15年以上も繰り返した円形脱毛症がシルクアミノで改善

10代から受験、仕事などのストレスで円形脱毛症が続く

私は、高校生の頃から円形脱毛症に悩まされていました。

大学受験のストレスが大きかった時期のことです。ふとしたときに後頭部の右側を触ったら、冷たくてツルツルとした感触が指に伝わりました。母に見てもらうと、直径2センチほどの円形脱毛症ができていたんです。このときは、受験勉強をしながら皮膚科に通ったり、大学に合格したことでストレスから解放されたおかげか、円形脱毛症は3ヶ月ほどで治まりました。

大学時代は頭皮のトラブルとは無縁でしたが、就職を機に再び円形脱毛症に悩むようになってしまいました。

入社してまもなく、500円玉くらいの大きさの円形脱毛症が2つできてしまったんです。初めての1人暮らしと会社での慣れない仕事が重なって、大きなストレスを感じていたことが原因だったように思います。

皮膚科で注射による治療を受けたところ、円形脱毛症は治まったのですが、それから頻繁に起こるようになってしまいました。

髪を長く伸ばしているので、結んだりおだんごにしたりと、いろいろな髪形で円形脱毛症をごまかしました。でも、何とかして根本から改善したいと思い、皮膚科を転々としました。

子どものころにアトピー性皮膚炎と診断されたことがあり、大人になってからは花粉症に悩んでいました。医師の1人に、アレルギー体質の人は円形脱毛症になりやすいと指摘されました。

ストレスも大きな原因だと、言われました。ストレスによる血流悪化を改善するため、首や首をマッサージすることも大切だと言われました。

毎日、頭皮のマッサージや上半身のストレッチを行うほか、育毛効果のあるシャンプーを使いはじめたそうです。さらに、ストレスを解消するために犬を飼うようになりました。いわゆる癒やし効果です。

ペットとの生活は子どものころからの夢だったので、犬とのふれあいでストレスが緩和されればと思ったんです。でも、犬飼うことは思っていたよりも大変で、仕事が忙しい時期になると満足に世話ができません。そんな自分にイライラしてしまい、よけいにストレスがたまることもありました。

皮膚科の治療なしで脱毛が改善

ちょうど、仕事の部署異動があり、それがきっかけでまた、円形脱毛症ができてしまいました。それをその異動先の気の合う、同僚に相談したところシルクアミノを紹介してもらいました。

シルクアミノに含まれるシルクアミノ酸には、抜け毛を改善する働きやストレスを和らげる働きが期待できると聞き、すぐに試してみたくなりました。それまでは、体の外側からの手入ればかりに関心がありました。体の内側から髪をケアするという考えがとても新鮮に思えました。早速、シルクアミノを購入し、朝・晩の食後に2粒ずつ合計4粒を飲み始めました。

円形脱毛症が起こると必ず、首と肩のこりが辛くなります。シルクアミノを1週間飲みつづけたら、こりや痛みがスーツと引いていきました。3週間が過ぎると、円形脱毛症の部分に産毛が生えてたのです。皮膚科での治療をせずに髪が生えてきたのは初めてだったので、ほんとうにビックリでした。あらためてシルクアミノの効果を実感し、「円形脱毛症になっても、シルクアミノを飲んでいれば大丈夫」という安心感が強く芽生えました。

シルクアミノを飲みはじめて3年近くになりますが、円形脱毛症の再発はありません。髪の健康を取り戻してから、夫と犬といっしょに過ごす時間を心から楽しめるようになりました。

円形脱毛症は年齢を問わずに起きる

円形脱毛症は年齢を問わず若い人から高齢者まで起こりますが、患者数は女性のほうが5倍ほど多いといわれています。仕事熱心で、性格的にまじめな人に多く見られ、ストレスが原因の1つと考えられています。

円形脱毛症を繰り返し起こる人も少なくありません。円形脱毛症を防ぐには、まずはストレスを発散することが大切です。同じようなストレスや悩みを持つ友人や仲間と話し合い、コミュニケーションを持つといいでしょう。とはいえ、ストレスを解消するのはなかなか難しいものです。シルクアミノ酸にはストレス緩和に役立つトリプトファンなどのアミノ酸が豊富に含まれ、円形脱毛症の改善が期待できるのです。

