ストレスフルで眠れなくなったが脳マッサージ整体でその他の不調も改善

劇団という職場のストレス

私は、ある劇団に入団。数々の役を演じていましたが、10年後に退団しましあ。「トップスターを目前にして退団した大きな理由が、不眠でした。布団に入ってもなかなか寝つくことができず、やっと眠れたと思つても、2時間くらいで日が覚めてしまうのです。
一睡もできない日も珍しくありませんでした。

現役時代は、常にプレッシャーのかかる生活を送っていました。不眠に陥ったのも、プレッシャーから来るストレスが原因ではないかと思います。

睡眠不足のせいで、早朝から昼間の時間帯は眠くてウトウトしたり、体がだるかったnりしていました。でも、早朝から舞台はないので演技に差し支えることは少なく、そのため眠らないことに対する危機感はあまりありませんでした。

今から思えば、それがいけなかったのでしょう」そんな生活が続くうち、不眠に加え、摂食障害や胃腸障害、過呼吸にまで悩まされるようになったのです。「拒食症になったのは、3時間続く舞台中、トイレに行くことがないように水分と食事を制限したのがきっかけでした。

昼食をとらず、朝晩だけの食事でしたが、内容は野菜とおかゆのような軽いものばかり。食事をとると胃が圧迫されるのか気分が悪くなり、必ず過呼吸の発作も起きるため、まともな食事がとれなくなってしまったのです。

睡眠不足と栄養不足で体はガリガリにやせ、めまいが起こったり、貧血で倒れたりするようになってしまいました。

このままだと死んでしまうのではないか」と何度も思いました。また、過呼吸の発作や体調不良で舞台に立つことができないと、何よりも周囲の迷惑にもなります。

「悩みに悩んだ結果、退団を決めました。引退後には今までのプレッシャーの反動から過食になりましたが、犬を飼うことでリラックスできたせいか、摂食障害だけは克服できました。

でも、不眠をはじめ、過呼吸、過敏性腸症候群、月経前症候群、肩こり、頭痛といった症状がずっと残ってしまったのです。

特に不眠はますます悪化し、劇団を退団してプレッシャーがなくなったのに治らないのは、考え方の切り替えのできない性格のせいだと自分を責めていました。

次第に改善

脳マッサージ整体のことを知ったのは、今から数年前のことでした。「体調を整えるためにヨガの教室に適っていたのですが、そこの先生に教えてもらいました。筋肉をほぐすことでストレスを消すという内容に興味を持ち、脳マッサージ整体を指導する教室に通いました。

早速、教室で20分間の脳マッサージ整体を受けると、その日の夜に、体調の変化が現れたといいます。「何十年ぶりかというくらい、久しぶりにグッスリと眠れたのです。当時の私にとって、自然に眠りにつけるだけでも奇跡のようなものでした。

それが、布団に入ったとたんにストンと眠りに落ちたばかりか翌朝までグッスリと眠れ、朝日覚めたときに熟睡できたという満足感があったのです。

たった20分やっただけなのに不眠が改善するなんて、とても驚きでした。

それからは、毎日寝る前に自宅で脳マッサージ整体を行うのが日課となりました。脳マッサージ整体は時間がないときでもらくに行えるので、続けやすかったと思います。すると、3週間後には便秘と下痢をくり返していた過敏性腸症候群の症状がなくなり、腹痛や気分の落ち込みといった月経前症候群の症状も消えたといいます。
ちなみに月経前症候群はこちらのストレッチも併用したのがよかったのかもしれまえん。

そして、1ヶ月には寝つけなかったり夜中に日が覚めたりすることが一切なくなり、不眠が完全に治ったのです。

「不眠が解消すると同時に、過呼吸症候群の発作もなくなり、頭痛や肩こりといった体の不調もいつの問にか消えていました。体の不安がなくなったら気持ちが穏やかになり、精神的にも安定したのが実感できました。

その後も脳マッサージ整体を毎日欠かさず続けています。

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です