古くからたまねぎは血圧に効果的と言われ、「酢たまねぎ」で40mmHGも下がる

自分流にアレンジして飽きないように毎食後食べた

実家には、代々伝わる「家庭医学」の古文書があり、体調がよくない、病気になった時などはこれを読み返すのが我が家流です。中を見られるのも引き継いだ長男だけで、次男の私は、それに触ることも許されません。

子どものころは、病気やケガをすると、古文書に書いてあることを父から伝え聞いた母が、そのとおりに手当てをしてくれました。

大人になってからは、私が兄に尋ねたことを実践してきました。

4年前に血圧が高くなってしまったときも兄に相談すると、「血の巡りが悪くなると内臓に支障を来すので、たまねぎを生で食べるといい」と古文書にあるというので、早速に実行しました。

生たまねぎをガリガリと、l年くらいは丸ごとかじっていたでしょうか。でもその後、転居して落ち着かず、たまねぎのこともすっかり忘れていました。

思い出したのは10日前です。書店で健康関連の雑誌で酢たまねぎの特集を見て、「私がやっていたことと同じだな」と思い出し、再開したのです。

今度は生でなく、みじん切りにしてサラダオイルで妙め、色が変わってきたらリンゴ酢をひたひたになるまで入れて、ハチミツを少したらして作ります。3日くらいたつと、味がなじんで食べやすくなります。

それを毎食後に、小ぶりのグラスに入れて食べています。外食のときには、家に帰ってきてからすぐに食べます。

引っ越し後は、医者にかかったことはありませんが、血圧は毎日自宅で測っています。ときには最大血圧が156mmHGまで上がることがありました。

しかし、酢たまねぎを食べてからは、寝起きの血圧でも130mmHG前後、最小血圧も50mmHG前後で落ち着いています。

さらに起きて30分くらいたつと、最大血圧は115mmHGくらいになるので、この10日問ほどは、まったく心配していません。

近所に病院があるので、どの程度健康なのか、来週あたり検査でも受けてみようかと思っているところです。

40mmHGも血圧が下がった酢たまねぎはこちら。

たまねぎには、血圧サラサラ効果の高い、ケルセチンや硫化アリルなどの有効成分が豊富に含まれます。

また、酢にも同様の作用があるので、酢たまねぎはまさに最強の血液サラサラ食で、血圧の低下に役立つのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です