塩ヨーグルトは毎食活用、もう20年も便秘知らず

煮物、焼き物、蒸し物、揚げ物にも活用

最近は、「塩ヨーグルト」の効果が注目されていますが、私は30年以上も前から、ヨーグルトにマスタードやしょうゆなどを合わせるといった工夫をこらして、さまざまな料理にヨーグルトを使ってきました。

そして、ヨーグルトから乳清(ヨーグルトの固形分を分離したさいに得られる液体で、ホエーとも呼ばれる)を抜いた水切りヨーグルトが、フレッシュチーズのような食感になることを知り、それに塩を加えた水切り塩ヨーグルトを料理に活用するようになりました。

水切り塩ヨーグルトの作り方は簡単で、市販のプレーンヨーグルトを水切りした後に、ほどよく塩を加えればできあがりです。酸味が少なくなるので、ヨーグルト特有の酸っぱさが苦手だった人も、抵抗なく食べられます。

水切り塩ヨーグルトは生クリームやホワイトソースの代わりに使え、ソースにも調味料にも、スープの材料にもなります。クリームチーズやモッツァレラチーズの代わりにも使えるうえ、チーズより低カロハリーなので、とてもヘルシーです。

水切りをしない塩ヨーグルトは、漬け床として活用できます。季節の野菜を漬ければ、さっぱりとした味の浅漬けが簡単に作れます。さらに、塩ヨーグルトには肉のすじの繊維をほぐして軟らかくしたり、魚などの生臭さを抑えたりする働きもあるので、肉や魚の漬け置き料理にも使えます。

このほかにも煮物、焼き物、蒸し物、揚げ物など、どんな調理法でも活用でき、応用範囲がとても広いのです。また、水切りのときに出る乳清は、たんばく質やカルシウムなどの栄養分がたくさん含まれており、ハチミツやショウガを加えることで、栄養価が高くおいしい飲み物を作ることもできます。

腸内を正常化すると肌はどんどん若返る

私がヨーグルトを初めて知ったのは40年前。実は、そのころの私は頑固な便秘に悩んでいました。便秘薬を使うのは当たり前で、お通じが1週間に1度もないこともめずらしくありませんでした。それが、ヨーグルトを毎日食べるようになったら、便秘はすっかり解消してしまいました。

塩ヨーグルトを食べるようになったのは25年ほど前からですが、それ以降、便秘に悩むことは全くなく、病気知らずの元気な毎日を過ごしています。肌ツヤもよくなって、肌トラブルも皆無になりました。塩ヨーグルトの効果をさらに高めたい人は、入れる塩を精製塩ではなく、自然塩にするといいでしょう。塩に含まれているナトリウムをはじめとする微量のミネラルも、腸林幸子先生の働きをよくしてくれます。

乳酸菌の働きを活性化しヨーグルトの便秘解消効果をアップさせる「塩ヨーグルト」

更年期に増えた抜け毛が シルクアミノで改善し、ウィッグも不要になった

不規則な生活で食習慣と生活習慣が乱れそこに更年期も重なってつむじ周りが薄くなってしまった

私は10年ほど前から介護関連の会社を運営しています。

経営は順調で、仕事にはやりがいを感じています。ただ、仕事優先の生活をしているので、食事や睡眠がどうしても不規則になりがちです。そのせいか、慢性的な首と肩のこりに悩んでいました。こりがひどいときには、仕事の合間にマッサージや鍼灸院で施術を受けていました。

2年前ほど前から、更年期特有の不快症状も気になりはじめていました。生理が不規則になり、ほてりや発汗といった症状が出はじめました。食事をとるとかーっと熱くなったかと思うと、すぐに寒気がするほど冷えたりしていました。
また、もともとコシが弱くて少なかった髪がさらに細くなり、髪全体が薄くなったように感じていました。

更年期の不定愁訴に効果があるという漢方薬を飲みはじめたところ、生理不順やほてり、発汗といった症状は和らぎました更年期の漢方薬はこちらです。ところが、薄毛の悩みは改善されませんでした。

