アロエでニキビややけどが治る

軽いやけどやニキビならアロエですぐ治る

私が小さいころ、家でキダチアロエを育てていました。「体にいいから食べなさい」と、母にいわれて、生葉を食べるのですが、もう苦くて苦くて。

いまでも、アロエと聞くと、小さいころ経験した、あの苦さを思い出します。いまは、部屋にキダチアロエの鉢をおいています。地方ロケなどで何日か家を留守にしても、枯れたりしないで元気に待っていてくれるので、それを見ただけで、私も元気になるんです。

私はお料理が大好きで、よく作ります。この間も、おみそ汁を作っていて、うっかり手の甲に、熱いお湯をこぼしてしまいました。すぐに水で冷やしたのですが、赤く腫れてヒリヒリしてきてしまったのです。「あとが残ってしまったらどうしよう」と、心配していたとき、「そうだ、やけどにはアロエだ」と思い出したのです。

アロエの葉をちぎって、中の汁を、何度もやけどの部分に塗りました。そうしたら、すぐに腫れがおさまって、あとも残らないですんだんです。アロエってやっぱり効きますね。
やけどの治療に使うアロエの使用方法

軽いやいえどをしたときやニキビができたとききてしまっときに私はアロエの葉の汁を塗って治すようにしています。
それから冬期間、手がかさかさしてしまうとアロエの汁を手に塗ってシルクの手袋をはめて寝ると、次の日にはすべすべになっています。
アロエの葉をバスタブに入れる、アロエ入浴法もこんどチャレンジしてみようと思っています。
アロエが手に入らない人なら完全無農薬・有機栽培の「完熟アロエまるごと純しぼり」のような原液なら生のアロエと同じです。大事なのは余計な添加物が使われていないことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です