自然が奏でる快眠の音

脳への心地よい刺激が快眠に

日頃のストレスや不安、偏った食生活、運動不足など、不眠の原因は人それぞれです。また、高齢者に急増しているウツも不眠と密接な問係にあり、ウツを引き金に不眠も招くことが多く、反対に、ウツの前ぶれとして不眠が起こることも少なくありません。

最近では、専門外釆だけでなく一般の病医院でも、不眠やウツを訴える方が増えていて、眼科を受診している方にも、診療中に目の不調に加えて不眠やウツに悩んでいることを話す人がいます。
そんな不眠やウツを訴える方に、音楽療法をおすすめしています。

音楽療法とは、質のいい音楽を聴いて脳を‥刺激する治療法です。聴覚は音の情報を脳に伝える働きがあるため、質のいい音楽を聴くと、脳に心地よい刺激が伝わるのです。
特におすすめの音楽療法はクラシック音楽や、海・川・森などの雄大な自然の音を使い、心身の不調を改善させる方法を採用しています。

脳をリラックスさせる「ゆらぎ」

では、不眠やウツを改善させる質のいい音楽とは、どのような音なのでしょうか。不眠やウツの人は、脳に疲れがたまって緊張しているといわれています。そのため、脳をリラックスさせて休ませることが重要になるのですが、その効果が大きいとされているのが、快眠の育ともいうべき「自然音」です。

自然豊かな環境には、海の波音や小川のせせらぎ、鳥や虫の鳴き声、樹木のざわつきなど、さまざまな自然が奏でる快眠の昔が満ちています。

そんな雄大な自然音には、「f分の1ゆらぎ」というリズムが存在します。f分の1ゆらぎは、規則性と不規則性がちょうどよく絡んでいて、人問が本来の機能を保つために最適なリズムです。
そして、このf分の1 ゆらアルファぎの刺激を受けると、脳にα波が出ます。α波とは、脳がリラックスしているときに増えるとされる脳波(脳の電気振動)の一種です。

自然音を聴いている人の脳波の変化を測定すると、自然音を聴いているときはα波が活発に出て、リラックス効果をもたらすことが明らかになったのです。脳にα波が出て心身がリラックスすると、心拍や脈拍・体温・血圧が安定し、筋肉が弛緩(緩むこと)します。その姓結果、寝つきがよくなり、深い眠りを得られるのです。

自然音の癒しで快適に眠る(CD一覧)

世界中の医療機関で採用されている

自然音を聴くことは、自律神経の乱れた働きを正す効果もあります。自律神経は、心身を緊張させる交感神経と、心身をリラックスさせる副交感神経の2種類あり、一方の神経の働きが高まれば、もう一方の神経の働きが低くなります。

ふつう、夜、寝るときは、心身をリラックスさせる副交感神経が優位になりますが、不眠の人は、副交感神経が正常に働きません。
ところが、不眠の人が、海の波音や小川のせせらぎなど、自然が奏でる快眠の音を聴くと、副交感神経が優位に働き、寝つきをよくし、深い眠りに導いてくれるのです。

また、自然音は、脳内のホルモンの分泌にもよい影響を与えます。寝ている問には、脳の松果体という部分からメラトニンというホルモンが分泌されます。メラトニンの分泌量が多い

ほど僻只のいい睡眠が得られ、分泌量が少ないほど睡眠の山質は低下するといわれています。メラトニンは、同じ脳内ホルモンの一種であるセロトニンを原料にして作られます。つまり、メラトニンの分泌量を増やすためには、セロトニンの分泌量を増やすことが欠かせないのです。これまでの研究で、自然音を聴いて自律神経の働きが正されると、セロトニンの分泌量が増え、ひいてはメラトニンの分泌量も増えることが明らかになりました。

実際、自然音を聴く音楽療法は、日本だけでなく世界中の医療機問で不眠治療に採用されていて、ウツやストレスの解消にも役立っているとの報告があります。

不眠やウツに悩む患者さんに自然音を聴いてもらうと、「寝つきがよくなった」「快眠できた」「考え方が前向きになり意欲が出てきた」など好評を得ています。

現代人は多くの人がストレスにより交感神経優位の体調にかたむいているため、リラックスするように副交感神経優位にしなければ不調は改善しません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です