洗髪のたびにごっそりと髪が抜け、手に抜け毛がからみつくようになりました。合わせ鏡で確認したら、つむじまわりの地肌が透けて見え、ほんとうにショックでした。思ったよりも薄毛が進んでいたので、ウイッグを使いはじめました。ウィッグは、見た目にはなじんでいるのですが、いつも違和感を覚えていました。汗ばむ季節になると頭皮が蒸れて、かゆくなるのも悩みでした。

仕事の合間を見て、育毛のカウンセリングをしている美容院にも通いはじめました。

美容院で髪の状態を確認してもらったところ、毛根に脂が多く、毛穴がつまっているといわれました。私は揚げ物が好きで、深夜の帰宅後にとんかつやてんぶらを食べることも珍しくありません。でも、美容師さんに、健康な髪のためには不規則な生活を見直すべきだといわれたので、バランスのよい食生活を心がけるようにしました。

少し高価な塗るタイプの育毛剤も試しましたが思ったような効果は感じられませんでした。

透けていた地肌が目立たなくなり髪にコシが戻った

ちょうど、そんなとき、仕事で知り合ったお客さんの紹介でシルクアミノのことを知りました。その方の話によれば、シルクアミノの有効成分であるシルクアミノ酸には、健康な髪に欠かせない18種類のアミノ酸が含まれていて、食べる育毛剤といわれているそうです。もともとシルクの肌触りが好きで、肌に直接ふれる下着はシルク製のものを選んだいたので抵抗感はなくいいものではないか?と思いました。

初めは多めに飲んだはうがいいと思い、朝・昼・晩の食後に2粒ずつ、1日計6粒のシルクアミノを飲みはじめました。

2週間ほどたったら、洗髪のときの抜け毛が少なくなっているように感じました。ただ、つむじまわりの薄毛は相変わらずだったので、ウィッグは手放せませんでした。見た目には髪に目立った変化はなかったのですが、首や肩のこりが以前よりもずいぶん軽くなったのが不思議でした。シルクアミノ酸には血流をよくする働きがあると問いていたので、こりが和らいだのはシルクアミノの効果に違いないと確信しました。

3ヶ月が過ぎるころには、髪にも変化が出るようになりました。透けて見えていた地肌が目立たなくなりました。まわりの人からは「以前よりも若く見える」といわれるようになったんです。おせじとはいえ、うれしかったです。

美容院で頭皮の状態を確認してもらったところ、毛穴のつまりが改善されていることがわかりました。

以前は1つの毛穴から1本しか髪が生えていなかったのに、シルクアミノを飲みはじめてからは2本以上の髪が生えている毛穴が増えているといわれました。

いまでは朝食後の2粒のみに減らして、シルクアミノを飲みつづけています。つむじまわりの薄毛はまったく気にならなくなりましたし、以前に比べても髪の1本1本が太くなってコシが出たように感じています。もちろん、ウィッグは使っていません。肌がきれいになって、化粧ののりがよくなったのもうれしい変化です。

シルクアミノ ワンポイントアドバイス

女性は更年期を迎えるころから、抜け毛の増加に悩む人が多くなります。女性ホルモンのエストロゲンには血流を促す働きすが、分泌量が著しく減少すると頭皮の血流も大幅に低下してしまいます。髪全体が薄くなって、ウィッグを使用して髪にボリュームを持たせる方も少なくないでしょう。

シルクアミノに含まれるシルクアミノ酸には、末梢血管を拡張して全身の血流を促進する働きがあります。頭皮の血流もよくなって、髪の製造工場である毛母細胞にアミノ酸が取り込まれ、育毛が盛んになるのです。コラーゲンの生成も活発になり、絹のようなツヤのある髪になるばかりか、うるおいのある肌をもたらすことも期待できます。

しわだらけの顔がコラーゲンで若々しく、ひざの手術も回避できた

50代の人よりも若々しいと言われる

3年前のことでした。めずらしく鏡を見て、絶句しました。ほおに太いタテジワが2~3本きざみこまれ、まぶたはちりめんジワでシワシワ。
肌は全体にカサカサで、水分が全くない、思わず目をそむけたくなるほど。あまりのショックに、数日は外出する気も起こりませんでした。

