大腸ガンの術後がベータ1.3Dグルカンで良好

体力の回復が早い

大腸ガンが見つかったのは、平成3年前のことでした。初めて受けた検診で固まりのガンが見つかり、手術の結果、大腸進行ガンと告知されたのです。この時期のことは自分でも動転してしまいあまり覚えていません。それほどショッキングな告知でした。
大腸ガンについて詳しくはこちら。

自覚症状のようなものは、少し前からありました。当時、貧血がひどく、起きていることができないほど体力が低下していました。ずっとふとんに入ったままで意識も朦朧とし、食事も1日に1食すらとることができない状態だったのです。

しかし、そのときは更年期の鬱による過睡眠だろうと思い込んでいたのです。「更年期はなかなかよくならないなぁ」と考えていました。まさか、ガン性出血で貧血になっていようとは思いもしなかったのです。

ガンを告知されてから2ヶ月後、手術を受けました。手術は成功したものの、そのときはまだまだ安心できませんでした。というのも、ガンの再発が非常に心配だったからです。

大腸ガンの場合、手術から2年以内に再発する確率は、およそ80%だと病院の大腸ガンのパンフレットに書かれていました。

なんとか再発を防ぎたいと思う心で、私は、ガンや免疫力に関する本をたくさん読み、免疫力の強化に役立つとすすめられた健康法を次々と試しました。

そうして試行錯誤をくり返すなか、「これはよさそうだわ」と行き着いたのが、パン酵母抽出のベータ1.3Dグルカンだったのです。雑誌で、「免疫力を高める効果がある」と紹介されているのを見つけ、さっそく、飲んでみることにしました。

飲み始める前は、すぐに疲れてしまい、ろくに家事もできないほどでした。

ところが、ベータ1.3Dグルカンを飲むようになって、家事を少しできるようになり、やがて不自由なく日常生活を送れるほどにまで回復できました。

なによりうれしいのは、ガンが再発せずにすんでいることです。ガンを患った者にとって、再発はまさに恐怖ですこれからは年に1回、定期検診を受けていきますが、手術から3年たったいまでも、再発はなく、転移も見つかっていません。

いざというとき、ありがたかったのは、同性の友人です。「よい人生を送っている人は例外なくよい友人を持っている」という言葉をかみしめています。

不安と絶望に負けず、「何年かかってでも、免疫力を高めるしかない」と、ベータ1.3Dグルカンを試して、本当によかったと心から思っています。

β1.3Dグルカンは抗腫瘍作用が強力で免疫力を改善、抗がん作用も

免疫システムの最重要ポイントとなる腸内の腸管免疫を強化する

最近、現代人の免疫力の低下が大きく問題視されています。不摂生な生活習慣が原因で免疫力が低下し、体調をくずす人は少なくありません。そして体調を崩してもなかなか回復しないケースが多いのも特徴です。
現在、生活習慣病などを予防するためにも、免疫力を高めようとする治療法や健康法が注目を集めています。その有効な方法の1つが、免疫作用のある成分をとることです。

なかでも、米国医療ジャーナル誌で6000例以上の研究論文が発表され、各国の研究機閑から注目されているのが、パン酵母抽出のベータ1.3Dグルカンという成分です。

そもそも人間の体には、自然免疫と呼ばれる、生まれつき備わった生体防御機構があります。その中心的な役割を果たしているのが、マクロファージと呼ばれる免疫細胞です。

マクロファージは、ウィルスや細菌など、体内に侵入したさまぎまな異物をすばやく食べて処理します。また、キラーT細胞などの免疫細胞に、ウイルスやガン細胞の情報を渡す重要な役割を担っています。

キラーT細胞は、インフルエンザなどのウィルスやガン細胞を攻撃する免疫細胞です。こうした働きは、後天的に身につくもので、自然免疫に対して、獲得免疫と呼ばれます。

なかでも、最近とくに注目されているのが、「腸管免疫」でⅧす。腸管免疫とは、腸で機能している免疫システムのことです。腸壁を刺激して、この腸管免疫を強化してくれるのが、ベータ1.3Dグルカンなのです。

ベータ1.3Dグルカンを摂取すると、腸壁が刺激されます。腸壁には、マクロファージが多集結するバイエル板という粘膜があります。ベータ1.3Dグルカンは、この粘膜を介して、マクロファージを活性化しま私自身、ベータ1.3Dグルカンを用いて、非常によい感触を抱いています。

ガンの術後の化学療法がうまくいかなかった方や、インターフェロンの適用外の方には、ベータ1.3Dグルカンが適していると考えています。

また、基礎的な治療法とベータ1.3Dグルカンを併用することによって、治療の効果が高まるといえます。

人間は誰でも加齢により、それだけで体は衰えていきます。そうした意味では、今後、ベータ1.3Dグルカンが有効な人は増加する一方だと思われます。

次々に効果を発揮(ガン、白血球、肝臓など)

実際にベータ1.3Dグルカンを飲んで改善した例です。

肺ガン

3年前に肺ガンを発症し、ここ最近はゲフィチニブ(イレッサ)というガン治療薬を飲んでいました。

ベータ1.3Dグルカンを飲み始めたのは今年の5月からです。CEAという腫癌マーカーの数値が上がってきたため、ベータ1.3Dグルカンを選択肢に入れました。最初は1日に2粒飲み、6月から1日3 ~4粒に増量しました。

7月の半ばにゲフィチニブからティーエスワンに薬が変わったことも関係しているかもしれませんが、120あったCEAの数値が、現在では60以下に下がっています。現在、体調は大変良好です。

慢性骨髄白血球

約8年前に慢性骨髄性白血病を発症し、7年前に骨髄移植済みの方です。

今年になって再発し、再び治療開始しました。今回受けた治療法は非常にGVHDが起こりやすいため、通常数回に分けて徐々に輸注量をふやしていきます。1回めの治療後より、ベータ1.3Dグルカンを飲み始めました。

2度めの治療後、GVHDもなくデータが改善しました。そのため、当初予定していたあと1~2回の治療は行わず、ベータ1.3Dグルカンを服用し経過観察となりました。現在、完全寛解も目前で体調はとても良好で安定しています。

肝臓の数値が改善

十数年前から肝機能値が高く、とくにγ-GTPは200を超えていましたが、いまでは正常範囲になりました。現在、ベータ1.3Dグルカンのほかには、とくに服薬もありません。いままでいろいろなものを試しても、数値の改善はみられませんでした。ですから、肝機能値の低下は、ベータ1.3Dグルカンのおかげです。

ガン患者に評判の健康食品で紹介されているハナビラタケ増強食のハナビラタケには強い抗ガン作用のあるβ(1-3)グルカンが多く含まれ、ガン患者さんに試した臨床試験が日本癌学会でも発表されています。
こちらのサイトではハナビラタケBIOバイオ」を紹介していますが、ハナビラタケBIOMH3は、ハナビラタケ抽出物(特許第4183326号)特許原料で安心の商品です。さすがにガン患者さんに評判と謳うサイトで紹介されているだけであります。

今後は、ガンになることを防ぐことも大事なファクターではありますが、ガンに負けない免疫力をつけることも大事になるように感じます。インフルエンザが流行していても免疫力が強く体に体力があればうつらないようなイメージです。環境も昔に比べたらよくないですし、野菜なんかも農薬がかなり使われていたりしてビタミンなどの栄養も減っていますがその中でどうやって生き抜くか?がポイントになりそうです。