白髪染めで傷んで細くなった髪がシルクアミノで蘇った

帽子が好きで外出時には欠かさずにかぶっていたら薄毛が進行

白髪染めが手放せず、薄毛も気になっていました。でも、シルクアミノのおかげで髪の悩みを解消することができてとっても嬉しく思っています。

月に1度行われる、学生時代の友人たちとの食事会が楽しみの1つです。ふだんはお化粧などとは無縁の生活ですが、食事会のときにはきちんと化粧して、おしゃれをして出かけます。月に1度の食事会があるおかげで、毎日の生活にハリが出ているようにも思います。

歳をとると本当に出かける用事は、食料品の買い出しと通院ぐらいのものです。楽しみを見つけることさえも苦労だったりします。

長年、食事会で会う友人たちにも相談できない悩みがありました。

40代後半からこめかみの生え際あたりに白髪が目立ち始めました。50歳になる頃には白髪染めが欠かせなくなりました。もともとコシがあり、ツヤもあり、「髪がきれいですね」とほめられることが多かったんです。でも、月に1度、白髪染めをしているうちに髪のツヤやコシが失われて、ボリューム感がなくなってしまいました。ボリュームを出そうとパーマをかけたのですが、失敗してしまったので、それ以来、外出のときには必ず帽子をかぶるようになりました。

帽子は髪の悩みを手軽に隠せるアイテムでした。ところが、帽子を常用することで新しい悩みを抱えるようになったとか。「暖かい季節にずっと帽子をかぶっていると、頭皮が蒸れてしまいます。頭皮の負担になったのか、抜け毛がいっそう増えてしまい、床掃除のときにフローリングの掃除用シートに抜け毛がごっそりとつくようになったんです。また、年に何度かは友人たちと温泉や食べ歩きといった小旅行に出かけりているのですが、旅行中にずっと帽子をかぶっているわけにはいかず、理由をつけては誘いを断るようになりました。

白髪染めの回数が減り外出も楽しめるように

シルクアミノとの出会いは、そんなときでした。友人に話したら紹介してもらいました。友人のご主人も薄毛で悩んでいて、外出時には帽子を手放せない時期があったとのこと。ですから、もしかして私も薄毛で悩んでいるのではないかと気にかけてくれていたんです。
シルクアミノを飲みはじめてからご主人の薄毛が嘘のようによくなったと聞き、私も試してみたいと思いました。早速、シルクアミノを購入。朝・晩の食後に1粒ずつ、1日計2粒を飲みはじめました。すると、まず、最初の変化は、手足の冷えが改善されたことです。
ひどい冷え症で、夏以外の季節は靴下を2枚重ねないと足が冷たくて眠れないほどの冷え症でしたが、シルクアミノを飲みはじめて3週間ほどたったころから、ふろお風呂上がりに素足のままでいても足が冷えず、指先までホカホカと温まっているような感覚がありました。効果を実感したので、白髪と薄毛の改善を期待して飲みつづけることにしました。

シルクアミノを飲みはじめて4ヶ月が過ぎるころには、以前ほど白髪が気にならなくなりました。白髪染めをして1ヶ月以上たっても、白髪がさほど目立たない! とに気づきました。合わせ鏡で髪を確認してみたら、白髪の量が減っていることがわかりました。髪にふれると全体にコシが出ているように感じました。

半年後には、ボリュームが戻り、白髪も一段と少なくなりました。白髪染めは2ヶ月に1度ですむようになりました

以前は髪全体を染めていたのですが、いまでは白髪が気になるこめかみ付近の部分染めだけになりました。薄毛も白髪もはとんど気にならなくなったので、帽子をかぶらずに外出できるようになり、旅行にも気軽に出かけています。

季節の変わりめには必ず風邪をひいたり体調を崩すことが多かったのですが、シルクアミノを飲みはじめてからは体調も良好です。

必要な栄養をきちんととることの大切さを実感したので、食事にも気を配るようになりました。前回の食事会では、有機野菜を使った料理を食べに行きました。
白髪染めの回数が減ったのシルクアミノのおかげです。

日本人特有の老化現象

日本人の場合、35歳前後から白髪が生えはじめるといわれ、白髪染めを多用する人も多いと思います。白髪は老化が最大の原因で、髪の色素であるメラニンを作る能力がしだいに衰えることで増えるようになります。

