりました。病院に行って、胃カメラで調べましたが、特に異常は見つかりません。いくつもの病院を転々として、ようやく判明した病名が、膵炎でした。
あの激痛は、胃の裏側にある、膵臓の炎症が原因だったわけです。2週間入院し、ブドウ糖の点滴を受けながら、絶飲絶食をしました。退院時には、膵臓の炎症が治まりましたが、退院後のケアが不安でした。

というのも、退院するとき、薬は1つも処方されずに、担当医から「おかしいと思ったら、すぐに入院してください」といわれただけだったからです。また、膵炎になると、膵臓から分泌されるインスリンが出にくくなって、糖尿病になりやすいとこと。

薬もないまま、いつ再発するかわからない膵炎と、糖尿病の不安に耐えるのは、かなりストレスでこたえました。そんなとき、知人から勧められたのが、糖尿病を治す漢方薬 威徳(白虎加人参湯加減方)です。糖尿病を治す漢方薬ですが、膵炎の改善にも役立つとのこと。

私は早速、1日3回、食間に、この漢方薬を飲み始めたのです。すると、すぐに効果が現れました。便通が順調になり、体調全般がよくなってきたのです。膵炎を発症後、疲れたときや、脂っこいものを食べたときに、胃の裏側をグーっと押されるような痛みが走ることがありました。しかし、これを飲むようになってからは、そうした症状が現れなくなったのです。

しだいに、私の心の中にあった不安な気持ちも、少しずつ薄らいでいきました。現在、早いもので、「糖尿病を治す漢方薬」を飲み始めて、約3年がたちます。この3年間、膵炎が再発したことは、一度もありません。さらに、血糖値も上がらずに済んでいます。今後も、膵臓を守るために、「糖尿病を治す漢方薬」を飲み続けるつもりです。

すい臓の機能を高めて膵炎の再発を防ぐ

膵炎が慢性化したり、重症化したりすると、膵臓の機能が落ちて、インスリンの分泌が低下する場合があります。退院後は経過観察とのことで、きっと急性膵炎だったのでしょう。とはいえ、慢性化する可能性もあるので、退院後も注意が必要です。白虎加人参湯加減方は、すい臓の機能を高める生薬(漢方薬の原材料も含まれているので、膵炎の再発防止にも役立っているのでしょう。

「糖尿病を治す漢方薬」で血糖値が降下

手や股間の腫れ、ひどい痒みも改善した

私は、3年前に心筋梗塞にかかり、その後、血糖値や中性脂肪値が、少しずつ上昇しました。昨年の1月には、ヘモグロビンA1Cが9.3%で、血糖値が190mg/dlにまで上がりました。

血糖値が上がってから、それまで現れたり消えたりをくり返していた、皮膚炎が悪化。手や股間の、かゆみと腫れに苦しめられるようになったのです。糖尿病と診断され、処方された薬を飲むようになると、さらに、筋肉痛やむくみなどの副作用にも悩むようになりました。
副作用が強いわりに、肝心の血糖値は、下がる気配もありません。そんなときに健康雑誌で目にした「糖尿病を治す漢方薬」でした。正式名称を白虎加人参湯加減方といい、私は1日3回、食前に1包ずつ飲みました。

さらに、野菜中心の食生活も心がけたのです。こうして、「糖尿病を治す漢方薬」を飲み始めたところ、薬の副作用の筋肉痛やむくみが、少しずつ楽になっていきました。また、全身の倦怠感が取れて、ショボショボしていた目にも力が入るようになつたのです。

2ヶ月半後、病院で血糖値を測ると、血糖値が111mg/dlに下がっていました。さらに、4ヶ月後には、ヘモグロビンAI Cも7.4% にまで降下。ここまで改善したおかけで、1日3錠飲んでいた病院の薬が、1日1錠にへりました。
また、血糖値が下がると同時に、皮膚炎も治まってきて、手や股間に、かゆみや腫れが出なくなりました。体がすっかり軽くなって、階段の上り下りも楽々です。周囲からも、「最近は、顔色がいいよ」といわれることがふえました。こうして、血糖値が改善し、元気な体を取り戻すことができたのも、「糖尿病を治す漢方薬」のおかげです。

