交通事故によるひざ痛が「塗るグルコサミン キダDX」で改善

ベタつき感がなく皮膚に浸透する

15年前の2月に、朝の通勤途中で、車にひかれてしまいました。骨盤骨折、右鎖骨骨折、右十字靭帯の断裂という大ケガでしたが、幸い命には別状はありませんでした。ひかれそうになった瞬間、「危ない」と、とっさに頭を防御したのがよかったのだと思います。

とはいえ、このような大ケガですので、その治療には、とても苦労しました。特に、大変だったのが、右ひざでした。懸命にリハビリを重ねましたが、以前のように、ひざの曲げ伸ばしができなくなったのです。また、ひざが重たいような違和感も残り、ときには鈍い痛みも走ることがありました。.当然、正座はできません。事故後は、いす中心の生活を余儀なくされました。

ひざがじゆうぶんに曲がらないので、歩くときは、右足を引きずるようになりました。その歩き方のせいで、しだいに右足の太ももの筋肉が廣縮してしまいました。左の太ももと比べると一目瞭然、太さが全く違うのです。

こうしたひざの状態は、長年続いていましたが、ある整骨院の先生との出会いで、だいぶ改善しました。その先生の治療を、受けると、若干ですが曲げ伸ばしが可能になり、ひざがスッキリと軽くなるのです。

こうして週に1度、治療を受けていましたが、2年前からは、私の転勤のため、月に1度しか治療を受けられなくなりました。月に1度では、やはり、ひざの状態がすぐに元どおりになってしまいます。

そんなことを整骨院の先生にぼやいたところ、「これを使ってみなさい」と勧められたのが、「ひざ痛専用クリーム「塗るグルコサミン キダDX」でした。そのクリームは、一見すると、ただの白いクリームにしか見えません。しかし、詳しい話を聞くと、このクリームには、ダチョウの一種であるエミューの皮下脂肪のオイル、関節の軟骨を構成するグルコサミンなどが含まれ、関節の痛みに効果を発揮するのだそうです。

しかし私は、正直、その話を疑っていました。私は長年、医療関係の仕事に従事していて、そういったものに効果がないと考えていたからです。とはいえ、信頼を置いている先生から勧められたものなので、試しに使ってみることにしました。

私は、右ひざをマッサージするように、クリームを塗りました。使ってみて、まず驚いたのが、その使い心地のよさです。とても伸びがよく、スーっと皮膚に浸透していくので、こうしたクリームにありがちなべ夕っき感はいっさいありまセん。塗った後、すぐに服を着ても、肌に服が張りつくこともないのです。また、無臭なところも、女性にはうれしいですね。

そして驚いたのは、使い心地だけではありませんでした。塗ってから10分もすると、ひざが軽くなり、スッキリとしてきたのです。

萎縮した太ももの筋肉が太くなった

その後も使い続けたところ、ひざの状態は、かなり改善しできました。鈍痛は、一度も現れていません。そして、事故前に戻ったとまではいきませんが、ひざの曲げ伸ばしができるようになったのです。

そのおかげで、歩くときも右足を引きずらなくなりました。また、萎縮していた右足の太ももの筋肉も使えるようになったので、だんだんと太くなり、左足と大差がなくなったのです。

このクリームを使い始めたのが、今年の2月からなので、わずか3ヶ月で大きな力を発揮してくれたことになります。実際、ひざの調子は、事故後からの14年間で、最高の状態といえるでしょう。

もちろん現在も、いす中心の生活が続いていますが、それ以外の日常生活で困ることは、ほとんどありません。また、このクリームを使い続けていくうちに、いずれ正座もできるようになればと期待しています。

「塗るグルコサミン キダDX」がきっかけで痛みが軽減し、関節を動かせる好循環に

「ひざ関節を動かすと痛い1痛いから動かせない→動かさないから関節が固まっていく」という悪循環に陥っていたのでしょう。この悪循環の元凶は、痛みです。「塗るグルコサミン キダDX」で痛みが軽減すれば、関節を動かせるようになります。つまり、「痛まないから動かせる1動かすうちに関節の稼働域が広がる(曲げ伸ばしができる)」という好循環に変わったのでしょう。

ひざ痛専用クリーム「塗るグルコサミン キダDX 」はこちら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です