糖質制限食で善玉コレステロールを増やす

善玉を増やすことで心臓病、そしてガンのリスクも軽減できる

脂質異常の原因となるのは、高中性脂肪のほかには高コレステロールがあります。

そもそも、コレステロールは、細胞膜やホルモンの材料になるなど、人が生きていくうえで必須です。しかし、コレステロールが異常に増えると、問題が起きます。

コレステロールには、主にLDLとHDLの2種類があります。LDLは、動脈硬化をすすめる、悪玉コレステロールと言われていますが厳密には違います。LDLは体の抹消組織や細胞膜などコレステロールを必要とするところへ運搬する大切な役目を果たしています。

ところが、LDLが血液中で過剰に滞って酸化すると、血管の内皮細胞にコレステロールを蓄積させて動脈硬化を起こす真の悪玉になってしまうのです。つまり、本当に注意すべきは、酸化したLDLです。

なお、LDLの中でも酸化しやすいのは小粒子LDL(小型で高比重のLDL)と呼ばれるものです。

一方、HDLは、末梢組織や血液中にだぶついたコレステロールを回収して肝臓に運ぶ掃除屋の役目を果たして、「善玉コレステロール」といわれています。また、HDLの数値が高いでは、心筋梗塞の危険が2分の1から3分の1になるだけでなく、ガンの発症率も大幅に低くなることがわかっています。

こうしたことからLDLの数値(基準値は140mg/dl未満)が高い人はHDLの値を高めることが必要です。

善玉も40mg/dl上昇

このような治療が必要な高コレステロールによく効くのが、糖質制限食です。糖質制限食にすれば、ほとんどの人にHDLの値の上昇が見られます。実際、糖質制限食を実行したところ、行う前は69mg/dlだったHDLの値が99mg/dlまで上昇しました。

一般の病医院では、HDLを上昇させるため一般の病医院では、スタチン系の薬が用いられますが、HDLの値を1割程度しか上げる効果がありません。糖質制限食の効果は、こうした薬よりもはるかに優れているともいえるでしよう。
糖尿病の治療に使われる薬についてはこちら

なお、LDLについては、当初、低下する人も上昇する人もいますが、半年から1年で基準値内に落ち着いてきます。

HDLの値を上昇させるには、速歩も有効です。食後に1日30分くらいから始めて、少しずつ速度を上げ、距離を伸ばしてください。糖質制限食と併せて食後の速歩も行えば、コレステロール値の改善効果はさらにアップします。

HDL上昇には速歩が効果的

速歩は、食後に1日30分くらいから始め、少しずつ速度を上げ、距離を伸ばしていくといいでしょう。糖質制限食と併せて行えば、コレステロール値の改善効果は最大になる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です