まずは血糖値を下げると少しずつ症状が改善する

白虎加人参湯加減方の優れた点は、バランスよく組み合わされた生薬によって、血糖値を下げる作用だけでなく、糖尿病の諸症状の嬢和にも力を発揮するところです。さらに、薬の副作用の改善にも役立ったようです。薬が体に合わなかった場合は、漢方薬を試すのもひとつの方法です。その際は、もちろん担当の医師に相談してください。

糖尿病を治す漢方薬で血糖値が下がって目の手術も成功

これほどの改善効果は初めての体験

血糖値が上がり始めたのは、60歳を過ぎたころからです。65歳のときには、糖尿病と診断されて、血糖降下剤を飲むようになりました。しかし、薬を飲んでも、ヘモグロビンA1Cは11~12% で、血糖値も200mg/dlという、相変わらず高い数値のままでした。

そんななか、今から4年ほど前に、白内障の手術を受けることになりました。白内障の手術自体は、とても簡単なので、何も心配はないとのこと。ところが、私の場合、血糖値が高いせいで、手術を受けることができないといわれてしまったのです。

そこで、急きょ、血糖値を下げるために試したのが、知人から教えてもらった「糖尿病を治す漢方薬」でした。正式には、『威徳(白虎加人参湯加減方)』という名前の漢方薬だそうです。

「糖尿病を治す漢方薬」は、顆粒状のものが、1包ずつ小分けされているので、楽に飲み続けることができます私は、朝昼晩に1包ずつ、1日3包を飲みました。3 カ月後、病院で検査を受けると、期待どおり、血糖値が下がっていました。ヘモグロビンA1Cは、基準値の5%まで下がり、血糖値も110mg/dl以下にまで下がっていたのです。ここまで血糖値が下がったのは、糖尿病と診断されてから初めてでした。驚きとともに、大喜びしたことはいうまでもありません。

血糖値やヘモグロビンA1Cが下がったおかげで、白内障の手術を受けることができました。手術は無事に成功して、視界もスッキリと快適です。私は、その後も、「糖尿病を治す漢方薬」を飲み続けています。現在も、血糖値は基準値をキープしていて、日の調子も、全身の調子も抜群です。

体質に合えば速やかに効果がでるのが漢方薬のいいところ

血糖値が高すぎると、白内障などの手術を受けられない場合があります。血糖値が高いまま手術をすると、傷の治りが遅くなったり、傷口が化膿したりしてしまうからです。通常、漢方薬の効能は、比較的に媛やかですが、その人の体質と合えば、早い効果が現れることも珍しくはありません。また、のどが渇く、汗っかきで尿の量が多い、熱がある、体がカサカサしている、という症状が現れている人には、より効果的です。

糖尿病を治す漢方薬で私は13%、妻は12%ものヘモグロビンA1Cが正常化

インスリン注射をぎりぎりのところで回避

糖尿病の「災い」が、我が家に降りかかったのは、今から3年前のことです。まず、それまで特に問題のなかった妻(60歳代)が、健康診断で血糖値が高いことがわかりました。

ヘモグロビンA1Cが12% で、血糖値は300mg/dl近くもあったのです。妻は、糖尿病と診断されて、すぐにインスリン注射を打つように強く勧められました。その話を、帰宅した妻から問きましたが、私は、インスリン注射にはやや否定的な意見で賛成できませんでした。

なぜなら、一度インスリン注射を打てば、一生続けるはめになりかねないからです。そこで、妻に勧めたのが、「糖尿病を治す漢方薬」です。

正式には、白虎加人参湯加減方)いう名前の漢方薬です。実際に、この漢方薬を飲んで血糖値が下がった方の例を、たくさん耳にしてきました。インスリン注射を打つのは、この漢方薬を試してからでも遅くはありません。

