結晶ゲルマで全摘後の乳がんのリハビリも順調、再発、転移も心配なし。

右乳房のしこりを放置していたら4 cm 大の乳がんと判明

乳がんと診断されてすぐに結晶ダルマの粒食品を飲みはじめたおかげで、手術は無事に成功しました。放射線治療の副作用も軽くすんだように思います。

私は主人と一緒にレストランを経営しながら10人家族のめんどうを見るという目の回るような忙しい毎日を過ごしていました。

主人は、コンクールで何度も賞を受けたほどの優れた肉牛を飼育している牧場主です。質のいい牛肉を普及させたいと思い、夫婦2二人でレストランを開きました。

義理の父母や子どもの世話も重なって、自分の体をかまう間もなく働いていました。90歳を過ぎていた義父と義母が相次いで病気になり、レストランは人手に渡して両親の看病に専念しました。その年の秋に義母が老衰で亡くなったころから、右胸のしこりが気になりだしました。

実はその3~4年ほど前からしこりに気づいていたのでその頃、太っていたので脂肪の塊だろうと思い、やり過ごしていモんです。仕事や家事の忙しさもあって、病院に行こうと考えたこともありません。

義母が亡くなり、看病疲れから解放されたこともあってか、不安に思うようになりました。友人にも相談したところ、気になるなら、とみにかく病院で診てもらったほうがいいとアドバイスをしてくれました。アドバイスどおりすぐに病院を受診しました。

これまで、健康診断を受けたことはほとんどありません。乳房のしこりに注射針を刺す細胞診も受けたのですが、検査のすべてが初めての経験だったので、驚きながらも、そのようなものなのかと心配はしませんでした。3月初めに診断結果の報告を受けたところ、右乳房のしこりはがんと判明。4~5センチ大の腫瘍がいくつもあり、すぐに治療を開始しないといけないと言われてしまいました。

2度の手術の予定が1度ですみ放射線治療の副作用も軽かった

私はもともと明るくて前向きな性格です。乳がんと診断されてもそれほど落ち込まず、治療をがんばっていこうと思いました。

手術は4月に行うことが決まりました。そのころ友人から、有機ゲルマニウムのことを聞いたんです。多くの大学でも研究されていて、免疫力を高めることを知って、有機ゲルマニウムが豊富に含まれている結晶ゲルマの健康食品を購入しました。

最初は量的には多く飲むことをすすめられました。結晶ゲルマの健康食品を朝・昼・晩の食後に3粒ずつ、1日計9粒飲みはじめました。

手術前は、リンパ節にも転移しているだろうから二度に分けて手術を受ける必要があるといわれていました。でも、右乳房を摘出したところ、腫瘍はすべてきれいに取れたそうです。一度の手術ですむことができました。手術後、30日問にわたって放射線治療を受けました。
同室のベッドの方に比べて副作用が軽かったのも結晶ゲルマのおかげだと思います。

初めのうちは、放射線を当てた患部がハンバーグのような色になっていたので、皮がむけてしまうのではないかと心配でした。でも、半年もたたないうちにきれいに戻りました。

私は体調がすこぶるよく、手術後のリハビリも看護師が驚くほど元気で積極的にできたように思います。乳房を取ると、手が上がらなくなったり動かしにくくなったりすると聞いていたので、リハビリは思い切って行いました。

「病院の中なら手術したところがほつれても、すぐに縫ってもらえるでしょ」と先生に冗談をいいながらがんばったんです。そのおかげか、手術後すぐに手を自由に動かすことができました。
現在は結晶ゲルマの健康食品を朝・昼・晩の食後に1粒ずつ、1日計3粒を飲みつづけ、体調も良好です。

乳ガンの手術を受けるときの検査で、血圧や血糖値が高いといわれましたが、いまでは基準値内で落ち着いています。手術から6年が過ぎましたが、風邪を一度も引いていません。

先日は膝を人工関節にする手術を受けました。経過がほんとうに順調で自由に動き回っているので、整形外科の先生も驚いています。

先日は、ついに、3ヶ月に1回の乳がん検診が終了となり、再発や転移はいっさいありません。1年に1度は欠かさず受診しょうと思っています。

結晶ゲルマについて

ゲルマニウムはミネラルの一種で、有機と無機の2種類がありますム多くの大学や医療機関で有効性が確かめられているのが、水溶性の有機ゲルマニウムです。有機ゲルマニウムは、

  1. 免疫力強化作用
  2. 抗腫瘍作用
  3. 抗酸化作用
  4. 抗抗炎症作用
  5. 鎮痛作用

の5つつの働きでガンを撃退し、治療の副作用が軽減されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です