その少し前から、左ひざに痛みが出ていました。病院に行くと、軟骨がすれて痛みが出ているとの診断でした。

ひざが腫れて水がたまっていることもあり、病院の治療を受けていました。そこで思い出したのが、半年前まで飲んでいた粉末コラーゲンです。

当時は右ひざが痛くて飲んでいたのですが、いまの左ひざの痛みの比ではなく、歩くこともできませんでした。医師からは骨と骨がぶつかっているので、手術が必要だといわれました。

その手術を延ばし延ばしにし、通院しながらコラーゲンを飲んでいるうちに、半年ほどで痛みが取れたのです。おかげで手術はせずにすみました。

そして右ひざがすっかりよくなったので、粉末コラーゲンは飲むのをやめました。そのときは、まさか半年でこんなに顔がシワくちゃになるなんて、思いもしなかったのです。

私は、粉末コラーゲンを再び飲み始めました。以前と同じように、毎朝コーヒーにコラーゲンを10ml入れて、食事のあとに飲みます。こうして飲み始めて3ヶ月ほどで、左ひざ痛はすっかりよくなりました。

しかし問題は、顔のシワです。毎日鏡とにらめっこするたび気分は重くなり、買い物に出かけるのも憂鬱な日々が続きました。それでも、3月ごろには、シワは少し日立たなくなっていました。

4月になって、息子が訪ねてきました。年末に家に来て以来のことです。息子は私の顔を見るなり、「暮れのときはシワだらけだったけど、元に戻ったやないか。どうしたん? 」というではありませんか。

シワがなくなったんだ! そう思うと、天にも昇る心地でした。息子は、口には出さなかったけれど、やっぱり私のことをシワだらけだと思っていたのです。その後も近所の人から、「どうしたの? 肌ツルツルじゃない。50代の人よりきれいなくらいよ」といわれ、ますます自信を深めました。肌の衰えを少しでもくい止めるためにも、粉末コラーゲンは手放せません。

コラーゲンの粉末はこちら。 です。

アロエ+野菜のスープは食物繊維たっぷり痛痛風、胃炎、成人病予防に

アロエの効果の魅力は、「医者いらず」という通称に示されているとおり。高血圧や肝臓病、胃炎といった内科的な病気から、やけどやすり傷といった外科的なものまで、さまざまな症状に効果があることです。
その効果のもとは、アロエの葉皮に含まれる、数々の成分です。抗炎症作用のあるアロエウルシン、血糖値を下げるアルボラン、そのほかパルバロインやアロエマンナンなどと呼ばれる成分について、専門家が実証しています。

そういう葉皮の成分については専門家におまかせして、ここではぜリー状の葉肉に注目したいのです。ここには多量のたとうるい水分と、ムチン(多糖類)という水溶性食物繊維が含まれます。ムチンはネバネバした物質で、オクラやモロヘイヤなどにも多いのですが、これは、コレステロール値の上昇を抑えたり、ガンや老化の原因となる活性酸素の発生を防ぐ成分なのです。
これを大量にとるには、アロエそのものを大量に食べなければなりません。確かに、アロエの薬効をそのまま生かそうと思うと、生で食べるのもよいと思います。しかし、漢方の世界からすると、生のアロエは体を冷やす作用があり、「胃が弱い」、つまり胃腸が丈夫ではない人ですと、たくさん食べるのは無理です。

そこでおすすめしているのは、、アロエと野菜を煮込んだスープの形で、アロエの薬効をたっぷりとろうという方法です。

スープの材料は、かぶ、タマネギ、天日干ししいたけ、アロエベラ(キダチでも可) です。野菜を組みわわせるのは、これらに含まれるβ カロチンやカルシウムを体内にとり入れるためと、アロエの効果を倍増させるためなのです。
まず、かぶは昔から胃腸によい食べ物として、おろし汁などが使われてきましにんじんには、話題のβカロチンやビタミンA・B2が豊富で、貧血や疲労回復に抜群の食品です。

