治らないと診断されたひざ痛と腰痛が「塗るグルコサミン キダDX」で改善

古くからアボリジニーが傷や痛みに使ってきた

右ひざに鋭い痛みが走るようになったのは、今から8年ほど前でした。

その激痛は、何の予兆もなく、突然現れました。その少し前に転倒したことがありますが、そこまで、派手に転んだわけではありませんでした。この程度の転倒でここまで激痛が起きるはずはありません。

すぐに近所の整形外科に行ったところ、ひざの軟骨がすりへり、関節部分が炎症がしていたようです。この炎症が激痛の原因で、これは加齢が原因のようです。そして医師からは、「これは、もう治りまんよ」といわれたのです。

こうして、整形外科での治療が始まりましたが、ほとんど効ま果はありませんでした。貼り薬や塗り薬、飲み薬のいずれも、痛みの緩和にはつながらなかったのですがー度、関節の柔軟性を高めるため、右ひざにヒアルロン酸の注射を打ちましたが、これもほとんどが効果がありませんでした。ここまで痛みがひどいと湿布や薬が効かないのかな?と心配になりました。

ここまで痛みがひどいと、日常生活にも支障が出てきました。ひどい痛みのため、500メートルも満たない場所に用事があるときも、タクシーを利用していました。また、歩くときは、右足を引きずりながら歩いていたのです。

このように、ひざをかばって変な姿勢で歩いていたのがいけなかったのでしょう。今度は、腰が痛むようになりました。腰にも負担がかかってきたのだと思います。

ひざ痛に加えて今度は、腰痛、まさに踏んだりけったりとはこのことです。しだいに、寝返りを打つだけで、ひざと腰の痛みで目が覚めるようになりました。

そうした痛みをどうにかしようと、その後も、整体院、整骨院、鍼灸治療院など、あらゆるところに足を運びました。しかし、整形外科と同様、ほとんど効果はありませんでした。

こうして約7年間、ひざ痛と腰痛は消えることはなく、激痛をだましだまし、なんとか過ごしてきました。

そんな昨年の10月、友人から勧められたのが、「塗るグルコサミン キダDX」でした。友人は、五十肩で悩んでいたそうですが、このクリーム「塗るグルコサミン キダDX」を塗ったら、全快したいというのです。

詳しい話を聞くと、このクリームは、ダチョウの一種であるエミューの皮下脂肪などが含まれているそうです。エミューの皮下脂肪は、オーストラリアの原住民であるアボリジニーの間で、痛みや傷に対して古くから使われてきたとのこと。

友人の説明を聞いても、正直、私は半信半疑でした。しかし、実際に使って効果があったということなので、試しに使い始めることにしたのです。私は、右ひざと腰をマッサージするようにクリームを塗りました。起床後と夕方ごろ、そして就寝前のおふろ上がりに、1日3回使うようにしたのです。そして、効果が現れたのは、1週間後のことでした。なんと、右ひざの痛みが和らいでいることに気づいたのです。

タクシーが不要になった

ひざ痛は、どんどん改善していきました。歩くときに足を引きずることもなくなり、近場に行くときにタクシーを利用する必要もなくなったのです。

こうして、ひざ痛が大改善したおかげか、腰痛も消えてしまいました。このクリーム「塗るグルコサミン キダDX」を使い始めてからの約半年間、腰痛は一度も現れていないのです。

現在では、ひざ痛を忘れて過ごせる日がふえてきました。寝ているときに痛みで目が覚めることもなぐなり、日常生活で困ることは、ほとんどありません。

私には孫がいるのですが、孫の幼稚園の送り迎えもできるようになりました。また、痛みがひどいとき、孫を抱っこすることができませんでしたが、今では、それも簡単にできるようになったのです。

炎症性の痛みは特に有効

「塗るグルコサミン キダDX」には、関節の軟骨を構成するグルコサミン、関節の炎症をおさえるジメチルスルホン(MSM)に加え、オーストラリアで痛みの民間療法として利用されてきたエミューオイルが含まれています。
これらの成分が相乗的に働き、ひざ痛や腰痛をはじめとした、炎症性の痛みに大きな力を発揮するのです。実際、関節痛患者の72% に効果があったというデータもあります。

ひざ痛専用クリーム「塗るグルコサミン キダDX 」はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です