花粉症、便秘に効く「濃縮納豆」の使用感、口コミ

花粉症は「くしゃみ・鼻水・涙が止まらない」「目がかゆい」「頭がボーッとする」といった花粉症特有の症状が現れます。花粉症は、一度発症すると根治させるのは難しいとされ、症状は年々ひどくなる傾向にあり、人によっては隔年でひどくなるケースもあります。

そんな中、身近な食品である納豆が、大変注目を浴びています。その理由は、納豆に花粉症を抑えるさまざまな成分が含まれていることがわかったからです。
そんな納豆の成分をぎゅっと凝縮した「発酵納豆」のサプリを実際に飲み、花粉症の症状が改善、また、症状が軽減できた人たちの声です。

薬も効かない花粉症が濃縮納豆でかなり改善した

まず、便秘改善し、花粉症も順に改善

私は、もう20年来ずっと花粉症に悩まされてきました。花粉症に効く!というものがあれば、何でも試してきました。最初は、突然、くしゃみと鼻づまりの症状がではじめました。

最初は風邪だと思ったのですが、ちょっと様子が違います。かかりつけの内科医院で検査を受けたところ、スギ花粉のアレルギーと診断されました。

当時はまだ花粉症という病名が一般的でなく、私も当時は、ピンと来なかったのを覚えています。私が子供のころ、家の近くにはスギ林があり、外で遊んでいても全然平気でした。
そのため、医師から「スギ花粉に反応してアレルギーが起こった」と説明されても、いまひとつ納得がいかなかったのです。

当時は、風邪薬を使って症状に対応することにしました。アレルギー症状を抑える薬は習慣化しやすく、あまり使わないほうがいいというのが先生の意見でした。

処方された風邪薬を飲んでいれば、くしゃみの頻度や鼻水の量が減り、ショボショボした涙目にもなりません。しかし、薬の効果は時時間がたつと薄れるため、数時間おきに薬を飲まなければなりませんでした。薬を飲み、外出のときは必ずマスクをつけるなど、自分なりに治療に努めたつもりでしたが、症状は毎年、出ました。それからというもの、毎年、1月中旬から5月上旬まで、くしゃみや鼻水に悩まされ続けました。

ここ数年は重症化して、頭痛を伴うようにもなりました。隔年で症状がひどく、処方された薬も、あまり効かない年があります。
ちょうどその症状がひどかったの暮れ、耳鼻科を受診しました。もうすぐやってくる、花粉症の季節を乗り切る方法を相談したかったのです。

このとき、医師が「薬ばかり飲んでいると、体によくない。といって見せてくれたのが、国産納豆の成分を濃縮したサプリメントの「濃縮納豆」でした。

私は毎日ほとんど納豆を食べていたのですが、アレルギー症状を抑える量には足りなかったのかもしれません。確かに日本人の体質には納豆が合うでしょうし、納豆の成分を凝縮したサプリなら効果も期待できます。

濃縮納豆を飲み始めて、1週間後、いつになく快便だったのをよく覚えています。それまで、便通は1週間に1回しかありませんでした。下剤の効きもいまひとつで無理に出そうと下剤を増量すると下痢になって大変なことになりました。

しかし、その後は1日1回、決まった時問に便が出るようになりました。「濃縮納豆が腸の働きを整えて、スギ花粉に対する抵抗力が強まったからなのか、昨年の春はくしゃみや鼻水がだいぶ減って、ほんとうに助かりました。これからも、花粉症の完治を目指して、濃縮納豆をとり続けていこうと思います。

20年間、悩み続けた花粉症の鼻水、のどの痛み、目の充血が濃縮納豆で全快

症状が年々軽減

花粉症になったのは、今から20年ほど前。九州の福岡から東京に引っ越してきたとたん、鼻や目に異常を生じました。

2月の節分が過ぎたころ、突然、くしゃみが立て続けに出て、止まらなくなったのが最初の自覚症状でした。
その後は鼻水が際限なく出て、目もかゆくてたまらなくなり、ほんとうにひどい状態に陥りました。

