脳の血流を改善して神経細胞を活発にする働きが耳鳴りや難聴に効く(ニチニチ草の使用感、口コミ)

わが国では、耳鳴りや難聴に悩まされている人が、およそ2000万人いると推定されています。耳鳴りや難聴といえば、以前は高齢者に多い症状でしたが、最近は低年齢化しているという声も聞きます。

ニチニチ草の有効成分であるビンカミンには、脳の血流を改善して神経細胞を活発にする働きがあります。」
ビンカミンは欧米では脳血管障害( 主に脳血管性認知症)を改善する治療薬の原料として利用されています。

耳鳴りや難聴の症状がある場合、ニチニチ草を飲むとなんと、約8割に改善が見られるのです。ニチニチ草を使用してから効果が現れるまでの時間は、おおよそ1ヶ月。その間に何らかの変化が現れ、2ヶ月で症状が改善するケースが多いようです。(個人差があります)

トウゲシバを実際に使ってうつ症状が軽減、改善した体験談

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です