しわだらけの顔がコラーゲンで若々しく、ひざの手術も回避できた

50代の人よりも若々しいと言われる

3年前のことでした。めずらしく鏡を見て、絶句しました。ほおに太いタテジワが2~3本きざみこまれ、まぶたはちりめんジワでシワシワ。
肌は全体にカサカサで、水分が全くない、思わず目をそむけたくなるほど。あまりのショックに、数日は外出する気も起こりませんでした。

その少し前から、左ひざに痛みが出ていました。病院に行くと、軟骨がすれて痛みが出ているとの診断でした。

ひざが腫れて水がたまっていることもあり、病院の治療を受けていました。そこで思い出したのが、半年前まで飲んでいた粉末コラーゲンです。

当時は右ひざが痛くて飲んでいたのですが、いまの左ひざの痛みの比ではなく、歩くこともできませんでした。医師からは骨と骨がぶつかっているので、手術が必要だといわれました。

その手術を延ばし延ばしにし、通院しながらコラーゲンを飲んでいるうちに、半年ほどで痛みが取れたのです。おかげで手術はせずにすみました。

そして右ひざがすっかりよくなったので、粉末コラーゲンは飲むのをやめました。そのときは、まさか半年でこんなに顔がシワくちゃになるなんて、思いもしなかったのです。

私は、粉末コラーゲンを再び飲み始めました。以前と同じように、毎朝コーヒーにコラーゲンを10ml入れて、食事のあとに飲みます。こうして飲み始めて3ヶ月ほどで、左ひざ痛はすっかりよくなりました。

しかし問題は、顔のシワです。毎日鏡とにらめっこするたび気分は重くなり、買い物に出かけるのも憂鬱な日々が続きました。それでも、3月ごろには、シワは少し日立たなくなっていました。

4月になって、息子が訪ねてきました。年末に家に来て以来のことです。息子は私の顔を見るなり、「暮れのときはシワだらけだったけど、元に戻ったやないか。どうしたん? 」というではありませんか。

シワがなくなったんだ! そう思うと、天にも昇る心地でした。息子は、口には出さなかったけれど、やっぱり私のことをシワだらけだと思っていたのです。その後も近所の人から、「どうしたの? 肌ツルツルじゃない。50代の人よりきれいなくらいよ」といわれ、ますます自信を深めました。肌の衰えを少しでもくい止めるためにも、粉末コラーゲンは手放せません。

コラーゲンの粉末はこちら。 です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です