肝臓の大手術後でもシジミで肝機能安定

数年前に腎臓がんで大手術を受け、片方の腎臓を摘出。その後転移して、胆のうと肝臓の一部も摘出しました。もともとお酒が強かったのですが、肝臓を手術してからはコップのビール一杯も受けつけない体になってしまいました。

でもお酒は、人生を愉快に過ごすためには必要なもの。まだまだ昔の仲間たちと杯をかわし、語り合いたい。

そんな希望をシジミがかなえてくれたのです。肝臓によさそうだと直感してとりよせ、毎朝6粒を習慣にしてみたところ、ある日久々にお酒を美味いと感じました。

医師からもほどほどならOKと許可が出たので、最近は3日に1回、缶ビール1本程度ですが晩酌を楽しんでいます。現在GOT24、GPT 14と正常値を維持しています。
体調もよく、毎日散歩に出かけ、友人との酒宴にも顔を出しています。シジミの出会いはまさに、起死回生の出来事でした。
食べ過ぎ、飲み過ぎで疲れ切ってしまった肝臓にはしじみ

1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です