黄斑変性で肩こりを伴う眼精疲労がつらかったがリフレのブルーベリー&ルティンで改善

自覚症状が全くないままに白内障、黄斑変性だといわれて驚く

リフレのブルーベリー&ルティンを飲みはじめて、1年が過ぎようとしています。いちばん気になっていた飛蚊症がほとんど起こらなくなって、ほんとうに喜んでいます。

私は、若いころから花粉症に悩んでいました。毎年、春先になると目のかゆみや充血が起こるため、眼科にもよく通院していました。4四年ほど前、先生から検査をすすめられたので受けてみたら、両目が軽い白内障にかかっていることがわかりました。

白内障になると、視界がかすんだり、まぶしくなったりするといいますが、症状がまったくなかったので驚きました。

以前から視力に問題はなく両目ともに裸眼で1.2でした。

年を重ねてからは近くが見えづらくなり、文字を読むときは老眼鏡を使うものの、ふだんの生活ではほとんど不自由はありませんでした。

白内障と指摘されてからは眼科を毎月受診。白内障と疲れ目用の点眼薬を処方され、3ヶ月に1回の割合で検査も受けるようになりました。
「白内障と診断される前から、飛蚊症も気になっていました。空を見上げ′ると、ホコリのような影が揺れるだけでなく、しだいに黒い点も混じるようになりました。

それから1年も経たないうちに通院している眼科で右目が黄斑変性になっていることがわかりました。顕微鏡のような器具を使った検査をいくつか受けました。すると、右目の網膜の黄斑部に小さな異常があると指摘されました。ただ、ものの見え方は問題なく、視界がゆがんだりぼやけたりすることはまったくありません。

ですから、黄斑変性と診断されたときも驚きました。視界は正常だったのですがやはり今思うと、、眼精疲労はひどくなっていたと自覚があります。新聞やテレビを見たり、人と会うときに緊張したりすると、以前ではなかったような疲れ目や肩こりを感じていました。

そんなとき、広告を新聞で見つけたました目の疲れや眼病の特集広告でした。広告でしたがすみからすみまで呼んでみました。リフレのブルーベリー&ルティンの記事に関心を持ちました。

早速取り寄せて、朝・昼・晩の食後に1粒ずつ、1日計3粒を飲みはじめました。

アレルギーによる目の充血が軽快し黄斑変性の進行も阻止

初めのうちは特に変化を感じませんでしたが、辛抱強く飲みました。すると3~4ヶ月ほどたったころから、飛蚊症が改善してきたんです。視界の中の黒い点が、徐々に減ってきました。それと同時に、アレルギーによる目の症状も少しずつ改善してきました。

目の充血やかゆみが軽くなり、肩こりも治まりました。リフレのブルーベリー&ルティンを飲みはじめてから、白内障や黄斑変性の症状はまったくありません。

白内障や黄斑変性の検査は3ヶ月に1度受けていますが、やはり悪化はしていません。

年をとってから目の病気にかかると、次第に進行するのは当たり前です。進行が止まっているのはやはりリフレのブルーベリー&ルティンのおかげだと思います。
視野が鮮明になって遠くの景色がよく見え、外出も楽しくなっています。これからもリフレのブルーベリー&ルティンは欠かさず飲み続けたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です