アロエの育毛トニックで抜け毛が止まり、生え際から黒い産毛が生えてきた

太くて多かった髪が40代で白髪の猫毛に

洗髪のあと、頭をアロエ育毛トニックでマッサージするようになってからもう1年半になります。これまで病気には緑がなく健康に過ごしてきた私ですが、髪だけは若いときからの悩みのたねでした。

子供のころは、いまの髪とは正反対でした。母が「おまえの髪は切ると飛び散ってしかたがない」と散髪のたびにこぼしていたほど髪の量が多く、太くてごわごわした髪質でした。

でも、そんな髪質は案外早く白髪になってしまうのかもしれません。お寺に嫁ぎましたので不慣れで苦労したせいもあるのでしょうが、40代の半ばから白髪が目立つようになり、ずっと染めています。髪質もいつしか猫毛になり、毛もどんどん抜けて地肌が見えるようになってきました。頭のてっぺんから少し後ろに下がったあたりが特にひどく、そこだけ地肌が光って見えるんです。

今は、嫁がお寺のほうをやっているので私も楽になり、月2回ほど仏教の勉強会を開いています。そんなおりにアロエの育毛トニックのこtことを耳にしました。

アロエ育毛トニックで頭皮をもみほぐす

髪を洗ったあと、水分をふきとり、ドライヤーで生乾きにしてからアロエ酒の育毛トニックを地肌にすり込むようにつけ、2~3分ほど指で頭皮を全体的によくマッサージします。

夏なら、そのまま自然乾燥させます。髪にアロエの成分がついているせいでしょうか、髪がこわばりますが、完全に乾いてから手でさばけば、こわばりがなくなり、サラサラ髪になるので大丈夫。寒い季節は、ドライヤーで乾かします。

効果をまず実感したのは、目に見えて抜け毛が減ったこと。髪の毛もふえたみたいで、合わせ鏡で見ると、光っていた地肌が目立たなくなってきましたし、ひたいの生えぎわからは黒くて細い毛がちょろちょろと生えてきました。この産毛のような黒い毛は、まだ1~2センチとかわいいのですが、これからに期待が持てるといいなと思っています。

  1. 焼酎1.8リットルに対してアロエは大きめの葉を10枚くらい用意。
  2. 葉を洗って水気を切ってから2センチ幅くらいの輪切りにする。
  3. 瓶に刻んだアロエを入れ、上から焼酎を注ぐ。
  4. このまま1ヶ月くらいおく。黄だいだい色になるのでガーゼでこしてアロエを取り除く。

無添加のアロエの原液なら直接、頭皮に擦り込んでも大丈夫です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です