いびき防止に効果的な鼻輪

人によってはその日のうちにいびきが消える

鼻につけるだけでいびきをかかなくなるという不思議な鼻輪の紹介です。この鼻輪は、弾力のある樹脂でできていて、「コ」の字型をしています。
これを、鼻中隔(鼻の穴と穴との間の部分)を挟むようにしてはめるだけで、いびきが消えるというものです。

たいていの人が、つけたその日から効果を認めています。いびきは、本人の睡眠の妨げになるだけでなく、家族にとっても安眠の妨げになります。
そうした悩みを持っている人に鼻輪はとても有効な安眠グッズなのです。なぜこの鼻輪にこのようないびき防止効果があるのかははっきりとわかっていませんが、推測すると次のようなことがいえると思います。

まず、鼻輪をつけることで鼻中隔が刺激を受けます。それが交感神経(意志とは無関係に体のさまざまな働きを支配・調節している自律神経の一種)に伝わって、そ刺激が副腎のアドレナリンの分泌を促します。

アドレナリンとは、血管や心臓の働きを高めるホルモン物質ですから、アドレナリンが分泌されると、鼻の部分の血液循環が改善され、鼻の通りが明らかによくなります。鼻の通りがよくなれば、自然な鼻呼吸ができるようになるので、いびきをかきにくくなり、熟睡できるようになるというわけです。

鼻輪をする際、注意していただきたい点があります。鼻の穴の入り口から1cmほど奥の内側(鼻中隔)の下のあたりを医学用語で「キーゼル・バッハ氏の部位」と呼びますが、この部分は毛細血管が集中しています。
一般に、鼻血の90% はここから出るとも考えられている部分なのです。この鼻輪をつけるときは、このキーゼル・バッハ氏の部位を避け、なるべく鼻の穴の入り口近くにつけるとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です