妻には、朝昼晩の1日3回、食前に「糖尿病を治す漢方薬」を1 包ずつ飲んでもらいました。その一方で、食物繊維の多いワカメやキャベツ、ひじきなどをたっぷり食べる食事療法と、毎日30分のウォーキングも始めたのです。
すると、妻の顔色がどんどんよくなっていきました。一時は、のどが渇いてしかたがないと訴えていましたが、それも治まったようです。そして4ヶ月後、病院で検査を受けたところ、ヘモグロビンA1Cは5.7%に、血糖値は110mg/dlにまで大降下!どちらも基準値にまで下がり、妻の担当医も、驚きを隠せなかったそうです。

そして、それ以来、医師は、妻に対してインスリン注射の話はどこへらの状態になったようです。結局、妻は、病院の薬の血糖降下剤を1つも飲まずに、「糖尿病を治す漢方薬」と、生活習慣の改善だけで、血糖値を下げることに成功したのです。
血糖値を下げたい!ヘモグロビンA1Cを下げたい!というのは本当にぎりごりまで悪くならないと人間は本気になれないものなんだとつくづく思いました。

300mg/dlを超える数値が100mg/dl台にまで下がった

さて、こうして妻の血糖値が下がり、インスリン注射の心配もなくなった少し後のことでした。ほっとしたのもつかの問、今度は、私の血糖値が上がってきたのです。

当時の私は」禁煙をしていて、口寂しさから、やたらと甘いものを食べていました。そうこうするうちに、のどが渇くようになり、いつしか視界もぼやけてきたのです。もしやと思い、30年ぶりに病院に行って、検査を受けました。すると、健康が自慢だった私が、糖尿病と診断されたのです。しかも、ヘモグロビンA1Cは13.4%という、妻よりも高い数値でした。

早速、私も、妻と同じように、食事療法やウォーキングを実践しながら、「糖尿病を治す漢方薬」を飲むことにしました。すると5ヶ月後には、高かったヘモグロビンA1Cが、なんと5%の基準値まで改善!300mg/dl以上あった血糖値も、100mg/dlに下がったのです。私

が通ったのは、妻とは別の病院ですが、私の担当医も、「ここまで血糖値が下がった例は、今までにありません」と、とても驚いていました。血糖値が下がるとともに、いつの問にか、のどの渇きも治まりました。視界のぼやけも取れてきて、視界が鮮明になりました。このように、私たち夫婦は、立て続けに糖尿病になりましたが、二人そろつて、「糖尿病を治す漢方薬」で血糖値を下げることができました。その後から現在まで、私も妻も、血糖値もヘモグロビンA1Cも安定しています。

ヤマイモが胃の粘膜を保護する

糖尿病は、食事や運動などの生活習慣が深く問係する病気です。ご夫婦そろって、短期問で血糖値が下がったのも、白虎加人参湯加減方の服用とともに、食生活の改善と、運動を心がけたおかげでしょう。なお、この漢方薬は、空腹時に飲みましょう。胃腸の粘膜を保護する山薬(ヤマイモ科ヤマイモの根茎) が含まれているので、空腹時でも安心です。

糖尿病を治す漢方薬 威徳(白虎加人参湯加減方)

