アロエ酒は最高の化粧水 お風呂あがりにたっぷりつける

安心できるアロエ手作り化粧水で朝の肌はツルツル

長崎はあたたかい土地がらのせいか、露地植えのアロエがそこここに見られます。私の家の庭にもアロエは以前からありましたが、関心を持って活用し始めたのはここ3年くらいでしょうか。

書籍で、アロエのいろいろな体験談を読んだのがきっかけになりました。いちばんのお気に入りは、アロエの葉を日本酒に漬けた手作り化粧水です。

まず5~6枚のアロエの葉を洗い、水けをふきます。5 mm 程度にこまかく刻んで、コーヒーのあき瓶に入れ、ヒタヒタより少し少なめに日本酒を注ぎ入れます。

そのまま1週間冷蔵庫で保管すると、アロエのエキスが日本酒ににじみ出て、天然の化粧水が完成。アロエの葉は、化粧水を使い切るまで入れたままにしておくので、保存は必ず冷蔵庫で行います。

この化粧水をお風呂上がりのほてった顔につけると、冷たくて気持ちがよく、肌が引き締まって、スキンケアには最適です。つけたときの心地よさばかりでなく、翌朝起きたときには、肌がツルツルになっているのが最高ですね。

日本酒は焼酎などと違って肌にやさしい気がします。気になる香料や保存料も含まれていないのが安心です。

アロエはちみつで重症の便秘が改善した

また私はホワイトリカーのアロエ酒も作っていますが、こちらも健康酒として欠かせません。のどが渇いたときなどに、氷で割って、レモンを浮かせて飲むと、市販の清涼飲料水よりずっとおいしく、寒い冬場はホットでもOKです。

ナイトキャップとして飲めば執…睡できます。洗って水けをふきとり、トゲを除いたアロエの葉をザクザクと刻んで、果実酒用の容器に半分ほど入れます。

ここにホワイトリカー1.8リットルと、氷砂糖500~600 gを加え、あとは冷暗所において発酵を待つだけ。

このアロエ酒は、おけばおくほど色がきれいになり、芳醇になります。

もうひとつ、私の便秘の特効薬のアロエはちみつを、ご紹介しましょう。て水けをふきとり、刻んで瓶に入れ、はちみつ大さじ4~5杯を加えます。2~3日冷蔵庫に入れておくと、アロエのエキスがはちみつににじみ出て、なじんできます。

これを寝しなにさかずきに1杯ほど飲むと、翌朝の便通はスムーズですよ。私は20才のときからの重症の便秘症で、朝昼晩便秘薬を飲んでいました。おなかが張って苦しくてたまらず、腸の検査を何度も受けましたが、いまは夜1回の薬の服用ですむところまで改善されました。

生のアロエが手に入らない人は無添加のアロエの原液で代用できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です