ヘモグロビンA1C、血糖値を下げ血管を大掃除し、糖尿病を改善するテンペ菌発酵茶

糖尿病の怖いのは合併症

戦後、食生活の欧米化や加工食品・ファストフードの普及などに伴い、劇的に増加した生活習慣病の代表格が、糖尿病です。現在、日本で糖尿病が強く疑われる成人男女は、約1000万人以上。予備軍の人を含めると、実に成人の5人に1人が糖尿病か、その予備軍と推測されます。まさに日本人の国民病といっても、過言ではありません。

糖尿病とは、血液中のブドウ糖の濃度が正常よりも高い状態(高血糖)が、慢性的に続く状態です。食事からとった糖質(炭水化物)は、胃や腸で分解されて、ブドウ糖に変わります。ブドウ糖は小腸で血液中に吸収され、血液にのって全身に運ばれます。

ブドウ糖は筋肉や臓器のエネルギー源として欠かせないものですが、血中のブドウ糖がふえすぎると、血管など全身の組織に障害を与えるため、人体には血糖値を一定に保つしくみが備わっています。そのしくみを担っているのが、膵臓から分泌されるインスリンです。

インスリンは、ブドウ糖を細胞に運び、血糖値を下げる唯一のホルモンです。インスリンが十分に分泌されなくなったり、うまく働かなくなったりすると、余分なブドウ糖が血液中にあふれて高血糖を招き、糖尿病になるのです。

糖尿病は、初期にほとんど自覚症状がありません。「尿の異臭」「のどが異常に渇く」などの自覚症状が現れるころにはかなり悪化しているのが、糖尿病の恐ろしいところなのです。

血糖値が高い状態では、血液が砂糖水のようにドロドロとしています。その状態が長く続くと、血流が悪くなり、血管が傷つきやすくなります。そして、全身にさまざまな合併症が現れるのです。

糖尿病の三大合併症は、糖尿病網膜症、糖尿病腎症、糖尿病神経障害です。これらは悪化すると、失明、腎不全による人工透析、足の壊疽による切断などに至ります。

糖尿病を放置すると、発症後5~10年で合併症が現れるといわれています。糖尿病が原因で失明する人は年問3000人、糖尿病が原因で亡くなる人は年問約1万4000人にものぼると推測されます。

糖尿病でもう1つ怖いのが、動脈硬化です。血糖値が高い状態が続くと、血管の内壁が傷つき、その痛んだ部分にコレステロールなどがたまって血管の内径が細くなったり、血管が硬くもろくなったりします。動脈硬化が進行すると、脳卒中や心筋梗塞など、命にかかわる病気につながります。

糖尿病の人は、健康な人に比べて脳卒中のリスクが2~3倍、心筋梗塞のリスクは2~4倍も高いといわれています。

糖尿病の原因を解消し、進行を遅らせ症状を修復

糖尿病の血糖コントロールには、食事療法や運動療法が不可欠ですが、それを続けるには強い意志が必要です。生活習慣を変えようと思っても、途中で挫折したり、やり過ごしたりするうちに、合併症を発症する人も少なくありません。

そんな人たちのための糖尿病のための専門茶テンペ菌発酵の薬草茶「楽源茶」です。8種類の薬草を使用した薬草茶です。糖尿病にいいといわれているものは多数ありますが、大半が血糖値の上昇をおさえることをメインにしたものです。

一方、テンペ菌発酵茶は、それぞれ違う薬効を持つ8種類の天然の野草を配合することで、糖尿病の

  1. 原因の解明
  2. 進行を抑制
  3. 症状の修復

という3つの働きを発揮します。

1.原因の解明
食事でとった糖質は、胃や腸でブドウ糖に分解され、血液中に吸収されます。8種の野草茶に含まれるグァバ葉やギムネマには、食べすぎなどで過剰なブドウ糖を、体内に吸収される前にブロックする働きがあります。この作用により、食後の血糖値の急上昇を防ぎ、糖尿病の原因となる高血糖を防ぎます。
進行の抑制
8種の野草茶に配合されている桑の葉やバナバには、インスリンと同様のしくみで血糖値を下げる作用があります。これにより、血糖値を安定させて、糖尿病の進行をおさえます。
症状の修復
柿の葉、クマ笹、クコの葉は、血液をサラサラにして、血流をよくします。糖尿病による血管や細胞のダメージを修復し、合併症の予防・改善に役立ちます。同時に、血管の強化や若返りも期待できます。

8種類の薬草を配合した糖尿病のための専門茶テンペ菌発酵の薬草茶「楽源茶」はこちら。

糖質の吸収を穏やかにし急上昇を防ぐ

8種の野草茶は、天然の野草の茶葉8種類をブレンドし、そのエキスを抽出する低温濃縮製法で作られています。そのため、体に有益な野草のエキスが濃縮されています。
しかも、苦みのないまろやかな味に仕上がっており、長く飲み続けることができます。顆粒なので作り方は簡単、お湯に溶かすだけ。水にもサッと溶けます。煮出したりする必要がなく、茶殻も出ないのでとても便利です。スティック状の袋に小分けされており、携帯にも便利なので、外出先でも手軽に飲むことができます。

また、8種の野草茶には、先に紹介した薬草の成分に加え、水溶性食物繊維も含まれています。この水溶性食物繊維は、「食後の血糖値を下げる」成分として、特定保健用食品(トクホ)にも採用されているものです。

水溶性食物繊維は、体内に入ると、水分を抱え込んでヌルヌルとしたゲル状になります。すると、食べたものが胃腸内をゆっくり移動するので、糖質の吸収を穏やかにして、食後の血糖値の上昇をおさえるのです。

水溶性食物繊維には、腸内で胆汁酸やコレステロールを吸収し、体外に排出する作用もあります。

腸内環境を整え、便通を改善する作用もあるので、糖尿病はもちろん、肥満が気になる人にも心強い食品成分です。血糖値は食後に上昇します。ですから、食事といっしょにとれる8種の野草茶は、血糖値対策に最適といえるでしょう。

「糖の吸収を防ぐ」「血糖値の上昇を防ぐ」「血液をサラサラにする」3つの作用を備えた8種の野草茶は、まさに糖尿病の予防・改善には最適です。糖尿病の人や血糖値が気になる人はもちろん、高カロリー・高脂肪の食生活が気になる人もぜひお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です