合併症の緑内障、神経症状のしびれ、喉の渇きも解消する漢方薬

血糖値を下げる働きに特化した漢方薬

  • 失明の危機から回避
  • 尿糖が減っておしっこの泡も消えた
  • 異常なのどの渇きからも解放された
  • 手足の先のしびれも改善

糖尿病を治す漢方薬」で、血糖値が改善した方々の喜びの声も掲載中です。漢方薬名は「白虎加人参湯加減方(びゃっこかにんじんとうかげんほう)」と言います。白虎加人参湯という漢方薬に、生薬を加減して作られたものです。
白虎加人参湯は、石膏(含水硫酸カルシウム鉱石)、知母(ユリ科ハナスゲの根茎)、人参(オタネニンジンの根)、粳米(玄米)、炙甘草(マメ科などの根やストロン)で構成されています。
ここから粳米をのぞき、山薬(ヤマイモ科ヤマイモの根茎)、一位(イチイ科イチイの果肉)、沢瀉(オモダカ科サジオモダカの塊茎)、猪苓(サルノコシカケ科チョレイマイタケの菌核)、山樝子(バラ科サンザシの果実)、黒豆(マメ科ダイズの種子)を加えたものが白虎加人参湯加減方(商品名:威徳(イトク)です。

それぞれの生薬の効能について

知母と石膏には、体にこもった熟を冷ます作用があります。人参は、全身の機能、特に消化・吸収能力を高め、衰えた体力を補いつつ、血糖値を下げる作用も期待できるでしょう。知母と石膏、人参を組み合わせることによって、いっそう血糖値の降下作用が強まるのです。

山薬は、滋養強壮に力を発揮するほか、胃腸の粘膜を保護する働きもあります。

沢瀉と猪苓は、体内の余分な水分を排出する作用があり、やはり血糖値を下げる効果が期待できるでしょう。甘草はのどの渇きを治め、山樝子には炎症をおさえる働きがあります。そして、一位と黒豆は、糖尿病の民間療法によく用いられる生薬です。

これらの生薬がバランスよく組み合わさることで、それぞれが相乗的に作用して、糖尿病の改善に役立つのです。白虎加人参湯だけでも、糖糖尿病の改善に有効ですが、さらに血糖値を下げる働きに特化した、まさしく「糖尿病を治す漢方薬」といえるでしょう。

実際に糖尿病の症状改善した症例

70代 女性

糖尿病から白内障を患い、視力がどんどん落ちていました。手術を受けようと決心して検査を受けたところ、血糖値が200mg/dl以上もあり手術できないことがわかったのです。血糖値を下げる薬を飲みましたが、ほとんど効果がありません。このまま手術が先送りになれば、いずれ失明する可能性もあり、不安で毎日が辛く大変でした。そこで飲み始めたのが、「糖尿病を治す漢方薬」です。すると、飲み始めると、血糖値は、みるみる下がり始め、2ヶ月後には140mg/dlまで降下。その後、無事に白内障の手術を受けられて、失明を回避できました。

50代 男性

ここ5年間は、160mg/dl台の高い血糖値のまま推移してきました。運動や食事に気を遣っても、数値に変化は現れません。そんなとき、試してみたのが、「糖尿病を治す漢方薬」でした。早速飲み始めたところ、半年後には、血糖値が100mg/dlの基準値まで下がったのです。「お酒だけはやめられず、毎日飲んでいました。それでも、ここまで下がったので驚いています。

60歳代 女性

若い頃からの甘いもの好きがたたり、血糖値が170mg/dlまで上がってしまいました。手のしびれ、不眠などにも悩まされ、尿からは泡が出てずっと気になっていました。この漢方薬を飲み始めたところ、効果が現れたのは1ヶ月後でした。血糖値が120mg/dlまで下がり、尿の泡もきれいに消えたのです。手のしびれ、不眠も解消して、毎晩ぐっすり眠れています。

最後に

妊娠中や出産直後の人、重度の感染症を患っている人、体力が著しく低下している人は、服用してはいけません。また、副作用の心配は、ほとんどありませんが、服用中に異常が現れた場合は、漢方に詳しい医師、または薬剤師に相談します。
なお、この漢方薬は、インスリンが分泌されなくなるタイプ、いわゆるインスリン依存型(Ⅰ型)糖尿病には、大きな効果を望めません。もちろん、より一般的な、インスリン非依存型(Ⅱ型)の糖尿病には、大きな力を発揮することでしょう。