玉ねぎは善玉コレステロール(HDL)をふやし、また鎮静作用が期待できます。それに干ししいたけはビタミンDのかたまり。これがカルシウムの吸収を促進します。

このスープなら、胃腸が弱い人にもおいしく、たっぷりととることができます。そして長くつづけられるでしょう。おいしければ、体への吸収もよくなります。夏なら冷やしてもよいですし、おなかが敏感なかたは、あたためて召し上がってもいいでしょう。

つづけるうちに、必ず体質が変わってきます。つうふう痛風や糖尿病、胃炎といった慢性症状に悩む方た、成人病予防を考える方には最高のスープです。

材料

  • アロエ/5~7cm
  • かぶ/2個
  • たまねぎ1個
  • テキスト
  • にんじん/1本
  • 天日干ししいたけ/1個
  1. 材料はすべて同じ大きさに切って、ガラス製またはステンレス製の鍋に入れる
  2. 材料の3倍程度の量の水を加え、まず強火で沸騰。その後弱火で2時間煮込む
  3. 煮汁をざるでこすとアロエスープが完成
  4. 水差しなどにいれ冷蔵庫で保存。1日600ccを目安に

アロエの効果はこちらでたくさん紹介されています。

健康診断でも太鼓判黒酢の効能

黒酢は冷えた体も温める

黒酢の産地として有名な鹿児島県に住んでいるため、黒酢はいつも身近な存在です。地元では「あまん」といって、子供からお年寄りまで定番の食品です。

ふだんは、お漬け物や酢の物、サラダなどに使ったり。お刺し身も黒酢で食べるのがあたりまえですね。お客さまが来られたときも、お茶やジュースがわりに黒酢の水割りを出しますし、
手土産に差し上げることも。

郷土料理の湯なますにも、黒酢を使います。じつは、湯なますは「黒酢のりスープ」をアレンジしたような料理。作り方は、せん切りにした大根とにんじん、ぶつ切りのいわしをだし汁に入れて、黒酢を加えてでき上がりの簡単レシピです。これに、のりを入れれば、アクセントになってさらにおいしくなるんです。

ホルモンを増加して若々しい体に

黒酢をふんだんにとり入れている食生活のおかげか、75才になったいまでも、健康そのもの。ここ数年でカゼをひいたり、寝込んでしまうようなことは一度もありません。
黒酢を毎日とっているおかげで、血液はサラサラの状態です。休も心も毒々しい!りにした大根とにんじん、ぶつ切りのいわしをだし汁に入れて、黒酢を加えてでき上がりの簡単レシピのおかげです。
これに、のりを入れれば、アクセントになってさらにおいしくなります。。疲れがたまることもありますが、そんなときには「黒酢のりスープ」や酢の物をたっぷり食べます。

疲労回復には甘いものとよくいいますが、酢のほうが効果が高いように感じます。健康診断でも、どこも異常は見当たらないといわれます。この年で、血液もサラサラとのこと。ありがたいことに、便秘とも無縁なんです。
黒酢には、アミノ酸やビタミンC、クエン酸などが豊富に含まれていますし、酢には唾液をつくる働きもあるんだそうです。唾液にはホルモンを増加させる力があるらしいので、こんなに元気でいられるのは、きっとそのおかげなんでしょうね。これからも、黒酢の健康パワーで、元気に笑顔で過ごしていきたいと思っています。

黒酢のりスープの作り方

  1. もみのり2~3g 、黒酢大さじ1 、お湯150ml、しょうゆ小さじ1/4を用意する
  2. すべての材料をカップに入れる
  3. かきまぜるだけで黒酢のりスープの完成

おすすめの黒酢

夏に多く発生するむずむず脚症候群が不眠の原因に

夕方~夜にかけて症状が悪化する

むずむず脚症候群とは、どんな病気なのでしょうか。むずむず脚症候群は、欧州では17世紀から知られている病気ですが、日本ではごくごく少数でした。名前も聞いたことがない人も多いかもしれません。

ところが近年、日本でも、むずむず脚症候群に悩まされる人が急増しているのです。最近の調査では、日本人の2~5% がむずむず脚症候群にかかり、患者数は推計で130~200万人にのぽることが明らかになりました。

