寝返りのたびに起こる肩の痛みで不眠

入眠までに時間がかかる

右側の肩がひどくこっていて、不眠に悩まされていました。肩こりは誰もがが経験する症状ですが、私は、肩から首にかけて強い痛みが出るほど重症でした。

就寝前に、お風呂に漬かって体を温めたり、こって硬くなっている部分を手でほぐしたりしましたが、こりが和らぐことはなくC悩みでした。。

重い肩こりが原因で、寝つくまでに1、2時間以上かかることも珍しくありませんでした。やっと寝ついても、就寝中に寝返りを打つと肩の痛みで目が覚めて、眠れなくなってしまいます。

背中が丸まり、あごが前に突き出したような姿勢が原因ではないかと医師に言われました。検査をしたところ、椎間板(骨と骨の間でクッションの役目を果たす軟骨)が薄くなり、頸椎がゆがんだ変形性頚椎症だったのです。

医師には、あごを引き、背すじを伸ばす姿勢を取るように言われました。

そして、ふだん使っている枕について聞かれ、それまで使っていたのは、タオルでできたフワフワした感触の枕。こうしたタイプの枕は、使いはじめは高さが安定しているものの、使っているうちに形がくずれて、寝心地が悪くなるというのです。
形がくずれた枕では、就寝中に寝返りを打つと、枕の形状が不安定になります。すると、首や宿が安定しないため、枕本来の役割を果たせなくなってしまいます。

自分に合う枕

病院に常備してある「快眠枕」の中から、私の首や肩の高さに合う枕を貸し出し、さらに自宅で最適な高さになるように微調整していただきました。

2週間後、枕の詰め物を出し入れして高さを変え、毎晩寝ると。1週間後には、自分の首肩の高さにピッタリ合うグッスリ枕が出来上がり、寝心地がとてもよくなったのです。

また、ふだんの姿勢にも注意し、背すじを伸ばし、あごを引くように心がけました。その後、自分専用の快眠枕を自作して、毎晩使うようにしました。すると、睡眠中の首と肩が安定し、負担が減りました肩こりがだいぶ楽になりました

自作の快眠枕を使いはじめてから3日ほどで、寝つきもよくなり、寝返りを打っても目が覚めなくなったといいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です