当初、私は、カゼを引いたにしては少しおかしい感じがしていました。しかし、くしゃみや鼻水がいっこうにいんこう治まらないため、耳鼻咽喉科を受診。

その結果、花粉症であることがわかりました。「近所にスギの木はないし、花粉で車や洗濯物が汚れたこともありません。自分の家族や親戚にも花粉症の人はいないので、花粉症という診断結果には驚きました。

医師は、車の運転中や仕事中に眠けを催さないように、眠くならないタイプの薬を処方してくれました。
それ以来、毎年2~4月、ときには5月のゴールデンウィーク明けまで花粉症に悩まされ、耳鼻咽喉科に通院し続けました。

私の花粉症は軽い部類に入るようですが、人前でくしゃみや鼻水が出るたびに恥ずかしい思いをしてきました。それで、何か花粉症を抑えるいい方法がないかと、いつも探していました。

国産納豆の成分を濃縮したサプリメントのことを知ったのは、2年前です。耳鼻咽喉科で治療を受けたさい、医師に紹介されました。

医師にすすめられたものなら安心だと思い、早速、濃縮納豆をとり始めてみました。すると、変化はすぐに実感できました。

3~4日間隔だったお通じが、ほぼ毎日になりました。その後も濃縮納豆をとり続けたところ、一昨年の春は花粉症の症状が軽く、くしゃみや鼻水もあまり出ませんでした。そして昨年も悩んだ症状が改善しました。

花粉症や便通が改善された状態を維持するため、これからも濃縮納豆をとり続けたいと思っています。私の場合、便秘症状が改善しはじめてから体調がよくなってきました。なんとなく「いいかな?」という感じがとても大事だと思いました。

濃縮納豆のおかげで花粉症症状が年々軽くなっている、鼻水、目やには特に上々

花粉症の症状がだんだん軽くなってきた

静岡在住 37歳 男性

私が花粉症を自覚したのは、20年ほど前。高校2年の終わりごろでした。

「いつになく鼻水がたくさん出て鼻がつまり、苦しくて夜眠れないのです。昼間も日ヤこがひどいため、コンタクトレンズが汚れて使えなくなりました。そして、耳鼻科を受診しました。花粉症との診断でした。

それ以来、毎年2月下旬~4月上旬ごろ、大量の鼻水・鼻づまりと目やにの症状に悩まされるようになりました。

耳鼻科では、点鼻薬を処方されました。しかし、薬をいくら使っても、症状は改善されませんdねした。その後は、花粉症の時期だけコンタクトレンズをメガネに替え、1日中マスクをつけて過ごしました。

花粉よけの頑丈なゴーグルや帽子・マフラーなどで完全武装したかったのですが、そんな姿で会社に出勤するわけにもいきません。
ひたすら症状を我慢して、花粉症の時期が去るのを待つしかありませんでした。

そんなとき、国産納豆の成分を濃縮したサプリメント「濃縮納豆」に出会ったのは、会社の部下に「花粉症の人におすすめのサプリだそうです」といって紹介されたのがきっかけでした。

以前から、納豆は週に1回ぐらいは食べていました。そのため、納豆で花粉症が防げるといわれても、すぐにはピンときませんでした。

とはいえ、ほかにいい方法もなかったので、「濃縮納豆」を試してみることにしました。「濃縮納豆は、朝起きてすぐにとることにしました。妻も濃縮納豆をとったところ、すぐにお通じがよくなったと喜んでいました。

私のほうは、もともと便通がよかったので、花粉症の時期になるまで変化が実感できませんでした。

そして、この春、花粉症の症状が、なかなか出ないことに気づきました。例年と比べて、花粉症の症状が出ている期問が、明らかに短かったのです。

これはやはり、濃縮納豆のおかげだと思います。花粉症の期問は短くて済み、症状も軽かったような気がします。花粉症の時期が去っても、濃縮納豆は続けています。

今年の春は、症状がさらに改善されるに違いないと、楽しみにしています。