糖尿病を治す漢方薬 威徳(白虎加人参湯加減方)の使用感と口コミ

糖尿病を治す漢方薬」を実際に使った使用感や口コミです。漢方薬名は「白虎加人参湯加減方(びゃっこかにんじんとうかげんほう)」と言います。白虎加人参湯という漢方薬に、生薬を加減して作られたものです。
白虎加人参湯は、石膏(含水硫酸カルシウム鉱石)、知母(ユリ科ハナスゲの根茎)、人参(オタネニンジンの根)、粳米(玄米)、炙甘草(マメ科などの根やストロン)で構成されています。
ここから粳米をのぞき、山薬(ヤマイモ科ヤマイモの根茎)、一位(イチイ科イチイの果肉)、沢瀉(オモダカ科サジオモダカの塊茎)、猪苓(サルノコシカケ科チョレイマイタケの菌核)、山樝子(バラ科サンザシの果実)、黒豆(マメ科ダイズの種子)を加えたものが白虎加人参湯加減方(商品名:威徳(イトク)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です