アロエオイルで最悪の肌質が改善、頭皮の皮のはがれもアロエで改善

石けん洗顔すると頼じゅうの皮がぼろぼろむける

アロエの基礎化粧品を使い始めて、もう20年以上になります。アロエに出合うまでの私の肌は、さんざんな状態でした。というのは、とにかく肌が弱くて、石けんで顔を洗うと、湿疹ができぶつぶつができます。そして顔じゅうの皮がボロボロとむけてしまうのです。

気がついたらこんな肌質に変わってしまっていて、どんなに石けんや洗顔フォームを厳選しても治りませんでした。ですから、洗顔はいつもお湯で洗うだけ。それでも肌はガサついて、脂っけがなく、お化粧ののりが悪くて閉口しました。

肌によいと聞けば、外国からでもとり寄せて、自分に合うスキンケア用品をさがしたものです。けっこう高価なものも使いましたが、結局あれもこれもダメで、20年前にようやく見つけたのがアロエの基礎化粧品でした。アロエといえば、医者いらずの万能薬草。

私もやけどや胃のぐあいの悪いときに生薬を使ったことがありますが、まさかこの薬草が私の肌を救ってくれるなんて思いもかけないことでした。

アロエオイルで肌と髪の著さを保つ

化粧水・乳液・クリームなど、いろいろ組み合わせて使いましたが、私の肌はいつも脂っけがなくてガサついていたので、特にアロエのオイルローションが欠かせませんでした。これはアロエの濃縮液にオリーブオイルをまぜたもので、脂分の補充には最適。
無添加のアロエの原液が購入できるのでそこにオリーブオイルを入れれば自分でも作ることができます。

朝晩の洗顔後に、什は枇水をつけたあと、特に目の縁や口元など、シワのできやすい部分に念入りに塗っています。

このオイルは髪にもいいんです。顔につけたついでに頭皮に少量塗って軽くマッサージするだけで、髪のつやがよくなり、髪を染めても傷まないのです。

中年以降のかたには特におすすめのオイルで、自分で手作りもできます。アロエの生薬をお持ちのかたは自家製のオイルローションを作って、ちょっとぜいたくに足のかかとやひじなどの手入れにも活用されてはいかがでしょうか。私はそのほかアロエのジェル状クリームもお気に入りで、就寝前にパックがわりに、顔や首などにもたっぶり塗り、乾くのを待って眠ります。

そうすると、朝起きたとき肌がツルツルで、とても気持ちがいいのです。アロエの基礎化粧品を長く使ってきたおかげで、昔の肌が嘘のよう。年齢のわりにシミもシワも少ないせいか、病院の若い人たちによく秘訣を聞かれます。
ないしょでアロエのこと教えてあげますが。

  1. アロエの生葉150グラムをよく洗って薄切りにします。(トゲはそのままでいいです)
  2. ざるの上などに広げ、天日で1週間ほどばりばりになるまで乾燥させます。
  3. お茶の葉程度に乾燥したらオリーブオイル100ccの中につけ込みます。
  4. 1ヶ月ほどおいたら、これを布でこしてオイルのみにすればアロエのローションのできあがり、冷凍保存はしなくてよい

アロエには、肌にうるおいを与える保水効果、肌を引き締める収れん効果の両方があり常に肌を正常な状態にコントロールしてくれます。ですから乾燥肌の人にも、脂性肌の人にも合うのです。またアロエには、皮膚の老化を防ぐコラーゲンの生合成を高める働きがあるので、長く使っていると年齢よりはずっと若い肌が保てます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です