脳マッサージ整体は不眠だけでなくストレスによる慢性疲労も治る

震災によるストレスも

ストレスがある一定以上を超えると、「休んでもだるい」「すぐに疲れてしまう」といった症状の現れることが少なくありません。
こうした症状は、医学では慢性疲労と呼ばれています。慢性疲労は、強すぎるストレスによって脳の働きが低下し、全身も不調に陥るために起こると考えられています。

慢性疲労は本人も自覚していないことが多く、不眠や鬱、神経症といった病気の原因になることもあります。

ストレスを一掃して慢性疲労を解消するために、さまざまな方法が試されています。

そうした中、東日本大意災の被災地におけるホメオストレッチ(脳マッサージ整体)の有用性を、専門家と共同で調査しました。今回の調査では、東日本大震災による被災地を援助する社会福祉協議会の職員を中心とした別人を対象に、脳マッサージ整体を行い、その前と後の疲労状態の変化を劫調査しました。

調査では、「VAS法」という評価法で、疲労感・いらいら感・不安感・緊張感の4項目につき調査を行いました。

例えば、疲労感の調査の場合、最大の疲労感を感じる状態を100とし、全く疲労を感じない状態を0とします。そのうえで、現在の自分がどの程度の疲労を感じているかを数値で答えてもらいました。

数値が20以上の人は疲労感のある状態、50以上の太はかなりひどい疲労状態と判定されます。脳マッサージ整体を行う前は、男性の平均が52.8、女性の平均が57.3と疲労度が大変に高い状態でした。

職員の中には、家族や家を失いながらも、ほとんど休まずに援助活動を続けている人も多いため、この結果も当然と思われます。ところが、脳マッサージ整体を1回行ったあとに再び全員の疲労感を確認したところ、男性の平均が33.7、女性の平均が33.3と、大幅に改善が見られたのです。

さらに、疲労感だけでなく、イライラ感・不安感・緊張感といった項目でも、明らかな改善傾向が見られています。

今回の調査では、脳マッサージ整体を1回行っただけで、疲労感・イライラ感・不安感・緊張感が大幅に改善されました。脳マッサージ整体を毎日継続的に行えば、さらに大きな改善効果が期待でき、不眠を招く慢性疲労の解消にもおおいに役立つでしょう。

脳マッサージ整体などのホメオストレッチの効果は科学的な方法で確認されていますが、まだ全容が解明されたわけではありません。
とはいえ、脳と密接に結び付く背中の筋肉を刺激することで、不眠や慢性疲労、鬱などの症状に驚くほどの効果を発揮することは事実です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です