女性は男性の約1.5倍発症しやすく、40代以降に増加し、最も多いのは60~70代という調査結果もあります。
また、鉄分の欠乏による貧血の人や、糖尿病の初期段階にある人は、むずむず脚症候群を発症しやすいとされています。貧血の予防と治療はこちら。

さらに、慢性の腎臓病で人工透析を受けている人では、約28%にむずむず脚症候群が見られます。むずむず脚症候群は、夕方から夜にかけて、じっと座っているときや横になっているとき、足のひざから下の部分に蟻走感が現れたり、強まったりするのが一番の特徴です。

また、梅雨時から夏場にかけて、症状が悪化する人も少なくありません。これは、気温の上昇によって血管が拡張するためと考えられます。当然、冬期間でも発症します。
症状については、

  • ふくらはぎを小虫がはいまわるようなむずがゆさ
  • 電気が流れているようなビリビリ感
  • ジンジンとしたしびれ感
  • 針でつつくようなチクチク感

また、「かきむしりたくなる」「足がほてる」と訴える方もいます。むずむず脚症候群は、一般に広く知られた病気ではありません。そのため、夏は虫さされ・あせも・じんましんなどと、冬は座骨神経痛や皮膚の乾燥などと問違われることもあります。

しかし、むずむず脚症候群の場合、皮膚の素面ではなく奥のほうに症状を感じます。さらに、症状が起こると「足を動かしたい」という強い欲求にかられるのも、むずむず脚症候群の特徴です。むずむず脚症候群が始まると、夜、床に就いてもなかなか寝つけなかうたり、何度も日が覚めたりします。
睡眠中も、寝返りを頻繁にくり返したり、物を蹴飛ばすように足先やひざが跳ね上がったり、数秒間のけいれんが断続的に起こったりします。そのため、睡眠時問をたっぷり取っても寝不足な感じが抜けず、昼問も疲労感や足のだるさが残ってしまうのです。

鉄分やビタミンB群が必要

むずむず脚症候群の原図は、まだはっきりとは解明されていません。今のところ、脳内のドーパミンという神経伝達物質がかかわっているという説が有力です。

ドーパミンには、運動や感覚をつかさどる神経の興奮を抑える働きがあります。ドーバミンは鉄を媒介として生成されるため、鉄が欠乏するとドーパミンの合成ができなくなって、脳内でドーパミン不足が起こります。その結果、運動や感覚をつかさどる神経が異常に興背し、むずむず脚症候群が発症すると考えられているのです。むずむず脚症候群は、同じ家系の人に多発することから、遺伝も疑われています。

また、パーキンソン病、妊娠、葉酸(ビタミンB群の一種)の不足、抗うつ薬の副作用なども、むずむず脚症候群の原因になると考えられています。実際に、パーキンソン病の治療薬を飲んで、足のムズムズ感が解消した例が報告されています。

しかし、むしろこうした病気や薬の副作用、遺伝・妊娠などに当てはまらない人のほうが多いと考えられます。そうした人のムズムズ感や不眠は、睡眠導入剤を服用しても彗Hされません。だからといって、むずむず脚症候群を放置すれば、夜間ばかりか昼問も症状が起こったり、足以外の部位にまで、ムズムズ感が広がったりします。

むずむず脚症候群が悪化したせいで、職場で早退・欠勤をくり返す患者さんも少なくありません。現在では治療薬も問発されているので、症状がひどい場合は病院を受診するのが賢明です。その場合、睡眠専門医、あるいは神経内科医を受診してください。

自分でできる対処法としては、食事では、鉄分を多く含むレバー・赤身の肉・ホウレンソウ・ブロッコリーなどを模極的にとり、ビタミンB群や、血流を促すビタミンEも補給するといいでしょう。逆に、カフェイン、アルコールのとりすぎや喫煙は、症状を悪化させるので、控えるようにしましょう。ウォーキングのような、軽い運動もおすすめです。ただし、激しすぎる運動は、かえって症状を悪化させるので、控えます。

関連情報


むずむず脚専用マッサージクリーム【HQLスムージングマッサージクリーム】