脳マッサージ整体の脳疲労効果は効果大

病院の外来にも採用されるほどの効果

ストレスを消して脳の疲れを取り、不眠を強力に解消する「ホメオストレッチ(脳マッサージ整体を含む、脳を刺激する運動法」は、最近では全国各地で大きな注目を集めています。

それに伴い、公立病院や学校、福祉施設でも脳マッサージ整体を取り入れるようになってきました。また、多くの一般企業も脳マッサージ整体に興味を持ちだしているようです。というのも、ストレス社会と呼ばれる現代では不眠を伴うウツ病で悩む会社員が激増しており、多くの企業がその対策に頚を悩ませているからです。

企業でウツ病による休職者が増えれば、そのまま人材の損失となります。ストレス対策の導入は急務どこも躍起になっているのが現状です。

では、脳マッサージ整体が実際に導入されて、効果をあげている例です。

まず、医療現場です。入院患者に脳マッサージ整体を施したら、不眠やイライラ、認知症の改善が確認されました。こうした例がたびたび見られたため、脳マッサージ整体を導入したリラクセーション外来が問設されたのです。

リラクセーション外来では、左右の足の長さや体の緊張度、体のゆがみなどをもとにストレス状態を数値化。これをもとに、外来に適う患者さんの回復を確認しながら治療を行います。

リラクセーション外来を訪れた患者さんの多くは、3回ほどで脳マッサージ整体の効果を実感できているようです。次は、教育現場です。ある小中学校が生徒493人に脳マッサージ整体を実施したところ、児童のストレス軽減効果が見られました。毎朝脳マッサージ整体を行うことで心身がリラックスし、その後の授業やテストにも集中し、落ち着いて取り組めるようになっています。

また、ある公立小学校では5年間に保健室を利用した児童脳マッサージ整体を実施しました。保健室を訪れた児童は頭痛・腹痛・気分不良といった症状を訴えていましたが、なんと95%の児童が元気に教室に戻ることができたそうです。

このように、医療や教育の現場で脳マッサージ整体の導入が増えれば、今ぬ上国民病ともいえる不眠も徐々に減ってくるのではないでしょうか。

企業の休職率も減少

脳マッサージ整体は、大企業でも従業員のメンタルヘルス(心の健康を守る目的で、続々と採用されています。例えば、大手企業健康管理センターの産業医(企業などで労働者の健康管理を行う医師)の管理のもと、長時間労働者に対して脳マッサージ整体を行ったところ、「爽快感のなさ」「抑うつ感」「疲労感」「不安感」の改善に効果が見られました。

また、燃えつき度(仕事に打ち込みすぎて疲れてしまった状態を示す数値。バーンアウトスコアという)の数値が高い人たち27人のうち、25人(82.5%)の数値が低下しています。
さらに、ウツ度の高い人たち27人のうち、15人(5.6%)に改善効果が見られました。

次は、大手メーカーの傘下のシステム問発会社A社の例です。従業員数5000名のA社は、そのほとんどがSE(システムエンジニア)職ですが、休職率が2%(100人以上)を超えている状態で、その改善が効果的でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です