膵炎の再発、糖尿病を「糖尿病を治す漢方薬」で回避、便秘なども解消

血糖値は一度も上がらずに正常値をキープ

55歳のとき、のたうち回るほどの激しい胃痛を、頻繁に起こすようになりました。病院に行って、胃カメラで調べましたが、特に異常は見つかりません。いくつもの病院を転々として、ようやく判明した病名が、膵炎でした。
あの激痛は、胃の裏側にある、膵臓の炎症が原因だったわけです。2週間入院し、ブドウ糖の点滴を受けながら、絶飲絶食をしました。退院時には、膵臓の炎症が治まりましたが、退院後のケアが不安でした。

というのも、退院するとき、薬は1つも処方されずに、担当医から「おかしいと思ったら、すぐに入院してください」といわれただけだったからです。また、膵炎になると、膵臓から分泌されるインスリンが出にくくなって、糖尿病になりやすいとこと。

薬もないまま、いつ再発するかわからない膵炎と、糖尿病の不安に耐えるのは、かなりストレスでこたえました。そんなとき、知人から勧められたのが、糖尿病を治す漢方薬 威徳(白虎加人参湯加減方)です。糖尿病を治す漢方薬ですが、膵炎の改善にも役立つとのこと。

私は早速、1日3回、食間に、この漢方薬を飲み始めたのです。すると、すぐに効果が現れました。便通が順調になり、体調全般がよくなってきたのです。膵炎を発症後、疲れたときや、脂っこいものを食べたときに、胃の裏側をグーっと押されるような痛みが走ることがありました。しかし、これを飲むようになってからは、そうした症状が現れなくなったのです。

しだいに、私の心の中にあった不安な気持ちも、少しずつ薄らいでいきました。現在、早いもので、「糖尿病を治す漢方薬」を飲み始めて、約3年がたちます。この3年間、膵炎が再発したことは、一度もありません。さらに、血糖値も上がらずに済んでいます。今後も、膵臓を守るために、「糖尿病を治す漢方薬」を飲み続けるつもりです。

すい臓の機能を高めて膵炎の再発を防ぐ

膵炎が慢性化したり、重症化したりすると、膵臓の機能が落ちて、インスリンの分泌が低下する場合があります。退院後は経過観察とのことで、きっと急性膵炎だったのでしょう。とはいえ、慢性化する可能性もあるので、退院後も注意が必要です。白虎加人参湯加減方は、すい臓の機能を高める生薬(漢方薬の原材料も含まれているので、膵炎の再発防止にも役立っているのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です