詐欺師との契約を寸前で回避!凶方位除け護符でクレームも止まった

護符のケースが割れてしまった

私は、健康グッズの販売や、運動療法士の育成をする会社を経営しています。会社の立ち上げから運営に至るまで、いろいろと相談に乗ってくださったのが、加藤先生です。先生からいろいろな開運法を教えていただき、そのとおりに実践していたところ、おかげさまで、会社の経営はとても順調です。

その開違法の中で、私が大変ありがたいと思っているのよが「凶方位除け護符」です。護符には、すべての災いを遠ざけてくれる5つのマークが措かれています。これをいつも身につけていることで、幸運を呼び、災いから守ってくれるとのことです。

お祓いをしてある護符なので、粗末に扱ってはいけないという先生からのアドバイスもあり、私はラミネート加工した護符をハードケースに入れ、いつもカバンの中に入れて持ち歩いています。

護符の入ったカバンは、決して地面に置いてはいけないそうです。新幹線で移動するときなど、以前はカバンを足もとに置いていましたが、ひざの上に置いたり、棚の上に置いたりするようにしています。

ところで、護符を持っていたところ、ほんとうに災いから守られたことが幾度かありました。

あるとき、私は取り引き先の人と会って、契約書を書いてもらっていました。すると、その最中に、カバンに入れていた護符のハードケースがバキッと割れたので、私は「おかしいな」と思いました。しかも、相手と話していると、いろいろと話の内容に食い違いが出てきたので、契約を交わすのをやめました。

あとでよく調べてみたところ、その人はどうやら詐欺師だったようなのです。契約の場面で、護符は、私に契約するなと警告してくれたのでしょう。

うつ状態から回復し仕事復帰が実現

また、私はあるとき、仕事で東京に行くことになりました。そのとき、私の住んでいる石川県から見て、東京は凶方位でしたが、どうしても行かなければならない仕事があったので、やむなく出かけました。

すると移動中に、護符のハードケースがバキッと割れたのです。しかし、けっきょく、なんの災いもなく、無事に仕事を終えることができました。このときのことを後日、先生にお話しすると、「護符が身代わりになってくれたのね。もし持っていなかったら、事故に遭っていたか、仕事がうまくいかなかったかもしれないわよ」とのことでした。

その話を聞いて、私は心から護符に感謝しました。このように護符にはいろいろ御利益をいただいているので、私は、多くの知人にも護符を持つように勧めています。
その中には、悪運が幸運に変わった人多いのです。

ある男性は、うつ状態に陥って会社に行けなくなり、会社を辞めようかと思っていました。ところが、護符を身につけたところ、いつの間にか心身ともに健康になって、仕事復帰が実現できたのです。
今では信じられないくらい、バリバリと働いています。

また、ある女性は、これまでつきあった男性がみんな浮気性で、いつも裏切られていました。それが、護符を持ったとたん、誠実な男性と巡り合うことができ、今では結婚を前提に幸せな交際をしています。

会社を経営しているある男性は、ここ数年、クレーム続きで精神的にまいっていましたが、護符を持ってからは、クレームがかなりへったそうです。そういう私も、護符の開運術を始めてからは、会社の売り上げがぐんぐん伸びていきました。

以前は何百万の金額を動かすのがやっとでしたが、それが何千万の金額を動かせるようになり、今では1.5億くらいの大金まで動かせる規模になっているのです。このように護符のすばらしいパワーは、できれば多くの人に役立ててもらいたいと思います。
風水の最終兵器「凶方位除け護符」で最悪期を脱する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です