シルクアミノは、髪の色素を 増やし白髪減少、ストレスを 和らげて円形脱毛症もしっかり治す

シルクアミノはこちら。

ストレスがたまると髪の色素を生み出すアミノ酸を消費させ白髪が増加する

女性の薄毛や抜け毛は、ホルモンバランスの変化や偏食・節食、過剰なダイエットによる栄養不足が主な原因ですが、それだけではありません。それは、ストレスです。現代人はストレスが多く、これが大きな原因になっている人が多いのです。

強いストレスにさらされると、体を活動的な状態にする交感神経の働きが高まって血管が強く収縮します。同様に、強いストレスによって頭皮の毛細血管が収縮しつづけると、毛根への栄養補給がとだえてしまいます。その結果、抜け毛や薄毛だけでなく、コインのように丸く脱毛する「円形脱毛症」が起こることもあります。目立ちますが、患者数は女性が1.5倍も多いのです。

ストレスは白髪の発生にも関係しています。まずは、白髪が増えるしくみです。
髪の製造工場といわれる毛母細胞から生み出される髪は、もともと色がついておらず透明です。毛母細胞は、メラノサイト(色素細胞)で作られるメラニンと呼ばれる色素を取り込みながら髪を育成していくため、髪に色がついてきます。メラニンは、チロシンやフェニルアラニンというアミノ酸を材料として作り出されます。

多くの日本人は、遺伝的に黒褐色のメラニンが合成されて毛母細胞に吸収されることで、黒髪が作られていきます。しかし、一般的には30代後半~50代前半から白髪が目立つようになります。最初に側頭部の鬢あたりから白髪が目立ちはじめ、しだいに全体へ広がっていきます。

年を取ると、メラニンを合成する機能やメラニンを取り込む機能が衰えてきます。さらに、メラノサイトの数も減少するため、黒髪が抜けて生え変わるときに白髪になってしまうのです。一方、ストレスを受けると、脳内でストレス緩和に役立つセロトニンという物質が多く分泌されます。セロトニンはトリプトファンなどのアミノ酸を材料として作られ、ストレスを受けると大量に消費されます。すると、メラニンの合成に必要なアミノ酸が不足します。

ストレスを長期間受けつづけると、ノルアドレナリンという物質も大量に分泌されます。ノルアドレナリンには、メラニンの形成を助けるドーバオキシターゼという酵素の働きを阻害する性質があります。そのため、ノルアドレナリンの分泌量が増えると、メラニンを作る酵素の働きが弱められます。
このようにして加齢やストレスは、白髪を増やす原因となるのです。

シルクアミノにはストレスを緩和するアミノ酸が豊富で若々しい黒髪が復活

いったん生えた白髪が黒髪になることはありません。しかし、薄毛や円形脱毛症で減った髪を増やしたり、白髪が抜け落ちた後に新しく生える髪を黒髪によみがえらせたりする方法がないわけではありません。絹から抽出されたシルクアミノ酸は、黒髪の復活に極めて有効な手段の1つです。

シルクアミノには、人間の体内で合成できない必須アミノ酸など18種類のアミノ酸が含まれています。その中には、メラニンの材料になるチロシンやフェニルアラニン、セロトニンの材料となるトリプトファンも含まれています。しかもシルクアミノ酸の吸収率は90% 以上と、非常に優れているのです。

シルクアミノ酸をとるのに最適なのが、シルクアミノです。シルクアミノを飲んでアミノ酸が確実かつ達やかに毛根まで届けば、毛母細胞の働きやメラニンの合成が活発になるだけでなく、ストレスを緩和するセロトニンの分泌も増えて円形脱毛症が改善し、黒髪の復活が期待できます。

シルクアミノは気になる頭皮の血流をアップさせ艶やかなコシのある髪質にかえてくれる | 100種類のサプリメントの効能と効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です