リフレのブルーベリー&ルテインで黄斑変性の眼底出血が治まり視界のゆがみ、飛蚊症も改善

白内障の手術後に眼底出血が見つかり黄斑変性と判明

私は、2年前に両目が白内障と診断されました。1」日に4回、処方された点眼薬をさしつづけてきましたが、視力とともに症状が徐々に悪化していきました。「どんどん見えにくくなっていきました。視界のかすみがひどくなり、1年後の秋に両目ともに白内障の手術を受けました。

手術後に左右の視力を測ったところ、しつかりと上昇していたんです。よく見えるようになったので、手術を受けてほんとうによかったと思います。

その後、眼科で処方される薬は以前から患っていた結膜炎の点眼薬だけになり、目の健康がようやく戻ったものだと思っていました。

ところが、わずか1ヶ月後に、右目の眼底から出血していることがわかり、黄斑変性と診断されました。眼底の真ん中の視神経のある場所が出血していたため、手術ができないと、担当の先生からいわれました。

困ったなぁ~と思いましたが、症状が悪化しないように見守るしかありませんでした。ビタミン剤や血管を被れにくくするという薬を処方してもらい、1日に3回飲みつづけました。眼底出血が起こってから、見え方には大きな変化が現れました。

視界の中心にある文字が読めなくなってしまったのです。数字の「8」と「3」が区別できなかったり、テレビに映る人の顔がわかりづらくなりました。

生活の中で特に困ったのは、買い物に行って値札がよく見えないことでした。右目の裸眼視力は0.1まで落ち、不便な生活が1年近くも続きました。

矯正視力が0.3から1.0まで改善し疲れ目・肩こりも解消

リフレのブルーベリー&ルテインを知ったのはこの時期でした。
ブルーベリー&ルテインを飲んで黄斑変性の視界のゆがみやかすみが改善した人がいることを知り、早速、購入してみることにしました。

朝・昼・晩の食後に1粒ずつ、1日計3粒を飲みはじめたところ症状は少しずつ改善して改善しはじめたのです。視力が徐々に回復しました。
最も悪いときは矯正視力でも0.3~0.4程度でしたが、眼科で測定するたびに数値が上がっていったんです。視界にちりのようなものが飛んで見える飛蚊症もひどかったのですが、視力の向上とともに飛蚊症もいつのまにかよくなっていたので、ブルーベリー&ルテインの効果は確かなものだと感じました。

私は年末に腹膜炎を起こして2週間ほど入院し、手術を受けました。手術前の1週間は何も食べられず、ブルーベリー&ルテインも飲むことができませんでした。するとベッドから見える白い天井に、飛蚊症によるちりの影が多くなり、ひどかった状態に戻っていることに気づいたといいます。
ところが、退院して、ブルーベリー&ルテインをまた飲みはじめたら、飛蚊症は順調に回復していったんです。半年後には眼底出血の塊が・小さくなっていることがわかりました。

ゆがんでいた視界もだんだんと落ち着いていき、検査を受けたときには、眼底出血がすべて消えていたんです。ほんとうに驚きました。ブルーベリー&ルテインを飲み始めて2年半が経過しました。

ブルーベリー&ルテインを飲みはじめてからは、首こりや疲れ目が治まり、日常生活や買い物も快適そのものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です