また、ストレスは白髪にとって大きな要因です。体にストレスがかかると、毛細血管が収縮して黒髪を作るもうぼ毛母細胞の働きを弱めてしまうからです。白髪を防ぐには食生活の改善が大切です。肉や魚などのたんばく質は、髪の色素となるアミノ酸の原料となります。こうした食品を十分にとることを心がけながら、18種類の良質なアミノ酸がバランスよく含まれ、吸収率も高い、シルクアミノ酸を利用するといいでしょう。

シルクアミノは、髪の色素を 増やし白髪減少、ストレスを 和らげて円形脱毛症もしっかり治す

シルクアミノはこちら。

ストレスがたまると髪の色素を生み出すアミノ酸を消費させ白髪が増加する

女性の薄毛や抜け毛は、ホルモンバランスの変化や偏食・節食、過剰なダイエットによる栄養不足が主な原因ですが、それだけではありません。それは、ストレスです。現代人はストレスが多く、これが大きな原因になっている人が多いのです。

強いストレスにさらされると、体を活動的な状態にする交感神経の働きが高まって血管が強く収縮します。同様に、強いストレスによって頭皮の毛細血管が収縮しつづけると、毛根への栄養補給がとだえてしまいます。その結果、抜け毛や薄毛だけでなく、コインのように丸く脱毛する「円形脱毛症」が起こることもあります。目立ちますが、患者数は女性が1.5倍も多いのです。

ストレスは白髪の発生にも関係しています。まずは、白髪が増えるしくみです。
髪の製造工場といわれる毛母細胞から生み出される髪は、もともと色がついておらず透明です。毛母細胞は、メラノサイト(色素細胞)で作られるメラニンと呼ばれる色素を取り込みながら髪を育成していくため、髪に色がついてきます。メラニンは、チロシンやフェニルアラニンというアミノ酸を材料として作り出されます。

多くの日本人は、遺伝的に黒褐色のメラニンが合成されて毛母細胞に吸収されることで、黒髪が作られていきます。しかし、一般的には30代後半~50代前半から白髪が目立つようになります。最初に側頭部の鬢あたりから白髪が目立ちはじめ、しだいに全体へ広がっていきます。

年を取ると、メラニンを合成する機能やメラニンを取り込む機能が衰えてきます。さらに、メラノサイトの数も減少するため、黒髪が抜けて生え変わるときに白髪になってしまうのです。一方、ストレスを受けると、脳内でストレス緩和に役立つセロトニンという物質が多く分泌されます。セロトニンはトリプトファンなどのアミノ酸を材料として作られ、ストレスを受けると大量に消費されます。すると、メラニンの合成に必要なアミノ酸が不足します。

ストレスを長期間受けつづけると、ノルアドレナリンという物質も大量に分泌されます。ノルアドレナリンには、メラニンの形成を助けるドーバオキシターゼという酵素の働きを阻害する性質があります。そのため、ノルアドレナリンの分泌量が増えると、メラニンを作る酵素の働きが弱められます。
このようにして加齢やストレスは、白髪を増やす原因となるのです。

シルクアミノにはストレスを緩和するアミノ酸が豊富で若々しい黒髪が復活

いったん生えた白髪が黒髪になることはありません。しかし、薄毛や円形脱毛症で減った髪を増やしたり、白髪が抜け落ちた後に新しく生える髪を黒髪によみがえらせたりする方法がないわけではありません。絹から抽出されたシルクアミノ酸は、黒髪の復活に極めて有効な手段の1つです。

シルクアミノには、人間の体内で合成できない必須アミノ酸など18種類のアミノ酸が含まれています。その中には、メラニンの材料になるチロシンやフェニルアラニン、セロトニンの材料となるトリプトファンも含まれています。しかもシルクアミノ酸の吸収率は90% 以上と、非常に優れているのです。

シルクアミノ酸をとるのに最適なのが、シルクアミノです。シルクアミノを飲んでアミノ酸が確実かつ達やかに毛根まで届けば、毛母細胞の働きやメラニンの合成が活発になるだけでなく、ストレスを緩和するセロトニンの分泌も増えて円形脱毛症が改善し、黒髪の復活が期待できます。

シルクアミノは気になる頭皮の血流をアップさせ艶やかなコシのある髪質にかえてくれる | 100種類のサプリメントの効能と効果