VENEXのリカバリーウェアは、着るだけで熟睡できる! 疲れが吹き飛ぶ!休息専用ウェアの効果

プロスポーツ選手が使い始めたことがきっかけ

最近、着るだけでぐっすり眠れ、疲労が取れるという「休息専用ウェア」が、注目を集めています。このウェアに、いち早く着目したのは、プロスポーツ選手たち。なぜなら、筋肉疲労を素早く取り、体力を回復することが成績に直結するからです。

そこで、休息専用ウェアとは、どのようなものかご紹介していたと思います。
もともとは、過労のため自律神経失調症(自律神経失調症について詳細はこちら。)に陥りやすい介護職の人や、介護されるお年寄りのケア商品として企画されたのがきっかけです。締め付け感がなく、体の回復を積極的に促すことをコンセプトにして、東海大学健康科学部や神奈川県産業振興センターとの共同で研究開発が行われました。

こうして、世界的にも珍しい、休息専用ウエアが出来上がりました。「見た目は、普通のTシャツやタイツと変わりませんが、繊維に特徴があります。血流をよくする「ナノ化プラチナ」という特殊な素材を、ポリエステル繊維に織り込んでいます。

では、こうした特殊な素材で作られたウェアを着用すると、体にどのような効果があるのでしょうか繊維から放出される遠赤外線が、ウェアを着た人の副交感神経を高めます。すると、体が休養状態に導かれ、疲労回復を促すのです。ちなみに人間は睡眠中は副交感神経が優位になっています。

これは大学などの専門機関による実証実験で、効果が確認されています。この繊維は、汗の蒸散が速やかなので、サラサラとした着心地。さらに休息効果を高めます。こうした効果をスポーツ選手たちが評価し、ロンドンオリンピックの選手にも愛用者が広まりました。そして、今や、多忙を極める中高年以降のビジネスマンや育児中の主婦層、またパイロットなど不規則な仕事で眠れない人などにクチコミで広がり、愛用者が激増。

これまで快眠とはほど遠かった人たちが「熟睡できるようになった」「筋肉痛が素早く取れる」「疲労回復が早い」「肩こりや腰痛が改善した」などの声が、続々と届いています。

熟睡効果で副交感神経アップ!

休息専用ウェアの疲労回復効果は、副交感神経を高めることにあります。

自律神経の専門家によると、「自律神経は、自分ではコントロールできない、心臓や血圧、胃腸などの働きをつかさどっています。自律神経には、交感神経と副交感神経があります。交感神経は、活動をつかさどり、昼に高くなります。
一方の副交感神経は、休息をつかさどり、夜に高くなります。この2つの神経のバランスを取ることで、私たちは、体の働きをコントロールしているのです。

ところが、ストレスの多い現代では、多くの人は交感神経の働きが高まり、副交感神経が働かない状態になつています。また、男性なら30代以降、女性は40代以降、加齢とともに副交感神経の働きが下がっていくこともわかっています。

副交感神経が十分に働かないと、体の修復や回復が行われず、免疫力(病気に対する抵抗力) が低下。病気になりやすく、老化を加速させます。

ですから、副交感神経の働きを高めることが、健康法であり、アンチエイジング法といえるのです。

副交感神経の働きが低下し、自律神経のバランスがくずれると、さまざまな不調が現れるとか。具体的には、腸内環境の悪化により便秘や肥満、血流が悪化して、むくみや冷え、肩こり、腰痛などが引き起こされるのです。

副交感神経の働きを高めるためには、軽い運動やゆっくりとした呼吸を意識するなどがあります。また、副交感神経の働きが高くなる夜に熟睡し、きちんと休息を取ると、さらに副交感神経の働きが高まります。

休息専用ウェアの繊維に入っているナノ化プラチナには、副交感神経を優位に導く働きがあるといわれています。その影響で、心身がリラックスして熟睡でき、疲労回復ができるのでしょう。人間は年齢とともに、寝付きが悪くなつたり、眠りが浅くなつたり、睡眠の悩みを抱えがち。着るだけで熟睡でき、疲れが取れて、さまざまな不調を解消できるのは、とても魅力的です。休息専用ウェアをパジャマ代わりに活用してみる価値は、大いにありそうです。
ただ、着て寝るだけで疲れがとれ、快眠できるのですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です