クワンソウで浅い眠りが改善

薬なしでは不安

降圧剤の服用が原因で、不眠に悩まされるようになりました。「15年ぐらい前になりますが、その日は朝から首の後ろ側がひどくこっていて、商が重いと感じていました。そして昼ごろ、急に気分が歩くなりました。
病院に行くと、最大血圧が200mmHg近くもあり、降圧剤を服用することになりました。無理をしたつもりはないのですが、仕事のストレスが重なって高血圧になったのかもしれません。

最大血圧は、降圧剤を服用しはじめて約1週間後に、正常値まで下がりました。ところが、降圧剤の副作用で、夜に眠っても途中で目が覚めるタイプの不眠を招いてしまったのです。「寝つきは悪くないのですが、眠りが浅く、深夜1~2時ごろに目が覚めてしまいます。
一度日が覚めてしまうと、再び寝つくことがなかなかできず、布団の中で数時問は悶々としていることがよくありました。

このようにして十分に眠ることのできない日が何日もきました。その影響で、朝起きても体がだるく、頭の中がモヤモヤとしている感じの違和感気になりました。
そのため、病院の医師と相談したうえで、降圧剤のほかに睡眠導入剤も服用することにしました。すると、朝まで一度も目を覚ますことなく眠れるようりました。

不眠が解消すると、体のだるさや頭のモヤモヤも消えました。しかし、今度は新たな不安が生まれました。「薬を飲まないと眠れなくなったのです。こうした薬には、依存症のほかに晶作用があると知って怖くなり、薬なしで眠れるようになりたいと強く思うようになりました。

起床時の目覚めも改善

3年ほど前に見つけたのは、クワンソウの栄糞補助食品。早速、睡眠導入剤の服用を中止して、クワンソウの食品をとってみたのです。
私の場合、 夜毎る前にクワンソウの食品をとったら、気分が落ち着きました。最初は途中で目が覚めたのですが、すぐに再び寝つくことができました。

薬に比べて寝つきがよくて熟睡でき、朝の目覚めも格段によくなったのです。こうして1年ほど前に自然な睡眠サイクルになったことを実感し、クワンソウの食品をとることをやめてみました。それでも不眠は再発しなかったそうです。

現在は、1週間にl回程度、疲れた日に限ってクワンソウの食品をとって寝るとのこと。「体調は良好で朝から仕事がはかどるので頓服的に使用しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です