背中の筋肉をほぐすのは背中をそらす

脳のストレスを解消する急所は背中の筋肉で紹介したとおり背中の筋肉のこりや痛みは脳の疲労に影響しています。

筋肉のバランスが不眠につながる

「抗重力筋」が脳との結びつきが強いことを突き止めました。そして、抗重力筋の中でも特に脳と密接に情報をやり取りしている背中の筋肉「脊柱起立筋」を刺激する「ホメオストレッチ」という脳のリラックス法を見つけました。

中でも、腹ばいになって上体をそらす「脳マッサージ整体」は最も簡単に行え、脊柱起立筋をまんべんなく刺激することができます。脳マッサージ整体をやれば重いストレスでも解消され、不思議と不安まで消え、深いやすらぎが得られて不思議なほど不眠の症状が改善します。

人問の体には、常に正常な状態を保とうとする働きが備わっており、これはホメオスタシス(恒常性)と呼ばれます。

例えば、風邪やけがが自然に治るのは、ホメオスタシスのおかげです。そして、ホメオスタシスの働きによって、全身の筋肉の緊張や弛緩(ゆるむこと)の度合い(以下、筋バランスという) も上手に調節されています。筋肉は、何かの動作を行うさいに脳からの指令を受けて緊張し、力を発揮するのが正常な状態です。ところが、過剰なストレスによって脳に疲れがたまると、筋バランスもくずれて一部の筋肉が緊張したまま、こわばることがあります。こうした筋バランスの乱れは心身のさまざまな不調を招き、ひいては不眠やひどくなると鬱まで引き起こします。

体には

  1. 筋骨格系
  2. 自律神経系
  3. 内分泌系
  4. 免疫系

というホメオスタシスを担う4つの仕組みがあります。
これらの仕組みはふだん、脳によってうまく調節されていますが、脳の活動が弱まると1の筋バランスが乱れるばかりか2~4の仕組みにも異常を来してしまいます。

反対に、筋肉の緊張をゆるめて筋バランスを整えれば、脳の活動が回復し、ホメオスタシス全体の活動も正常化することがわかりました。

脳マッサージ整体は脳と最も密接に情報をやり取りし2ている背中の脊柱起立筋を重点的に刺激し、筋肉の緊張をゆるめます。その結果、ホメオスタシスの働きが高まり、不眠や鬱といった症状が改善するものと考えられます。

ただし、脳マッサージ整体は、手や足の力を用いて骨格を矯正する「整体」とは、全く異なります。全身の筋バランスを整える技術という意味で、便宜的に整体という名称を使っているにすぎません。物理的な力を用いるのではなく、あくまで脳の疲れを取ることで全身の筋肉の緊張をゆるめ整える方法であることを理解したうえで行ってください。

就寝前が効果的

脳マッサージ整体のやり方は、次ページで紹介します。ひとつずつの動作をゆっくりと行いますが、すべての動作を行うのに3分程度しかかかりません。呼吸法が適切でないと、十分なリラックス効果が得られません。息を吸いながら上体を起こし、息を止めて10砂問静止したあと、脱力しながら息を吐きます。脱力するときは、一気に力を抜くようにしましょう。

不眠の際に自律神経訓練法と呼吸法がありますが、これも緊張をとくための方法のひとつですが、脳マッサージを追加して脳の筋肉をさらにほぐすことを加えています。
不眠の症状が強い人には是非おすすめです。

脳マッサージ整体は、夜、就寝前にに行うようにします。特に、眠っても疲れが取れない人や、すぐに寝つけない人は、布団の中で脳マッサージ整体をやれば、すぐに熟睡できるでしょう。

余裕のある人は、脳マッサージ整体と併せて「足指回し」も行うと効果的です。足指回しもホメオストレッチの1つで、脳のリラックス効果が非常に高いことがわかっています。

やり方は、左右の足の指を、親指から小指まで1本ずつ、手の指でつまんでゆっくりと外回りに40回程度まわすだけです。

脳マッサージ整体は夜寝る前に行いますが、足指回しは朝でも昼でもいつ行ってもいいでしょう。例えば、昼に足指回しを行って、その後に少し昼寝をするのもいいでしょう。

脳の疲れが取れてリラックスでき、夜も質のいい睡眠が得られるはずです。脳マッサージ整体と足指回しを日課にすることで、脳がマッサージされているような快感がわき、ストレスも解消していきます。速効性も抜群なので、早ければ2~3回で心身のリラックス効果を実感できるでしょう。

毎日行えば、不眠ばかりか慢性疲労や鬱の改善も期待できます。実際に、脳マッサージ整体や足指回しなどのホメオストレッチによって、不眠や鬱、神経症などが軽快した人も続出しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です