糖尿病不良患者でも合併症を回避できているのはテンペ菌発酵茶のおかげ

朝、昼、晩と欠かさずに飲む

糖尿病と診断されて20年以上たちますが、主治医によると、私は医師のいうことを問かない「不良患者」の部類に入るそうです。HbA1Cは、いちばん高いときで8.4%ありました。食後2時間糖値では、465mg/dlという高い数値が出たこともあります。

このときは、主治医から「飲む薬では限界があるから、インスリン注射に切り替えましょう」と勧められました。しかし、私は「注射はめんどうだからいやだ」と断りました。「糖尿病は完全に治ることがないから、薬を飲んでいてもこんなものだろう」と気楽に構えていたのです。

もちろん、自分でできる範囲の努力もしてきました。若いころは体重が70kgもありましたが、まじめに食事療法に取り組んで1カ月で10kgも減量し、現在も51~52kgをキープしています。

当然、タバコもやめましたし、今はお酒も飲みません。ただ、食事だけは好きなものを好きなように食べたい。これだけは譲れません。甘いものはもともと食べませんが、ポテトチップスやせんべい、ポップコーン、パンなどの間食が好きで、食事代わりにすることも、よくあります。

果物も好きで、食べすぎて、血糖値が上がってしまうこともありました。そんな「不良患者」の私ですが、今まで合併症も出ずに過ごしてこられたのは、10年前から朝昼晩と毎日欠かさず飲んでいる「テンペ菌発酵の薬草茶」のおかげだと思っています。

ここ数年、HbA1Cは6.6%台付近で安定。血糖値は多少の変動はありますが、よいときは100mg/dlを切ることもあります。体のだるさなど糖尿病の自覚症状はなく、糖尿特有の尿の甘いにおいもありません。これからも、薬やインスリン注射と嫁がないことを願って、テンペ菌の野草茶を飲みながら、糖尿病とうまくつきあっていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です