激務で欝病になり不眠に、脳マッサージ整体で改善

仕事が忙しく欝病に

数年前、ある日突然、会社へ出勤できなくなりました。「いつものように身支度を整えたのですが、どうしても玄開から外へ出ることができなかったのです。

結局、その日は欠勤してしまいました。その日から続けて会社を3日休み、家族のすすめもあって心療内科を受診しました。「診断は気分障害。つまりウツ病ということです。休職することになりましたが、仕事がとても厳しい会社で同僚も次々に体調を崩すため、私が休職願いを出しても上司が驚かなかったくらいでした。

実は、青木さんの欝病の兆候は、この半年前から現れていました。中でも、最も日立っていたのが不眠でした。寝つきが悪いのに加え、眠っても夜中に目が覚めてしまい、朝まで眠れなくなってしまうのです。

心療内科では睡眠導入剤を処方してもらい、寝つきだけはよくなりましたが、やはり早朝に日が覚めてしまいました。仕事や趣味にも意欲がわかず、ウツウツとした日々を送っていました。

家族のためにも復職したいと思っていました。そんなとき、知人からすすめられたのが脳マッサージ整体でした。「最初は、背中をそらすなどの運動で不眠やウツ病が治るのかと半信半疑でした。

でも、症状が少しでもらくになればと思い、毎日寝るまえに行うようにしたのです」初めて脳マッサージ整体を行ったとき、「背中がほぐれて気持ちがいい」と感じましたが、翌朝に熟睡感はなく、気分も変わりませんでした。

ところが3日後、朝起きるといつもよりも部屋が明るく感じ、生まれ変わったかのようにやりたいことがいくつも浮かんできたといいます。

そして、脳マッサージ整体を始めて2ヶ月後には、不眠がすっかり改善したのです。「脳マッサージ整体をするとスッと眠りに落ちるようになり、朝まで日が覚めません。睡眠導入剤も、飲まなくてすむようになりました。
その後も脳マッサージ整体を続けた青木さんは、休職4カ月後に会社に復職しました。同じ部署の同僚が2人休職し、復職できずに退職していくのを見て、脳マッサージ整体の効果を改めて実感したといいます。

今も毎日、脳マッサージ整体をしているおかげで「脳マッサージ整体は、よく眠れるだけでなく、気持ちが前向きになるのを実感しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です