酢たまねぎで夫の頑固な高い血圧が下がり私の不安定な血圧も下がり安定

食前に酢たまねぎを食べる

もともと高血圧ぎみで30代の頃には検診で注意するように言われていた夫は、40歳を過ぎたころから降圧剤が必須になりました。それでも最大血圧は160mmHGを超えるくらい、最小血圧も正常値ギリギリで90mmHGくらいでした。

今年の1月に、そんな話をご近所の人にしたところ、その方も高血圧でしたがたまねぎに酢をかけて食べる「酢たまねぎ」がいい、と教えてもらったのです。その方も降圧剤でなかなか下がらなかった血圧を酢たまねぎで下げたというのです。

血圧は、私も、薬は飲んでいませんが、健康診断ではいつも「高め」と言われます。4年くらい前に、最大血圧が200mmHGにまでなって驚いたことがありますが、すぐに下がってきたので、その後は診察も受けていません。

このタイミングで夫婦で酢たまねぎを食べるて血圧をしっかり下げようと話しました。朝晩の食事前に、小鉢の8分目くらいに酢たまねぎを入れ、先にたまねぎだけを食べて、小鉢に残った酢は食事のときに納豆にかけて食べます。最初は、少し食べづらく続けられるか心配しましたが、今は慣れました。むしろおいしく感じます。

酢たまねぎを食べて、ちょうど1ヶ月半です。朝、夕と2回測定しているのですが、夫婦ともに最大血圧が130mmHG台で正常値になりました。最小血圧は2人とも80mmHG前後です。

現在も、血圧は正常値の範囲を保っています。酢たまねぎを食べ始めて、短期間で高血圧が改善されたことにとても驚きました。

私の場合、血圧だけでなく、めまいと耳鳴りと、目がチカチカする症状が解消しました。

めまいは、特に冬から春になる季節の変わり目に頻繁に起きていました。船に乗って揺られているような感じで、気持ちが悪くなって吐いてしまいます。

また、片耳がふさがったように聞こえなくなり、もう片方の耳の奥でキーンと耳鳴りがするのです。これもまた大きなストレスでした。

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です